• 2110月

    P-700も入ってオーディオ機器も落ち着いてきたなぁと思った矢先、AccuphaseのSACDプレーヤー「DP-77」が何度かおかしな挙動を見せるようになりました。

    具体的には電源投入直後に以下のような症状が合計で4〜5回起きた形です。

    ・ディスクを挿入したのに曲数や時間表示が出ない
    ・ディスク挿入後、再生ボタンを押しても再生が始まらない
    ・トレイを閉じた際、途中まで閉まって勝手に取り出される

    起きるのは1日に1回くらいで、アレ?と思って一旦電源を切って入れ直すとその後は全く問題なく再生されます。
    またちょっと経って、一日ぶりくらいに電源投入するなど、ある程度時間が経過しないと発生しません。
    ディスクも特定のもので起きるということはないようで、SACDでもCDでも発生しました。
    先日、電源ケーブルをAPL-1からCardasに替えましたが、APL-1の時から起きていましたし、SPECのインシュレーターを外す前後でも起こっていたので、その辺りは関係なさそうです。

    やや気になるのは同社のクリーン電源「PS-500」から電源を取っていて、DP-77の電源投入時はその直前にPS-500の電源も入れていることが多いのが気になりますが、それはずいぶん前からその構成ですし、HD-7AやC-280Lなど他の機器では異常がなく電圧も正常ですから、これが関係している可能性もあまり高くはなさそうです。
    その辺りを追試しようかと思いましたが、購入日を調べてみるとお店の6ヶ月保証まであと少しですし、念のために購入店に相談しておくことにしました。
    ちなみに購入前にお店でピックアップ交換をしてあったのですが、これがほぼ1年前だったようで、お店からAccuphaseに問い合わせを入れてくれて、その無償修理で対応したいとのことでしたので、再現性にやや不安があるものの早めに修理に出すことにしました。
    念のため、症状が発生したCDとSACDも同梱してほしいとのことでしたから、それもいっしょにお店に発送しておきました。

    今のところ、ピックアップ不良が疑われているようですが、うちでの挙動を見る限りではピックアップ自体はさすがにまだ大丈夫のような気もします。
    1年前に交換して使用したのはまだ5ヶ月ちょっとですし、電源投入直後以外はエラーで読めなかったことすらないですからねぇ。
    購入時に修理票のコピーも貰っておいたのですが、ピックアップとベルトくらいしか交換してないので、それ以外の部分(電源周りとか…)が怪しいのではないかと予想していますが、あとはもうメーカーにお任せするしかありません。
    ちなみにDP-77は「オプティカル・ユニット(ピックアップ)は現在補修が出来ません」となっていますが、ごく少量はキープされているようです。

    あとは症状が再現してくれればいちばん良いのですが、もし発症しない場合は有償でもオーバーホール相当のメンテをしてもらおうかなと思っています。
    そもそもお店の保証もまだ切れていないので、あんまり話がこじれた場合は返金対応も可能ではあるのでしょうけれど…。
    それにしても我が家ではA-45に次いで新しいモデル(しかもメンテ済み)で問題が起きるとは思っても見ませんでした。
    C-280LやP-700こそ、オーバーホールに出しておこうかなぁと思ってたんですけどねぇ。
    たくさん所有しているAccuphase製品ですが、修理に出すのはC-200Lに次いで2回目で、どちらも購入後の保証期間というのも不思議なものです。

    ともかく出したからには1ヶ月くらいは戻ってこない可能性が高いですから、CDP-557ESDを設置してみました。
    これも新品購入から一度も壊れず活躍していて、この頃のメカの強さには驚かされます。
    DP-70Vも同じドライブを搭載してあり、これも購入前にお店でメンテされてますが、ピックアップは交換不要となってました。

