• 255月

    Stereo誌付録時代からの系譜、ONTOMO MOOKのLUXMAN謹製付録の第9弾(たぶん)、「音の最終調整 真空管グラフィック・イコライザーの調べ」が6/19に発売だそうで。

    ここ最近は真空管を使ったものが続いていますが、今回はグラフィックイコライザーだとか。
    付録アンプ類はトーンコントロールも付いていないシンプルなものが多いですから、そういう意味ではニーズもあるのでしょうね。
    グライコ部分は真空管を使った回路構成とは考えづらいですから、そこはこれまで同様の「ハーモナイザー」という形でしょう。

    まずお値段は17,000円(税別)と、やはりそれなりのお値段になっています。
    LXA-OT1あたりの時代が懐かしく感じられますが、以前のように中華製造しておけば格安で作れる時代はもう終わっていますし…。
    なお、誌面はオールカラーとはいえ、16ページですから、どちらが付録かは言わずもがなでしょう。
    型番としては「LXV-OT9」ということのようです。

    肝心のグライコは5バンドですが、左右独立ではないのがちょっぴり残念でしょうか。
    バンド周波数は55Hz/220Hz/880Hz/3.5kHz/14kHzと、若干低域寄りの割り振りかな。
    ±8dBの範囲で調整可能とのことです。

    グライコのオン・オフは用意されていますが、オフだとハーモナイザーは入るものの、39kHzまでフラットな回路構成とのこと。
    オンの場合はツマミとしてはフラット状態にしてもややかまぼこになるらしいのはグライコの効果を際立たせるためでしょうか。
    いずれも現状での公開情報を集めたものですので、製品版ではやや異なる可能性もあるかもしれません。

    また接続場所はREC OUTとMONITORが指示されているようですけど、今のプリメインだとこれがなかったり、PRE OUTもなかったりするかも。
    単一機材で良ければプレーヤーとプリメインの間に入れても良いでしょう。
    DGでも書きましたけど、私はトーンコントロール類を使わない派なので今回は(も)見送り確定です。
    そもそも真空管も長くオーディオやってきたわりには一度も使っていないので、そこはちょっと試してみたい気がないわけではないのですけどね。

    Filed under: Audio
    2020/05/25 3:30 pm | 音の最終調整 真空管グラフィック・イコライザーの調べ はコメントを受け付けていません

Comments are closed.