• 249月

    今のDDCの置き換え候補になるものがなにかないかなぁと探していて偶然、AuraからsprintというDDCが出ているのを見つけました。

    USBバスパワーのごくシンプルなもので、I2Sや外部電源対応もなく、24bit/192kHzまでの同軸・光出力のみというものですが、むしろこれくらいシンプルなほうがAuraらしくて良いですね。
    内部的にはXMOSを使ったもののようで、「2基の外部クロックジェネレーター、カスタマイズされた32bit X-coreを採用」とのこと。

    私が使っているX-DDCからのOEMだったりするのかもなぁとも思いますが、内部写真などは見当たらなかったし、背面デザインはちょっと違う雰囲気なんですよね。
    むしろデザインでいえばPro-Jectのほうが似ている印象です。

    お値段は4万円台、実売だと3万円台のところもあるようで、vividやvitaのオプションみたいな扱いですから順当な価格設定です。
    最近のオーディオメーカーだと内蔵ボードでDACやDDCを増設するところが多いですけど、別筐体にしてくれたほうが流用や置換えがやりやすくて良いですね。
    難点はあまり置いてあるお店がなさそうなところですが、Aura自体はヨドバシにもあったはずなので、出張の時にでも見てこようかと思います。

    Filed under: Audio
    2013/09/24 12:00 pm | Aura sprint はコメントを受け付けていません

Comments are closed.