    CDP-557ESDのアナログ出力もまだまだ元気ですが、そこは年代的にアレですからHD-7Aにつないでトランスポートとしての使用です。
    最初は光でつないで「まぁそこそこ聴けるかな(失礼)」と思っていましたが、しばらく聴いているとナローレンジで平坦な印象がしてしまいます。
    そこで同軸接続に変更して、これならなんとか1ヶ月我慢(さらに失礼)できそうです。
    なお、アップサンプリングやK2プロセッシングも試しましたが、使わないほうが総合的には良さそうです。
    SACDは聴けませんが、ほとんどはハイブリッド盤ですし、この機会にハイレゾ音源やレコードを聴いておけば良いでしょう。

    それにしてもSACDプレーヤーの選択はなかなか難しいなと感じるところです。
    新しい機種ならピックアップの不安はありませんが、それとて将来に渡って保証されるものではないですからねぇ。
    色々考えるところはありますが、まずはDP-77が無事に元気になって戻ってくることを待ちたいと思います。

    Filed under: Audio
    2017/10/21 12:00 pm | No Comments
  • 2010月

    先日、ACOUSTIC REVIVEさんの公式サイトがURLも新たにリニューアルされたのですが、その中にUSB3.0ケーブル「USB-TRES」が追加されていました。

    USB3.0に特化したケーブルだそうで、USB2.0用の信号ラインを撤去して、USB3.0の双方向の信号ライン、そして電源ラインを3本の導体に分離した構造となっています。
    この手の端子から線が分離して生えてるケーブル、実は好物なんですよね。
    うちではACOUSTICE REVIVEさんのUSBケーブルやCHORDの同軸ケーブル、インターコネクトケーブルなどがこうした形態です。
    ただ、うちでUSB3.0のB端子が付いてるのはJAVS X-DDCのみで、これは「なんちゃってUSB3.0」だったはずでUSB2.0の信号ラインを使っていたはず。
    ですからたぶんこのケーブルでは動かないですね…。

    導体には当然ながらPC-TripleCが採用されていますし、それぞれの端子もこれまでのUSB2.0用ケーブルと同様、「2017S航空グレードアルミ合金製カバーを装着した制振構造」となっています。
    絶縁材にはしっかりテフロンが使われていますし、シルクを緩衝材とするなど、真面目にしっかり手間を掛けた作りです。
    お値段は1mで58,000円とパソコンユーザーからすると「え?」と思ってしまうかもしれませんが、USB3.0に特化したオーディオ用ケーブルはほとんどなかったと思いますし、対応機器をお使いの方には朗報かと。
    ただし、前述の通り、形状だけUSB3.0ではダメで、双方に接続される機器がUSB3.0でないといけませんのでその点はご注意ください。
    私同様、USB2.0の方は「USB-1.0PL-TripleC」や「USB-1.0SP-TripleC」、それにハイCP版の「R-AU1-PL」、「R-AU1-SP」をオススメします。

    Filed under: Audio
    2017/10/20 12:00 pm | No Comments
  • 1910月

    Google ChromeがSSLでないサイトで警告を出すようになると脅されてたのもあり、ブログをSSL化することにしました。
    それによりURLが以下のように変更になっております。

    旧: http://www.sara-mac.com/
      ↓
    新: https://www.sara-mac.com/

    以前のURLの各記事にアクセスされても全てSSLのほうにリダイレクトされるようにしていますが、ブックマークやRSSなどをできれば新しいほうに変更していただければ幸いです。

    で、以後はその変更に伴う覚え書きみたいなものです。
    うちは独自ドメインを「ムームードメイン」で取得し、サーバーは「さくらインターネット」を使っています。
    これまでドメイン証明書は取得の敷居が高く躊躇していましたが、さくらインターネットがLet’s Encryptによる無料SSL証明書発行を公式にサポートするようになりました。
    それならやってみようと早速チャレンジしたわけです。
    設定完了メールをしばし待って証明書発行自体はすぐに完了しました。

