• 182月

    バナナプラグ導入に失敗したメインのオーディオシステムですが、せっかくだからなにか別の手を入れてみたいなぁと。
    順当にYラグを使うというのも考えましたが、それでは面白みに欠けるかも、ということでバイワイヤリングをやってみようかと思ってるところです。
    父親が先日買ったらしいスピーカーケーブルで試したというのを聞いた影響もあるんですけどね。

    現状はTIGLONのケーブルを使ってるわけですが、当然これはそのまま低域あるいは高域のいずれかに流用しますから、もう一本、スピーカーケーブルを追加すればOKという算段です。
    手持ちのはバナナプラグを付けた細めのオーディオテクニカのと以前から使っていたメーカー不詳の安いケーブルしかありませんから、できれば別のものを調達したいところかな。

    父親が先日導入のはモンスターケーブルのNMCで、これは低域用には良い印象みたいですね。
    お値段も昔のモンスターケーブルのイメージとは違って、わりとお手軽なのも良いかも。
    あとは無難なところではベルデンやオルトフォン、ナノテック・システムズあたりでしょうか。

    イマイチ面白みに欠ける選択肢しか見つけられてないので、まだ食指が動いてないんですけどね。
    そう考えるとTIGLONも偶然入手したとはいえ、良い選択肢だったのかなぁという気もします。
    もう少し調べてみつつ、まずは手持ちの安いケーブルでバイワイヤリング自体を先行して試してみます。

    Filed under: Audio
    2013/02/18 12:00 pm | バイワイヤリング接続、検討 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.