• 197月

    SONYのポータブルオーディオプレーヤー「Walkmanの機種がいくつか海外発表されましたが、その中のF800シリーズがついにFLAC対応したようで。

    この機種はAndroid 4.0搭載ということで、既発売のモデルでいうとZ1000シリーズみたいな感じのタッチパネルのモデルですね。
    これまでも別のAndroidアプリを入れれば再生は可能でしたが、今回は純正での対応というわけです。
    初期のDRM必須から考えると、ずいぶん緩くなったなぁと思いますし、これが国内で出たら、私の選択肢にも入ってくるかも。

    「S-Master MX」搭載なあたりも良いのですが、あとはDockからのラインアウトの質が上がってたら良いかな。
    そもそも国内で出るかもわかりませんが、Music Unlimited対応は間違いない方向性でしょうし、ほぼ近い機種はまず出るでしょう。

    その「Music Unlimited」もiPhoneアプリが出て、いよいよ本格的になってきました。
    日本の楽曲がまだまだとか、アプリの出来もまだこれからとかあるのでしょうが、その前に私としては音質が気になります。
    「HE-AAC 48Kbps」という数字がちょっと一人歩きしている部分がありますが、学術的な音質評価からすると128kbpsのMP3に近いくらいの音質はあるかと。
    低ビットレートのMP3と違い、原理的に高域が残っている(質うんぬんは抜きにして)ので、差を感じづらいのでしょうね。

    ただ、「S-Master MX」うんぬんというレベルではやっぱり達していないと思いますし、いろんな意味で「Unlimited」ではなくLimitedだよなぁと思ってしまうのは、私がオーディオ趣味だからでしょうか…。
    そんな愚痴はともかく、FLAC対応のウォークマンは早く国内発売してほしいなぁと思います。

    Filed under: Audio
    2012/07/19 8:00 pm | 海外発表WalkmanがFLAC対応 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.