    ただ、WordPressのほうはwwwが付いたアドレスでマルチドメイン運用しているため、さくらインターネットが提供するWordPressプラグインでは対応できず、ページを表示しようとしても無限リダイレクトループにハマってしまいます。
    別のプラグイン「Really Simple SSL」を使っても症状は同じでした。
    そこでネット検索して、ここのサイトの情報を基にwp-config.phpを以下のように修正して対応しました。

    
    if( isset($_SERVER['HTTP_X_SAKURA_FORWARDED_FOR']) ) {
    $_SERVER['HTTPS'] = 'on';
    $_ENV['HTTPS'] = 'on';
    $_SERVER['HTTP_HOST'] = 'www.sara-mac.com';
    $_SERVER['SERVER_NAME'] = 'www.sara-mac.com';
    $_ENV['HTTP_HOST'] = 'www.sara-mac.com';
    $_ENV['SERVER_NAME'] = 'www.sara-mac.com';
    }
    

    .htaccessのほうは手動では変更せず、プラグインの「Really Simple SSL」に任せました。
    これで大まかに表示できるようにはなりましたが、その他諸々のトラブルが多発して、なかなか手間がかかりました。
    モノフェローズ用のjsなどがhttpsで提供されていないので、これは仕方なくひとまずオフにしましたし、コメントのアバターもSSLに上手く対応できないのでオフにしました。
    さらに、画像貼り付けや自前のPHPなどの変更をして、Amazonから取得している画像はSearch Regexで置換しました。
    ここがちょっとハマった部分でして、URLのハイフンをエスケープ処理してある箇所があって検索では見つかるものの置換できず苦労しました。
    あとはGoogle AnalyticsがSearch Consoleなどを新たなURLに誘導して、たぶん完了です。

    なにせ凝りもせず14,600記事くらい書いてるものですから、古い記事を中心にちゃんと処理できていないものもあるかもしれません。
    もしお気づきの点などございましたら、ご指摘いただければ幸いです。

    Filed under: Blog
    2017/10/19 12:00 pm | No Comments
  • 1810月

    このところ、夜になるとダウンロード速度が2Mbps程度と「初期のADSLか!」とツッコミを入れたくなるような速度になって困っていました。

    Googleのスピードテストはやや低めに出る傾向はあるものの、YouTubeなどの動画が途切れるレベルでしたので体感上もかなり下がっていました。
    光ファイバーやONUの問題ならアップロードも遅くなるはずですし、夜だけ遅くなるということもないでしょう。
    回線種別としては「@Nifty光」なのですが、別にNiftyに限らずいろんなところで発生しているようです。
    要は夜になって多くの人がアクセスしているということなんですね。
    光といっても結局はベストエフォートですから、仮にクレームをあげたとしても解決する見込みは薄いでしょう。

    そこで何か解決方法がないか調べてみたところ、「V6プラス」なるものを使うと速さが復活するとのこと。
    このV6プラス、IPv4 over IPv6を行うもので、まだそこまで混雑していないIPv6を逃げ道に使うということになります。
    ひとまずよく調べずにNiftyのサポートページからV6プラスを申込みましたが、うまく申込みができません。
    まずは「IPv6接続オプション」の契約解除をし、解除受付通知を待ってその後、V6プラスを申し込む必要があります。
    ただし、これで開通できるのはホームゲートウェイが設置されている場合のみでして、うちはTimeCapsuleでしたからV6プラスにはならず、再び「IPv6接続オプション」の開通通知がやって来ました。

    結論からいくとTimeCapsuleでは従来の「PPPoE」にしか対応しておらず、V6プラスが必要とする「IPoE」には未対応です。
    無理やりIPv6でつないでも「IPv6 リレーエラー」がAirMacユーティリティに表示されてしまい、速度向上もされません。
    そこでIPoEをサポートするV6プラス対応ルータを導入することに。
    BUFFALOとIODATAが主な対応モデルのようですから、BUFFALOのWXR-1900DHP3にしておきました。

