• 138月

    このところフォノカートリッジを調べていて、そうでなくても狭いオーディオの世界でカートリッジはさらに小さな分野なのだなと感じるところが多くありました。
    そこで現在活躍しているブランドがどこを起源としていて、どういったところにOEMしてたり協力関係にあるのか、分かる範囲でちょっとまとめてみることにしました。
    直接面識があるわけでもないので間違い、勘違いがあるかもしれませんが、その点はご了承・ご指摘いただければ幸いです。

    古くからのカートリッジブランドというとオルトフォン、SHURE、日本ではオーディオテクニカ、DENONなどがありますが、さすがにその源流までは追いきれません。
    一方、多くの高級メーカー、言い換えればガレージメーカーっぽいところはGraceを起点にしているところが多いと聞きます。
    有名なところではIKEDAの池田勇氏はGraceやFRに所属されていたはずです。

    SUPEXもGraceとは兄弟関係で、SUPEXはLINNの初期のカートリッジを生産していたりしたとされています。
    そんなSUPEXからの流れというと、光悦、ShelterやMUTECHなどがそうですね。
    マイソニックラボの松平吉男氏もSUPEXをはじめ、アントレーやオーディオクラフトなどに在籍されていました。
    ちなみにTechDASのカートリッジはどうやらマイソニックラボの製造によるものみたいです。

    ZYXはオルトフォンのMC20などを設計された中塚氏で、並木宝石にも所属されていました。
    並木宝石もカンチレバーやスタイラスなどでいろんなメーカーに関連していることと思います。
    流れとしてやや珍しいのはハイフォニックで、こちらはDENONからの独立です。
    オーディオテクニカからの派閥というのはあまり耳にしませんが、機構部分はOEMしたりされているようですね。

    OEMでは元々有名だったというところも多く、エクセルサウンドやPhasemationなどがそれに当たります。
    そんな中でよく分からないのは私も先日入手したLYRAで、流れが不明ながら、現在はLINNのカートリッジを製造しています。
    ちなみにOEMだからといっても音傾向まで同じというわけではなく、依頼元の音傾向に沿って作るケースがほとんどでしょう。

    他にもベンツマイクロはスイスのブランドですが、今はどうだか不明ですが製造は日本だった?という説があったり、オルトフォンもかなりのものが日本製造だったりと、カートリッジの分野での日本の強さが非常に目立ちます。
    MCカートリッジの場合、あまり大規模な機材が必要なわけでもなく、かと言ってきめ細かい作業が大切だからなのでしょうか。
    それでもどこも後継者が少ないのは他のモノづくりと同様だと思われますが…。

    他にもダイナベクターやサテンなどはどういう流れだろう?とか、漏れたブランドもあると思いますが、こうやって眺めてみるとなかなか面白いものです。
    個人的にはClearaudioのヘッドシェルがオルソニックにソックリなのはナゼ?とか、まだまだ気になるところはあるので、たまに情報収集してみたいなと思っています。

    Filed under: Audio
    2017/08/13 12:00 pm | No Comments
  • 128月

    さだまさしさんが2年ぶりのオリジナルアルバム「恵百福 たくさんのしあわせ」を9/6にリリース予定だそうで。

    去年も出してた印象があったんですが、オリジナルじゃなくて永六輔さん絡みのものでしたね。
    グレープ時代から通算44枚目のオリジナルアルバムだとか。
    もちろんそれ以外にもトーク集とか色々出しているものは入れずにですから、44枚ってのはスゴいですね。
    ちなみにうちに何枚あるかな?とざっくり勘定してみたら31枚は持ってそうです。
    その中から5枚挙げるとしたら、この辺りかな。

    夢供養
    印象派
    風のおもかげ
    すろうらいふすとーりー
    第二楽章

    夢供養や印象派はちょうど聴き始めた(さすがにややリアルタイムではない)当時のアルバムで思い入れがありますし、「すろうらいふすとーりー」はマイナーだと思いますが再び聴くようになったきっかけでした。

    コンサートも誰よりもたくさんやっていらっしゃいますが、5月には喉の調子を壊して公演もいくつか順延されてました。
    だいぶ無理して録音・リリースされるようですが、たしかにアルバム発売は楽しみではあります。
    収録曲は以下の通りとのこと。

    01. 約束の町
    02. つばめよつばめ
    03. ガラパゴス携帯電話の歌
    04. GENAH!
    05. 詩島唄
    06. たくさんのしあわせ
    07. 秋蘭香
    08. 避難所の少年
    09. いにしへ
    10. 潮騒

