• 0912月

    以前も紹介した「いい音を選ぶ」というムックですが、第2号が
    発売されたようで。

    4764130963 10年後も「定番」 いい音を選ぶ2 [MOOK21] (MOOK21)
    AUDIO BASIC
    共同通信社 2007-11-30

    by G-Tools

    今回も内容的にはアナログ中心の記事に、高音質なCDのおまけと
    内容はしっかり充実しています。

    アナログプレーヤーやカートリッジなどを中心に、64機種の紹介記事が
    あって、最近はすっかりアナログが遠ざかってる私も、「持ってるだけで
    幸せになりそうな機材だなぁ」と思ってみたり。

    「真空管アンプの誘惑」なんて記事にも、文字通り誘惑されます。
    Accuphaseがこんなに頑丈でなかったら、買い換えていたかも
    しれませんねぇ。
    とにかく、Accuphaseは壊れませんねぇ。(笑)

    アナログ機材だけでなく、ソフトとしての「アナログ盤」の扱い方や
    入手方法も、ちゃんとフォローされています。

    レコードショップ探訪などは面白いですね。
    会社の近所にも小さなアナログレコード専門店がありますが、
    あれはマニアにはうれしいものの、商売としては大変だろうなぁと
    思います。
    お客さんがいるの、見たことないですもん。(爆)

    CDのほうは、名演奏・名録音の「マイスター・ミュージック傑作選2007」
    ということですが、次回はSACDのハイブリッド盤とかだと、 さらに
    うれしいかも。

    さて、来週あたりは、ぼちぼちオーディオの配線でもしましょうかね。
    (まだ繋いでなかったんかい!という、ツッコミはご容赦を。(^^;)

    Filed under: Audio
    2007/12/09 10:48 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    私はクラシック音楽のファンですが、御茶ノ水駅付近の中古レコード店「ディスクユニオン」、神保町駅付近の「レコード社」等では、中古LPのところは結構客がいます。私も、1枚100円~300円位のを時々入手していますし。

    真空管アンプは「買う」より「作る」ほうが面白いと思いますが、デザイン等を考えると完全自作ではなく、キットの方が見栄えはいいと思っています。と言っても、キットで製作するのでしたら、やはり、高級アンプのアキュフェーズには負けてしまうと思いますが。アンプの最も壊れやすい場所ってボリュームだと思いますので、これが高級品を使っていれば、めったやたら壊れないのではと思います。

    私は時々購入価3.5万円程の真空管キットアンプを鳴らしますが、生き生きした音は好きです。ただし、スプーカーが直径10cmのものを鳴らしている関係で低音が出にくいので、低音はスーパーウーファーを鳴らしていますが。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    ディスクユニオンは古くからありますよね。
    やっぱり品揃えがちゃんとしてないと、客足も
    遠のきますよね。
    そのあたりは中古カメラ店に似ているのかも。

    それにしても、1枚数百円では、お店のほうも大変ですねぇ。
    採算を取ってやっていくのは大変なことでしょう。

    自作は以前、スピーカーとトランジスタ系のアンプキットを
    作ったことはあります。
    音質は市販品のほうが良いかもしれませんが、
    愛着という点では自作に勝るものはありませんよね。

    スピーカーも6.5inchフルレンジに始まって、また
    戻ってくる、なんて言われたものです。
    今はユニットを供給してくれるメーカーも限られて
    しまいましたね。
    私は以前はコーラルのファンでした。