• 171月

    Fiioから「E7」の後継モデルとなるUSB-DAC機能付きポータブルヘッドフォンアンプ「E07K」がもうすぐ発売だそうで。

    DACはWM8740、USBレシーバーがPCM2706と双方ともE7と同じなんですが、24bit/96kHzまでの対応に拡大しています。
    iPadからカメラコネクションキットを経由してのUSB入力にも対応しているので、あえて16bit/48kHzまでに絞ってあったのかな。

    この他、10段階のトーンコントロール機能が追加されたりしていますが、一番大きいのはヘッドフォンアンプ部の強化でしょう。
    従来の80mW/32Ωから220mW/32Ωに大幅にパワーアップしてるようです。
    プリ部、パワー部という点だとこちらもAD8692とTPA6130Aで同じなんですけどね。
    バッテリが980mAhから1200mAhになってるそうですが、稼働時間は24時間(E7は80時間)と短くなってますから、駆動電圧を上げたのだと予想されます。

    内容的にはマイナーチェンジっぽい気もしますけど、ポタアンとしての力量はアップしていそうですし、そこが不安だった方にはオススメかも。
    ただ、iPhoneからのUSB入力に対応していかないと、今後のポタアンは厳しいのかなぁという気もしますけどね。

    Filed under: Audio
    2013/01/17 12:00 pm | Fiio E07K はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.