    V6プラス対応はもちろんですが、Wi-Fiが強力そうというのもチョイスの理由のひとつです。
    3本装備されたアンテナがいかにも強そうですからね。

    設定がそこそこ大変かな?と身構えていましたが、ルータの電源を入れればほぼ自動でV6プラスに接続されます。
    Nifty上はV6プラスは未契約のままで別途申し込みもしていませんが、自身で用意したサードパーティのルータの場合はこれで正しい(?)ようです。
    ルータ上にも表示されますし、BIGLOBEのチェックサイトでも以下の結果が出てきました。

    結果 :OK : All-OK(v6プラスBBR)(5999)

    TimeCapsuleをブリッジモードでぶら下げたり、アクセスポイント名を以前と同じにしたりするなど、なんだかんだで手間取りましたけどね。
    説明書にルータの管理画面についての説明がなかったのもちょっと戸惑いました。
    例によってルータのIPアドレスをブラウザで叩いて管理画面が開けますが、パスワードがとんでもない初期値ですし、アレはちゃんと明記して変更してもらうようにしたほうが良いのではないかなぁ。
    なお、ファームウェアも2.50でしたので、現時点で最新の2.53に更新しておきました。
    ファームウェア更新してもパスワードやアクセスポイントなどの情報は残っていますが、この際に再度、自動接続設定が動くので、それなりに時間に余裕がある時にやったほうが賢明です。

    また、IPv6のテストサイトではブラウザ(Safari)のデフォルトがIPv4になっているという表記が出ることがありました。
    これはSafariやOSに設定があるわけではなく、IPv4アドレスがキャッシュされてるから、だそうです。
    ターミナルで以下のコマンドを実行してキャッシュを消せば、IPv6でのアクセスになります。

    sudo dscacheutil -flushcache

    さて長々と書きましたが、V6プラスに変更しての速度はしっかり改善されました。

    別のスピードテストアプリを使うと、夜でも200Mbpsは確実に確保できています。

    TimeMachineや利便性からApple純正でいきたかったのですが、すでにAirMacを改良するつもりはあまりなさそうですし、WPA2の脆弱性や今回のようなIPv6対応などもありますし、今回の速度低下がルータ見直しの良いキッカケになってくれました。
    V6プラスは全てのプロバイダで提供されているわけではないようですし、普及してくればこっちも結局遅くなる可能性は高いですけど、夜の速度低下に悩まされている方には一考の余地はある選択肢と言えそうです。

    Filed under: PC
    2017/10/18 12:00 pm | No Comments
  • 1710月

    少し前に導入したCardas Quadlink Powerが非常に良かったので、調子に乗ってTwinlink Powerを追加購入してみました。

    Quadlinkはすでに廃番でParsecにモデルチェンジしていますが、Twinlinkは現行モデルです。
    ケーブル自体はだいぶ細手ではありますけど、気に入ったポイントはむしろ同社オリジナルの電源プラグですので、そこが同一なのはむしろ割安感があるかも。

    Quadlinkはクリーン電源で使用していますが、今回のTwinlinkはCDプレーヤー「DP-77」で使うために入手しました。
    メーカーでもCDプレーヤーや小型のアンプでの使用を薦めていますし、そもそもうちの他の機材はケーブルが直生えなので交換不可なのですよね。
    これまではAccuphase APL-1を使っていましたが、これは元々、A-45で使っていたのでそっちに戻そうというのもありました。

    そんなわけでAPL-1を置き換えてクリーン電源からDP-77までをつなぎ、早速試聴です。
    ケーブルこそやや細手ですが、音は厚みがあるもので、APL-1や純正で出がちな傾向だった中低域の弾むクセが減少しました。
    エージングもそこそこでしたが、APL-1よりも深みが増していて、なおかつ硬さや力みがなく、腰が座った音になっています。
    不安定な土台から、足場のしっかりした床に変わったような感触を覚えます。
    妙に強調されたようなところは皆無ですが、全体的にエナジー感がとても高まっているな、というのが第一印象です。
    電源ケーブルを交換した際、低域でエナジー感が出るケースはよくありますけど、帯域に関係なく音楽全体に瑞々しい躍動感が生まれています。

