• 127月

    セパレートアンプを使う上で、アナログプレーヤーを使わない場合、
    プリアンプの存在というのは、ちょっと微妙なところがあります。

    もちろん、経験上、音質の変化は意外とプリアンプによる部分も
    大きいのは承知しているのですが、やはりコスト的にも、つい、
    パワーアンプにかけたくなってしまいます。

    そこで、昔からある「パッシブコントローラ」、要するにただの
    「アッテネータ」を検討してみようかと。

    セレクタも装備した、それなりのものだと、結構なお値段ではあります。


    【当店ポイント2倍】SPL ハイエンドボリュームコントローラー【税込】 SPL-VOLUME2(SPL) [SPLVO…

    デジタル機器中心の現在なら、デジタルボリュームというのも手ですが、
    小音量で音質劣化の可能性が高いのが欠点なんですよねぇ。

    できればアナログで、良質なボリュームだけに注力したものが良いなぁと
    思ったのですが、意外と少なくなっているんですねぇ。

    音質面ではどうか不明ですが、FOSTEXのは格安で、試してみるには
    良いかも。


    【スピーカー用ボリュームコントローラー】●FOSTEX PC-1

    こういう機材は自作が一番なのかもしれません。
    内部配線などにも、思う存分、こだわれますしね。

    ただ、問題はそういうパーツが気軽に入手できないところなんです…。
    とはいえ、通販もありますから、パーツ情報も色々調べてみたいと思います。

    Filed under: Audio
    2009/07/12 8:32 pm | パッシブコントローラ、検討 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.