• 171月

    FOSTEXからFE103発売50年を記念した限定モデル「FE103-Sol」が発売されるそうで。

    FE103は10cmフルレンジで、私自身は使ったことがないんですが103Σはホントに一世を風靡したユニットです。
    当時の私はどちらかと言うとFOSTEXよりもCORAL派で、高校の修学旅行の時も当時、秋葉原にあったコーラルの試聴室に行ったのを思い出します。
    父の時代になるとまた違っていて、DIATONEのP-610や松下のゲンコツとかを使ってたようです。

    また昔話になってしまいましたが、今回のSolはフレームカラーにカッパーオレンジを採用したそうで、それがSolという名前の由来だとか。
    最近は完成品のスピーカーも販売していてそちらは素材も新しくフレームもFE103のようなプレスフレームではないようですが、その分、質実剛健なコストパフォーマンスの高さも保っていると言えるでしょう。
    今回の限定モデルも1本税別で6500円と自作派にうれしい価格です。

    8Ωと16Ωの2種類があってそれぞれ限定1,500台、800台だそうで、ツインで使いたい方は早めに16Ωバージョンを入手したほうが良いかもしれません。
    ただし、発売は4月中旬だそうで、えらく早めに発表したなぁという印象もありますが、FE103発売50周年に合わせた発表だったのかな?
    FE103Enがベースらしいですがどうせならやっぱり限定モデルが…という人のほうが多そうですし、予約が可能ならいずれにしても早めが良さそうです。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2014/01/17 8:00 pm | FOSTEX FE103-Sol はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.