• 064月

    国内代理店が倒産なのか消えてしまったARCAMですが、その影響だと思うのですけどUSB-DACの入門機「rPAC」がかなり安く売られているようで。

    すでにサブ機になってしまってはいますが、私もARCAMのDACはDELTA BLACK BOX 50を使っていて、メインのATOLL以上に愛着があったりするんですが、rPACも結構優秀なものです。
    rDACという上位モデル(といっても入門ランクではあるけど)の評判を受けて、さらにシンプルにUSB入力のみ、出力はRCAとヘッドフォンという内容になりましたが、 DACにはPCM5102、そしてDDC部分はdCS社のライセンスを受けたものになっています。
    rDACでも同軸入力よりもUSB入力のほうが良いと言われていたくらい優秀なUSB-DDCですから、これは私も使ってみたいくらいなんですよね。

    発売当時も3万円前後とお手頃だったわけですが、現状の実売は1万円ちょっと。
    楽天内でも売ってるお店がありますし、フジヤエービックさん、それにヤフオク!でも多数出回ってるようです。
    国内代理店がない状態で保証が事実上ないので仕方ないのでしょうけど、本家のARCAMはワイヤレスのrBlinkなど、その後もいろんなrシリーズを精力的に出しています。
    スペックだけで言えば24bit/96kHzまでではありますが、手軽なUSB-DACを狙ってる方にはかなりオススメかと思います。

    Filed under: Audio
    2013/04/06 9:00 am | ARCAM rPACの値下がりが… はコメントを受け付けていません

Comments are closed.