• 201月

    紗羅のiMacにはALO Audio The Islandを導入しましたが、同じくリビングに置いてある私のiMacのほうにもヘッドホンアンプを強化させたいなと検討しています。

    現状はALO Audio The KeyをDACにし、そこからDigiFi付録ヘッドホンアンプをつないであります。

    この組み合わせでもインピーダンスが高いヘッドホンや、能率の低いイヤホンも余裕で鳴らせますし、バランス出力にも対応していて変換基板も持っていますから、十分過ぎるくらいではあるんです。
    ただ、逆に能率の良いCampfire Audioのイヤホンだと残留ノイズも目立ちますし、音もやや荒さが出てしまうんですよねぇ。

    まずはThe Keyが弱いのかな?という気もしますが、ちょっと聴く程度なのに本格的なUSB-DACを入れるのもちょっと大げさですし、置き場所もそんなに余裕があるわけではないので、基本的には複合機かなと。
    価格面でもMac ProにつないであるPhasetech HD-7AとLUXMAN P-1を超えるほどにするわけにもいかず、なるべくお安く済ませたいところ。
    ということで現状の候補はこの辺りです。

    LUXMAN DA-100
    Olasonic NANO-D1
    TEAC UD-501
    Pioneer U-05

    LUXMANのDA-100は少し古いこともあってお値段もずいぶん安くなっていて、その点は合格です。
    ただDACチップはThe Keyと同じはずですし、USBだと24bit/96kHzまでというのが難点かな。
    DA-150なども候補ではありますが、まだお値段は高いでしょう。

    Olasonicはコンパクトさが魅力ですが、ACアダプタなのとDSD未対応が弱点でしょうか。
    お値段はおそらく候補の中ではいちばん安そうなのは魅力的ですし、レビューもしていて試聴済みなのは安心感があります。

    TEAC UD-501は今回調べていて見つけた候補です。
    以前持っていたUD-H01はヘッドホンアンプがまるでダメでしたし、音質的にも満足できなかったから、あまり気乗りはしないんですけどね。

    パイオニアは私にしては意外な選択肢かもしれませんが、定評もありますし、バランス対応もされていて申し分ない内容です。
    むしろMac Proで使いたくなりそうな気もするくらいですね。
    現実的にはコレかLUXMANが有力候補でしょうか。
    特に急ぐ必要はないですし、全般的に値下がりが早いなぁという印象もあるので、のんびり探してみようかなと思います。

    Filed under: Audio
    2019/01/20 12:00 pm | iMacのヘッドホンアンプ、検討 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.