    そういえば「風に立つライオン基金」についてもニュースになっていましたね。
    公益財団法人の認定を受けたんだとか。
    実を言うと「風に立つライオン」はさほど好きな曲ではなかったんですが、「風の軌跡」のバージョンはなかなか良いなぁと思いました。
    小説も映画も観てませんけど…。
    今回もシリアスな曲から変なコミカルなものまでいろんな曲が収録されてるようですし、お気に入りの曲ができることでしょう。
    SACDとかハイレゾ配信もできたらやってほしいですが、古いアルバムはリマスターで配信されてるものもありますので、懐かしいなぁと思われる方は購入されてみるのも良いかも。
    私は古いのはレコードで聴きますけどね。

    Filed under: Music
    2017/08/12 12:00 pm | No Comments
  • 118月

    カメラ類をあんまり扱ってないお店でCarl ZeissのMFレンズ「Planar T* 50mm F1.4 AEJ」を見つけたのでゲットしてみました。

    フィルムカメラに傾倒している時もお値段などで縁がなくてF1.4のほうは手に入れてなかったので、かなり気分が高まりました。
    いわゆるヤシコンレンズで、手持ちのもすでにほとんど手放していましたが、ボディは残っていたのでCONTAX RTS2を掘り出してきました。

    不具合は特になく、店員さんも「コレ、カメラ店だと数万円するやつですよね」なんて言っておりました。
    分かってるならそのお値段で売れば良いのに…とも思いましたが、専門店でもなければ売れないんでしょうねぇ。
    さらにリバースアダプタやCONTAX純正のUVフィルタまで付属してましたし。

    この機会にRTS2も動作確認をと思いましたが、入ってた4LR44は電池切れだったのでまずは機械シャッターでレンズの絞り動作を確認。
    さらにLR44を4つとアルミホイルで即席作成して電子シャッターも問題なく動いてくれました。

    CONTAXも一時期ほどの高騰ぶりは収まったようで、そういう路線では改めてゲットしてもそこそこ入手しやすそうです。
    ただフィルムで撮るか?となると、この地域では現像もしづらいし、そもそもカメラ店がほとんどない状態が厳しいです。

    そうなるとマウントアダプタで…となるわけで、オーディオも一段落したし、ちょうど良いタイミングかなと。
    現状もマイクロフォーサーズやソニーEマウントのAPS-Cはありますが、後者のα5000はツマに使ってもらってますから、何か別を考えることにしました。
    当初はX-M1やEOS M2くらいで良いかなぁと思ってましたが…。
    ま、その辺りは後日、記事にしたいと思いますが、どうやらカメラ趣味もちょっと復活しそうな勢いです。

    Filed under: FilmPhoto
    2017/08/11 12:00 pm | No Comments
  • 108月

    おそらくここ数年で最後の大物になるであろう、LYRAのMCカートリッジ「Helikon」が届きました。

    Accuphase AC-2はとても気に入っているのですが針交換ができず、これをメインに据えるのはちょっと怖いなというのがキッカケでした。
    当初は開発者が同じと思われるZYXを狙っていて、AmazonでR100 YATRAを注文してましたがこれがキャンセル(たぶんダメだろうとは思ってましたが)されました。
    次はR100-2やUltimate 100を狙おうかとも考えましたが、これも届かなかったり納期が遅い可能性が高く、特にUltimate 100は実際のユーザーの声がまだほとんどないので躊躇してしまいました。

    そんなタイミングで以前から気になっていたBENZ MICRO ACE-SLを見つけて注文したのですが、これがまたお店の梱包ミスでケースの中でカートリッジが暴れ回った状態で届くという…。
    ベンツマイクロは針カバーがないので、梱包とその後の保管方法の相談もしておいたのですけどねぇ…。
    改めて調達となるとこれまた納期が不明ですし、やっぱりZYXか?と思っていたところに見つけたのが今回のライラ ヘリコンです。(経緯が長い…。)

    こちらはしっかり外箱、内箱と入っていて、針カバーもありますから安心です。
    ただHELIKONはすでに廃番ですので針交換するとKleosで、お値段も納期も購入場所も大変ではありますが、LYRAはやっぱり憧れの存在でしたからね。

