• 227月

    あまりの重さに移動するのを躊躇していたSONYのCDプレーヤー「CDP-557ESD」ですが、ようやく気分が乗ったので、寝室に移動させました。

    相変わらず重くて(当たり前)、18.5kgはやっぱり気軽に動かせるものではないですね。
    YAMAHAのCDX-2200も重いですが、あれはいかにも重そうな筐体なので、ソニーのほうが意外性があるかも。
    これで寝室オーディオはちょっと前のメイン機器と同じ、以下の構成になりました。

    CDプレーヤー:SONY CDP-557ESD
    アンプ:LUXMAN LXA-OT1
    スピーカー:AURATONE 5CTV

    つい最近まで使っていた構成ですから、音については安心感があります。
    直前まではポータブルCDで再生してましたが、やっぱりさすがに違いますね。
    1987年発売ですから、もう25年物なんですけど、やはり簡単には超えられないところがあります。
    父も最近、何機種かCDプレーヤーやDACを買ったようですが、眼鏡ならぬ、耳に掛かったのはMusical Fidelityくらいだったみたいです。

    ちなみに私のメインのほうは現状、以下のようになっています。

    CDプレーヤー:YAMAHA CDX-2200
    USB-DAC:TEAC UD-H01
    アンプ:Micromega Minium AMP2
    スピーカー:DALI Royal Menuet II

    ONKYOのND-S1とhiFaceが眠ってるので、これらも寝室で使ったほうが便利かも。
    それにはDACが必要なんですが、手頃な値段で良いのがあると良いんですけど…。
    面白そうなのはARCAMのrDACあたりかなぁと思いますが、そもそも置いてあるお店が少ないですしねぇ。

    あと、プレーヤー自体もSACDが相変わらず気になってはいます。
    パイオニアのPD-10がなかなか好評のようですが、PD-30ならiPod入力もあるんですよね。
    ただ、プレーヤーばかりあっても仕方ないし、普通のデジタル入力があればベストなんですが…。
    PD-50が出るのでは?という噂もあるので、それにデジタル入力があったら良いなぁと思いますが、どうかな?

    Filed under: Audio
    2012/07/22 9:00 am | 寝室にCDプレーヤーを移動 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.