• 256月

    DACのことをちょっと調べていたら偶然、M2TECHから近々、新しいDAC(+プリアンプ)のハイエンドモデル「Vaughan」が登場するというのを見つけました。

    ぱっと見はYOUNGにも似ていますが、特徴的なのはどうやらバッテリー駆動だという点です。
    4時間充電で4時間動作らしいので、当然ポータブル的な意味ではなく、音質強化のための策でしょう。
    EvoでもEvo Supplyを別売りでも提供してたので、電源の重要性を熟知しているということなのでしょうね。

    入力も充実していて、USBはもちろん、I2Sや同軸もRCAとBNS、XLRそれぞれ2系統、光もTOSLINKが2系統にSTリンクも2系統と、まさにデジタルのためのプリアンプ的な位置付けです。
    外部からのクロック入力にも対応していますし、アウトプットもRCA,XLRで各2系統、ヘッドホン出力もあります。
    サンプリング周波数も32bit/382kHzまで対応で、全部入りという感じですが、お値段も6000ドルくらいらしいので、簡単に手が出る品ではないですねぇ。

    個人的に手が届くのはEvo DACくらいですが、これがまたレビュー記事をあまり見かけないんですよねぇ。
    DDCのEvoのほうは結構良さそうなのですが、うちはhiFaceがすでに入ってるし、Evo DACにこのVaughanの機能をちょっとお裾分けしたようなモデルが出るとうれしいのですけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2012/06/25 12:00 pm | M2TECH Vaughan はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.