    早速、あらかじめ入手しておいたマイソニックラボのヘッドシェルに装着し、基本は押さえつつもそこそこにセッティングして、まずは聴いてみました。
    いちばんのポイントは針圧で、1.6〜1.75gでそれを超えてはいけないという、かなりシビアなものです。
    SAECのWE-407/23は自動針圧増加の仕掛けがありますから、それによる針圧付加を考慮して1.65gにしておきました。
    針圧自体は針圧計があるおかげでかなり正確に合わせられるので助かりました。

    あとはカートリッジをヘッドシェルにしっかり平行に取り付けることが重要だそうですが、マイソニックラボのシェルは穴が3連で開けてあるのでいちばん手前の穴に通すと斜めにはなりづらい構造で助かります。
    その分、オーバーハングは細かく調整できませんが、たぶんほぼ良い感じになってそうです。

    早速、いろんなジャンルのアルバムを聴いてみましたが、とにかく音の厚さ、勢い、生々しさ、全てにおいて段違いだなというのがファーストインプレッションです。
    余計な余韻が皆無な分、全てが音楽で満たされるようです。
    カートリッジだけでなく、ヘッドシェルも相性が良いような印象で、Accuphase AC-2にも付けたくなりました。

    カンチレバーはボロンで、針カバーを付けてない時はとにかく無防備で、いまだに指掛けを持つ時は恐る恐る触っています。
    調整はまだまだあまり追い込んでおらず、ひとまず負荷インピーダンスは切り替えてみましたが、それぞれに良さがあるのかなという感じです。
    内部インピーダンスは5.5Ωと低いですが、負荷抵抗は100Ω~47kΩと指定されています。
    中高域にややピークが出る傾向はあるものの、鮮烈さを活かすには100Ωが良いようですし、10Ωだと自然な穏やかさと両立してきます。
    30Ωはその中間ですが、今のところはピアノのリアルさが出ている気がして100オームにしています。

    それにしても発売当時でも17万、その後は23万といった値付けという高級カートリッジですが、正直それだけの価値はあるなというのが手にしてみた感想です。
    やはり入り口がしっかりしていなければその後ではどうしようもないですし、現代的過ぎて古い盤に合わないというご意見もいただきましたが、C-280Lのフォノイコライザーでは特に強くそれを意識させられるシーンは多くありません。
    もちろん盤に入っている情報を余さず引き出してきますから、当時のエフェクタの質や録音ミス、オーバーダブなどの粗が見える部分はないわけではありませんが、それも含めて当時のマスターテープを聴いているような感覚を味わえるように感じています。

    ちなみにライラ自体はMADE IN JAPANでして、Jonathan Carr氏が設計、三島敬宣氏が製造に携わっているとされています。
    他のカートリッジブランドと比べると出自が分かりかねる部分がありますが、登場とともに人気を博した理由も分かります。
    その後の高級(というか高価)なカートリッジがたくさん登場する原因にもなったのでしょうけれど。

    Accuphase AC-2と同じ楽曲を録音比較もやってみました。
    特性で見るとやや低域が出ていて高域はそこまででもない感じで、あまり差は分かりません。
    FLACのファイルサイズで言うとAC-2のほうが大きいくらいですが、聴感で判断した限りではAC-2はやや倍音成分が付加されたような味わいを持っています。
    またHELIKONはセパレーションがとても良く、それは特性だけでなく楽器の分離や演奏や場の雰囲気などの細やかな情報もしっかり引き出してくれているように思います。
    やや解像度過多なので「温かい音」をレコードに望むと痛い目に遭いますが、AC-2と併用するにはとても良いチョイスだったと思います。

    これで機材は固まりましたし、あとは楽しい音楽の時間が待っています。
    細かな調整もやっていくと思いますが、まずは針を大事に使って、将来的に可能ならばKleosへの針交換も視野に入れつつ愛用したいと思います。

    Filed under: Audio
    2017/08/10 12:00 pm | No Comments
  • 098月

    前回までで定位の改善は非常に良い具合となりましたが、左右の偏りが感じられる部分が気になり、さらに数日悩みました。
    念のため、ピンクノイズを鳴らしてパワーアンプのメーターで確認もしてみましたが、音量としての差は見られないようです。
    ただ、プリアンプのアッテネーターで調整すると最大1.5dBくらい、左に寄ったような感覚になるケースがあります。
    さらにCDとレコードでも違いがあって、レコードのほうが酷いので原因は複数にまたがっているようです。