    電源プラグが銀+ロジウムメッキということもあってか、APL-1(金メッキ)と比べればやや煌びやかさは伴いますが、デジタル音源でありがちなドライな部分を補う程度のものです。
    むしろ透明感の高まりのほうが印象は強く、ツヤとはまた違ったピアノフィニッシュのような、研ぎ澄まされたようなフレッシュさが感じられるようになりました。
    ちなみに電源プラグは相変わらずの精度の高さで、クリーン電源の背面はわりと緩めのコンセントなのですが、ヌルっとピシッと挿さります。

    ボーカルもふくよかさと口もとのシャープな音像、滲みや揺らぎの少ない精度と、バランス感覚がとても良いですし、小編成から大編成までなんでもそつなくこなしてくれます。
    私もだいぶ自作してみたりしましたが、こういうバランスの良さはやはり完成品ならではですね。
    DP-77はオリジナルの脚の関係か、どうもキツさのわりに軽くて平面的な音になりがちな傾向があり、これまではSPECのインシュレーターで調整していましたが、Twinlink導入でこれを外せるようになりました。
    ラックに直接オリジナルの脚というシンプル構成となりましたが、この脚に固有の金属的な響きは多少は残るものの、前述のように足場のしっかりした音になったことで、腰高感が減ってSPECで和らげていた部分がなくなったことで抜けやスピード感もバランス良く発揮できるようになったようです。

    使い始めるまではCardasというとやや派手な傾向だと思っていましたが、私が入手したものに限って言えば、どれもとてもナチュラルでニュートラルなので扱いやすい印象です。
    特にこのケーブルはプラグが優秀なわりにエントリークラスのお値段(それでもそれなりの金額ではありますが)ですし、アナログ的な温度感や生々しさを補ってくれる部分もあり、CDプレーヤーにはかなり良い選択肢ではないかと思います。
    こうなるとRCA/XLRケーブルやショートプラグ、リード線なども気になるところですが、今の構成が安定していますし、しばらくはこの状態で行こうかなと思っているところです。(予定は未定)

    Filed under: Audio
    2017/10/17 12:00 pm | No Comments
  • 1610月

    リビングで使っていたAccuphaseのパワーアンプ「P-450」を父親に返却することになったので、代わりのパワーアンプを検討することにしました。
    一応、LINN LK140は余ってますが、正直、今となっては戻せる感じではありません。
    いくつか候補はあったのですが、以前店頭で見かけていたAccuphase P-600がまだ残っているようだったので、電話で取り置きしてもらい、購入してきました。

    P-600は1983年のアンプで年代としては父親が持っているC-222やP-266と同時期のフラグシップのステレオ・パワーアンプです。
    今では珍しい300W+300W(8Ω)というハイパワーアンプで、ちょっとリビングで使うにはデカすぎるかなと。
    そこでまずは2階に持って上がり、A-45と入れ替えてみることにしました。

    店頭でも動作確認してもらっていましたが、メーターや各種ランプ、アッテネーターなど、全て動作に問題はありません。
    すでに一部修理不可となっているモデルですけど、お店の6ヶ月保証もあるので安心ではあります。

    出音は一発目からもうA-45とはまるっきり違っていて、Matrix 802のウーファーがこれでこそようやく動き出したといった印象です。
    低域の基音が非常に明瞭で、すべてのサウンドが淀みなくストレートにガツンと来ます。
    これまでは定位が…音像が…と細かいところが気になるオーディオマニアの悪いクセにハマっていましたが、P-600では「そんな細かいことはどうでも良い」と思えるほど、痛快な鳴りっぷりです。
    もちろん音の実体感はレベルの高いもので、正直そちらもA-45よりもレベルが高いのではないかとすら思えます。
    オーケストラの迫力は当然として、低音の基音がしっかりすることでピアノの再現力がかなり高まったように感じました。

