• 123月

    HEGELから新しいUSB-DAC「HD25」が登場するようで。

    デザインで見る感じだとHD20の後継モデルかなぁと思いましたが、実売価格を見ると上位モデルかも。
    面白い仕掛けと言いますか、USB入力でドライバをいれなくても 96kHzで使えるようになっていて、さらにドライバを入れると192kHzまで使えるという具合になっています。
    Windowsの場合はまだドライバインストールがサポート上、大変というニーズがあるようなんですけど、こういう2段階仕掛けは使う側にとってもうれしい配慮です。
    なお、DACチップ自体は32bit対応で、どうやらAKM4399ではないか、という感じです。

    また、同軸デジタル入力にはトランスが搭載されているそうで、これも特色の一つみたいです。
    私も最近ちょっと気になってるLundahlのトランスとかかなぁ、なんて思ってみますが、本体内部の写真を見てもそこまではわかりませんでした。

    実はHEGELは最近気になってるオーディオブランドなんですよね。
    DACも有名ですけど、アンプあたりも良いなぁと。
    お値段が高いのでそうそう簡単に手が届く製品ではないですが、一度じっくり聴いてみたいなぁと思っています。

    Filed under: Audio
    2013/03/12 12:00 pm | HEGEL HD25 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.