    まずはレコードのほうから解決していきますが、結論から言うと水平管理が不安定になっていたのと、トーンアームの高さが厳密に合ってなかったことに起因していました。
    特にAccuphase AC-2は非常にシビアでして、ちょっとでもセッティングが悪いとそんな具合になってしまいます。
    カンチレバーがサファイアで固いことが原因なのか、はたまたダンパーがやや固着気味なのかは定かではありませんが、どちらかと言うと前者なのかなと推測しています。
    水平に関してはRMF-1のメリットがとても大きいことは承知していますが、水平管理にはどうしても難しい面も多く、その強力な磁力もカートリッジに悪影響を及ぼしている可能性もあると判断して、泣く泣く純正の脚に戻しました。
    RMF-1自体は近々、クリーン電源なり、別の場所に導入したいと思っています。

    もう一つはやはり部屋の影響です。
    スピーカー配置を左右シンメトリーに…と意識して設置したのですが、そもそも部屋自体はシンメトリーなわけもなく、やはり耳で調整すべきと気持ちを切り替えました。
    音楽を鳴らしつつ、部屋の中のいろんな場所に様々な向きで立ってみて、音傾向が左右で大きく異るポイントを見つけていきました。
    とりわけスピーカー近辺は影響が大きいはずで、WS-1を仮置きしたりしながら、結果的には右スピーカーの側面にWS-1を置くのが良いという結論になりました。

    また右スピーカー手前のクリーン電源もちょっと移動させて、スピーカー前の空間もなんとか確保しました。
    そこだけ床が出てる形なのでマットも敷いてみましたけど、かえってダメだったのでそのままです。
    音自体はかなりヌケが良くなりましたが、偏りへの影響は少なかったですけどね。
    それにしてもMatrix 802S2は801より鳴らしやすいと思って導入しましたが、周辺の空間がかなり必要ですし、気軽に鳴らせる代物ではないと痛感しました。
    リビングの805のほうはわりと気楽に良い音がしていて、しばらくはストレスが溜まりました。

    そしてまたまたTwitterで貴重な情報をいただきました。
    肝心のMatrix 802 Series 2に内蔵されているAPOCという保護回路が悪さをしてるのでは?というご意見です。
    たしかに時間帯などで偏りが違ったりしますし、中高域の鮮度もちょっと悪いかなぁとは感じていたんですよね。
    APOCをバイパスする手法は海外で結構出回っていて、ダイオードを全部カットするとか、リレーをバイパスするなんてのが載っていますが、一旦手を入れてしまうと最悪ネットワークやスピーカーユニットを破損する可能性もあるので、なかなか手が出しづらい場所です。

    そこで気休め程度にとヘッドユニット接続部の端子を清掃してみることにしたのですが、実はこれが大当たりでした。

    最初は軽くECI-50を塗布した程度でしたが、それでも中高域の鮮度がまるで違いますし、偏りは当然のこととして音場の再現性もグッと高まりました。
    そこで左右とも出来る範囲でクリーニングして問題は解決となりました。
    ホントはかなり細いスティック上の端子クリンがあるともっとキレイにできるのでしょうから、そのうち導入しておいたほうが良いのかもしれません。

    結果的にはスピーカーの問題の占める割合が大きかったと思いますが、各所を見直せたのは良い契機でした。
    古い機器も混じってますからオーバーホールなどが必要になる部分も出てくるでしょうけど、あと一つ機材を追加したらオーディオは小休止かなと。
    聴きたいソフトもたくさんありますし、気分良くリラックスして楽しめる音楽の時間をなるべく確保できるようにしたいなと思っているところです。

    Filed under: Audio
    2017/08/09 12:00 pm | No Comments
  • 088月

    ORIENT STARのキャンペーンで、ウォッチスタンドとクリーニングクロスのセットが当選しました。

    SNSでコメントを書く形式だったので、青い針だけでも魅力的だなぁと思ったとおりのことを書いたのですが、それが良かったのかな?
    オリエントは一時期結構ハマっていてわりと結構な数を入手しましたし、オリエントスターもカメラモデルとか他のも入手したんですが、オリエントスターのほうはなんとなく縁がなくて手放してしまいました。
    最近はすっかりApple Watchばかり使っていて、機械式腕時計は止まったままになってることが多くなりましたが、それでもオリエントスターは今でも所有しておきたいなと思える腕時計の一つです。