    そうは言ってもマニアの性で、せっかく導入したアイソレーションボードやスパイクだから…と使ってみました。
    しかし重量が重すぎるのか、音が濁ってしまい、良さが半減してしまいます。

    ヒッコリーボードなら大丈夫だろう、とこれもDACから奪い取って投入しましたが、こちらは芯がしっかりしてがっしりした印象になります。
    ただ、やはりP-600を入れた時に感じた爽快なほどの鳴りっぷりが弱まって、ボーカルや楽器に淀みが感じられます。
    アンプ自体に重量やサイズがあることや、脚がかなり低めなこともあってか、このアンプは下に敷かないほうが現状良いようです。

    また昔のモデルですから電源ケーブルも直生えで迷いがありません。
    消費電力は定格で1100W、無入力でも165Wですから、壁コンセントから直接取る形としました。
    これまで使っていたAccuphase APL-1はDP-77に持っていき、これはこれで低域の重心を下げるのに一役買ってくれています。
    スピーカー端子はバナナプラグには非対応ですが、店頭でCardas Neutral ReferenceのYラグが問題なく装着できることは確認して入手しましたし、C-280Lとの間はこれまで同様、ASLC-30で接続し、RCAのほうはACOUSTIC REVIVEのショートプラグを挿してあります。

    後日、清掃のため、上蓋も開けてみましたが、パワートランジスタのデカさに分かっていても驚かされます。
    サンケンの2SC2774と2SA1170は当時のハイパワーアンプの定番ですが、このサイズだからこそ出てくる圧倒的なパワーなのでしょうね。
    トランスの定格は分かりませんが、消費電力から推測して1200VA以上でしょうし、フィルタコンデンサも耐圧100Vの47,000μF(ELNA FOR AUDIO)が使用されていました。
    A-45も同じ47,000μFですが、耐圧がこちらは67Vだったはずです。

    年式が古いこともあり、中古相場ではA-45一台でP-600が2台買えるくらいですけども、やはりこれは別格だなというのが率直な思いです。
    私にはちょっと分不相応なくらいですが、C-280Lとの組み合わせは私にとっては至極のアンプとなってくれそうです。
    それに伴って、A-45は当然ながらリビングに移設しましたが、その件はまた後日書いてみたいと思います。

    Filed under: Audio
    2017/10/16 12:00 pm | No Comments
  • 1510月

    手嶌葵さんがちょっと曲が多めのシングル(?)「東京」を11/22にリリースされるそうで。

    収録曲は以下の7曲ですから、ミニアルバムと呼べなくもないのかな?
    ただ、インストが2曲入ってますから実質は5曲ですが。

    【収録曲】
    1.東京
     (テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」エンディングテーマ)
    2.赤い糸
     (プレミアムドラマ「女の中にいる他人」主題歌)
    3.オンブラ・マイ・フ
     (映画「永い言い訳」挿入歌)
    4.瑠璃色の地球
     (薩摩酒造 白波「この地球の日々たちへ。」CMソング)
    5.The Christmas Song(Live)
    6.東京(instrumental)
    7.赤い糸(instrumental)

    「東京」はワールドビジネスサテライトのエンディングテーマだそうで、作詞がいしわたり淳治さん、作曲が平井真美子さん、編曲がTATOOさんという、手嶌葵さんの楽曲ではわりとよく目にする布陣ですね。
    すでにオンエアは始まっていて、手嶌さんが東京で仕事をしていて感じた事を、いしわたり淳治さんに伝えて形にしていったものだとか。
    その前のアルバム「青い図書室」の頃からだと思いますが、最近は曲のラフイメージを伝えて作品作りしているようです。

