• 021月

    イタリアのオーディオブランドM2TECHからヘッドフォンアンプ「Marley」が発売予定のようで。

    M2TECHというとUSB-DDCのhiFaceが有名なんですが、今回のMarleyは純粋な据置型のヘッドフォンアンプです。
    10万円台中盤くらいの比較的高価な価格帯になるようですが、A級アンプでしかもヘッドフォンジャックは背面という、ある意味、M2TECHらしいこだわりを持った製品になるようですね。

    同社製品だとYoungやhiFace DACとの組み合わせになるのでしょうが、気になるのは同社ドライバーの更新状況かも。
    Windowsは8.1でもとりあえず大丈夫そうですし、hiFace twoなどXMOSに変わってからのモデルはMacだとOS標準でOKですが、初代hiFaceやEvo、YoungやVaughanはMavericksで動かないままなんです。
    ドライバーを鋭意開発中らしいですけどMavericksが出てからもうずいぶん経ちますからねぇ。
    この頃のモデルはUSBでAsynchronousではなくバルク転送を用いているので対応が大変なのかな?

    ただ同じくバルク転送を用いているNorth Star DesignはすでにEssensio、Essensio Plus、USBdac32、Fluxio、それにI²S-to-USB用のMavericks対応ドライバを配布できているんですよね。
    一説にはM2TECHのドライバ開発者が別の会社(噂ではNorth Star DesignではなくChord Electronicsらしい)に移籍してしまった影響とか…。

    私も以前は初代hiFaceを使っていたんですが、虫の知らせがあったのか、Mavericks発売前に手放しました。
    最近のDACは当然のようにUSB入力を持っていますし、DSD対応をするためには今のところI2SしかDDCを分離する手段がない(ホントはHDMIで出来るらしいけど)ので、USB-DDCでは厳しいこともあり、今回のMarleyにつながっているのかもしれません。
    ただ、hiFace Evoは今でも超一流のDDCだと思いますし、そちらの後継モデルにも期待しているので頑張って欲しいところです。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2014/01/02 7:00 pm | M2TECH Marley はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.