• 012月

    先日、JAVSのDAC「DAC-2 MARCH」を寝室に移動させましたが、今度はONKYOのiOSドック「ND-S1」を寝室に導入してみました。

    これまでは音源にAirPlay経由でAirMac Expressに飛ばしたiOS機器を使ってましたが、DAC導入でやはり音質的な限界も感じたんですよね。
    とりわけルーター絡みと思われる盛大なジッターは音質云々以前のレベルでもありますし。
    そこでND-S1なら直接デジタル出力でDAC-2 MARCHに送れますし、ちょうど同軸端子も空いてますからちょうど良いかと。

    鳴らしてみると低域の安定感が相当違っています。
    どちらも同じデジタル入力だと考えるとそこまで違わないと思いがちなんですが、やっぱり違うんですよねぇ。
    UD-H01の時のように音が途切れるほどではありませんけど、DAC-2 MARCHでも信号が不安定になるとピアノの音が揺れたり濁るのがハッキリわかります。
    AirPlayも本来の性能がちゃんと出ていれば、ここまでの差はないのかもしれませんけど。

    ただ、使い勝手の点ではやっぱりAirPlayの便利さは捨てがたいものがあります。
    ND-S1はiPhoneやiPod touchを挿しておく必要がありますし、操作はND-S1付属のリモコンとなります。
    リモコンでは再生・停止、曲送りはできるのですが、音量調整ができないのがとりわけ残念です。
    他のiOS機器から操作できると良いのですけど、純正のRemoteRemote - AppleはiTunesのみが対象ですからねぇ。
    なお、以前も記事にしたことがありますが、iOS間でリモート操作をする場合はTango RemoteTangoリモートコントロールミュージックプレーヤー HD - Blue Atlas Technology, LLCというアプリが便利なようです。

    とはいえ、音質はやっぱり重要ですし、そもそもAirPlayに対応していないiPod classicやiPod nanoでAirMac Expressと使い分けてみようかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2013/02/01 12:00 pm | 寝室にONKYO ND-S1 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.