    その他もタイアップ曲がズラリと並んでいます。
    お値段はシングル+αですが、実質5曲で停めちゃうでしょうし、そこが気になるかなぁ。
    ハイレゾ配信がある可能性も考えられますけど、そっちは3曲目or4曲目まで…といったパターンも考えられそうですし、そもそもリリース以降の公表でしょうからねぇ。
    ちょっと悩むところですが、まだ発売まで時間があるので「東京」を試聴してみたりして決めたいと思ってるところです。

    Filed under: Music
    2017/10/15 12:00 pm | No Comments
  • 1410月

    J1 Projectのスパイク受け「B35HB/4P」を試してみたくてゲットしてみました。

    J1 Projectは一時期結構ハマって色々ゲットしましたが、その時に入手しておいたものの、イマイチ出番がなかった「BA72K」を活用したいというのがゲットの理由の一つです。
    このスパイク受けは35mm径で、BA72Kの窪みにぴったりハマるんですよね。

    スパイク受け部分はステンレス受け皿になっていて、それ以外の部分はJ1 Projectらしいハイポリマー系の素材になっています。
    これだけでも共振対策がありますが、BA72Kと合わせれば大きな機材でも効果が高まるかなと。

    で、実際に投入してみたのはSIGNAL GUARDのボードです。
    この時点ではパワーアンプの下に配置してあり、ACOUSTIC REVIVEの真鍮製のスパイク受けを使っていました。
    パワーアンプはスピーカー間の床に直置きですので、振動対策をさらに強化できるのではないかと考えたわけです。

    早速配置して聴いてみると、以前より耳当たりが柔らかい音になっていて、J1 Projectらしい変化です。
    ギスギスした感じは減って大人しくなったようにも思いますが、定位はより明瞭になり、高域の濁りが減った印象です。
    特に中域を大事に鳴らしている感が出て、息遣いがとても自然で良く伝わるようになりました。
    音量がうるさく感じないのは人工的な響きが減ってアコースティックさが高まったからかもしれません。
    反面、低域はややあっさりし、ややボヤケたような気もしますが、これはJ1 Projectを使うとよく遭遇する傾向のように思います。

    そこで一旦、BA72Kを外して今回のスパイク受けだけにしてみたところ、低域のボヤけた印象はだいぶ減りました。
    ただ、良い部分も薄まっていて、やや音像が濁ってそれまでの真鍮製スパイク受けに近い感じに戻ってしまいました。
    これならむしろ真鍮製のままのほうが良いとも言えそうで、意外とBA72Kの効果が大きいようです。
    一つにはパワーアンプの脚、アイソレーションボード双方とも金属製であることが影響しているのでしょう。

    そこで再びBA72Kを戻すと、音像が細くなり過ぎず、それでいてブレがない、先程の音に戻りました。
    総合的に判断するとA-45ではこの状態がベストで、照明を消して聴いているとパワーアンプはおろかスピーカーの存在まで消えてしまうような錯覚を覚えたほどです。
    私の経験上、パワーアンプやクリーン電源など電源部が大きい製品は振動で音が滲む傾向があるようで、J1 Projectとアイソレーションボードでそれがかなり抑えられたのでしょう。

    また、ボーカルの高さが上がるというのも面白いもので、これはおそらくスピーカー間の空間を埋める領域が大きくなったことに起因するものでしょう。
    しかしこれも物理的にアンプの下に隙間ができたことで、空気の流れが確保されたことでスピーカー間にアンプを置くことの影響も軽減したのかもしれません。
    これでA-45としてはベストな鳴りになったのですが、ちょっとリビング側のアンプを返却する必要が出た関係で見直すことになりました。
    それについてはまた後日ご紹介したいと思いますが、スパイク受けやアイソレーションボードはクリーン電源かDACなど別の場所で活躍してもらおうと思っています。

    Filed under: Audio
    2017/10/14 12:00 pm | No Comments