• 172月

    FOSTEXからアンプ内蔵のアナログボリューム付きUSB-DAC「PC200USB」が2月下旬に発売予定だそうで。

    ぱっと見はボリューム付きUSB-DAC「PC100USB」にソックリで、最初はハイレゾにでも対応した後継モデルかなと思ったんですが、スピーカー駆動可能なアンプを内蔵した兄貴分となる機種みたいです。
    ボリュームが一回り(どころじゃないと思われる)大きいアルミ削り出しノブになってるから、写真だとソックリに見えるんですが、実際の大きさはPC100USBのW66xH44×D70mmと比べるとW340×H240×D400mmで、まるで違っていて相当大きいんですけどね。

    USB-DAC側はこれまで通り、16bit/48kHzまでの対応で、おそらくPCM2704のままではないかなと推測されます。
    ヘッドフォン出力もPC100USBと同様に装備されていますが、こちらはPC100USBの5mW+5mWから7mW+7mW(いずれも32Ω負荷)に強化されているようですから、NJM3414一発からは変更が加わっていそうです。

    そして肝心のスピーカー用アンプですが、こちらは定格出力が5W+5W(8Ω)と、同社のAP05に近いスペックです。
    ただ、AP05はアナログアンプと謳われているものの、こちらにはその記載がないのでおそらくD級アンプになってる可能性も高いのではないかと推測されます。
    AP05とはさほど大きさが変わらないとはいえ、PC200USBのほうはDACと共に入ってるわけですし、放熱の問題もありますから微妙なところですね。
    電源はPC100USBのようにバスパワーというわけにはいかず、AP05と同様のDC12VのACアダプターが付属します。
    AP05はパワーICにTDA7266Dを使ってるらしいですが、これで5W出力時に消費電力が約22Wでした。
    今回のは通常時10Wとなってますので、エネルギー効率からもD級アンプという推測のほうが信憑性が高いかと。

    なおアナログ入力は用意されていないという部分も含め、DigiFi No.13に付属するOlasonic謹製アンプにかなり近い仕様です。
    あちらはヘッドフォン出力がなく、ケースやアナログボリュームはありませんけどね。
    気になるお値段はメーカー希望小売価格で10,000円(税別)だそうで、気軽さや使い勝手を重視するかどうかがチョイスの鍵でしょうか。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2014/02/17 7:00 pm | FOSTEX PC200USB はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.