• 243月

    最近、オーディオ絡みでジャズやクラシックを聴く機会が増えてきて、これらはCDで聴いたり、FLACやALACなどの可逆圧縮フォーマットで保管しているため、これをそのまま再生できるポータブルプレーヤーを再検討してみようかと。

    以前もさんざん考えて、結局、iPod touchにしたわけですが、普段聴きとはジャンルも違うので、iTunesとは別管理にしたいというニーズもあるんですよね。
    もちろん、音質的にもそれなりのものである必要があります。
    ALAC対応がベストではありますが、FLACや最悪、WAVでもOKかな。

    ウォークマンも候補ではありますが、通常はロスレスだとATRAC Advanced Losslessなので、Macでは無理です。
    Androidなら他のソフトを入れて対応できるから、候補としてはNW-Z1000シリーズかな。
    これでメモリカード対応だったら完璧なんですが…。

    COWON J3という選択肢もありますけど、ちょっと今さら感があります。
    他にもZune HDとかGalaxy Playerとか面白そうな機種はあるんですけど、国内での取り扱いがイマイチなんですよね。
    中華系だとTeclast T51あたりが定番(?)ですが、最近はどうも品切れが続いてるようです。
    T59はまだのようですし、iBasso DX100もまだまだ安定しないみたいです。
    価格と音質で無難なのはCUBE C30やColorfly CK4あたりかな。

    というわけで結局、以前と同じような結論で悩んでいる状態です。
    国内のオーディオメーカーからしっかりした機種が出ると良いのですけどねぇ。
    iTSもDRMフリーになったことですし、ここらで出してくれないものかと。
    ただ、現状すぐには無理でしょうし、別ユーザーでiTunesのライブラリを構築して管理したほうが楽かもしれませんね。

    Filed under: Audio
    2012/03/24 9:00 am | ロスレス対応のDAP、再検討 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.