    スタンド自体はホントに店頭などで良く置いてあるようなものでした。
    箱は時計が入ってそうなので、ちょっと期待したのはここだけの話です。(笑)

    とりあえず手持ちのORIENTからトノーのチタンモデルを付けてみましたが、こうやって置いておくだけでもなかなか良いですね。
    そういう部分がApple Watchでは感じられない魅力の一つだと思います。
    ま、こうやって置いておいたら40時間後には止まっちゃいますが…。

    ところでオリエントというとEPSONに吸収された形ですが、そのEPSONは別途、TRUMEというブランドを興しています。
    ORIENTは機械式、TRUMEはもうちょっとハイテクな方向で行くのでしょうか。
    時計は機械式で、懐中時計みたいにパカっと開けたらディスプレイ、みたいなモデルがあっても面白いと思いますけどね。
    近くだとあまり腕時計を置いてるお店がないので、上京した時にでもキャンペーン対象だったモデルなどを眺めてきたいなと思っています。

    Filed under: Watch
    2017/08/08 12:00 pm | No Comments
  • 078月

    先日から悩まされてきた左右の音の偏りの原因の一つにXLRケーブルが関わっていそうだったのもあり、AccuphaseのXLRケーブル「ASLC-30」を入手しました。

    普段だと出物を待つのですが3mのものは滅多に出てきませんし、あったとしても廉価なALC-30のほうでしょうからJoshinさんからの購入としました。

    もうずいぶん昔に父親がSLC-15(だったと思う)を買って以来のAccuphase新品ケーブルですが、こんなところまで外箱、内箱となっていて流石だなと思わされます。
    オーディオケーブルとして見ればもっともっと良い音のものがたくさんあるとは思いますが、うちの機材はAccuphaseでそのコネクタもITT Canonですから、それと相性が良く接触不良も起こりにくいと予想してコレを選びました。
    特注品は10mまであるので、3mくらいは完全に想定内だろうというのも決め手になった理由の一つです。

    使用箇所は当然、プリとパワーの間でして、これまでのQEDを置き換える形です。
    これもテスターで計測する限りはなんの問題もないのですが、ひとつひとつ原因になりそうなところを潰していかないと解決しないですし、そもそも音質的にやや不満もあったんですよね。
    QEDのケーブルはかなりお気に入りですが、どうも最近出たものとは相性があまり良くないような気がします。
    音傾向を他の英国ブランドに近づけたのかもしれませんし、コストも増大してきているのかもしれないですね。

    それは置いといて、ASLC-30はしばらくエージングが必要かなと思って鳴らし始めましたが、いやはや当初から低域の伸びが全く違って驚きました。
    感覚的なものではなく、計測してみても40Hz以下がこれまではあまり出てなかったのにしっかり出るようになっています。
    低域の分解能も非常に高いですし、良く言われがちな、いわゆるAccuphase的と言われるような硬さや煌びやかさは皆無で、ひたすら緻密で破綻のない描写表現をしてくれます。

    欠点は長さによってかなりお値段が高くなってしまう点でして、ALCシリーズのほうだと長くても大して価格差がないんですよねぇ。
    それだけ良い線材を使ってるということでもあるのでしょうけど、値引きも少ないですし、そこだけが難点です。
    ただ他の超高級ケーブルに比べれば驚くほどのものではないですし、長さは用途に応じるにせよ、1本このシリーズを持っておくと何かの時にリファレンスになってくれるケーブルだと思います。

    左右の偏りに関してはこのケーブル導入でもかなり改善が見られました。
    ただ、まだ別の問題もありましたので、そちらは別途ご報告させてもらおうと思っています。

    Filed under: Audio
    2017/08/07 12:00 pm | No Comments
  • 068月

    リビングに設置してあるオーディオシステムは機器変更に伴ってその場しのぎで配置していったので、XLRケーブルの長さが足りなくて延長してあったり、ケーブルも適当に見繕ったりしてあったのもあり、ちょっと見直すことにしました。

    見直すといっても気楽なもので、プリアンプをパワーアンプの隣に持ってきて、今まで隣にあったCDプレーヤーと入れ替えただけですけどね。
    そうすることでXLRケーブルは1mで届くようになりましたから、AccuphaseのSLC-10にしておきました。

    他の機器の場合は当てはまらないと思いますが、AccuphaseのXLR端子は機器側もITTを使っているので同じITT製のほうがカッチリ接続できて安心感があります。
    音もずいぶんパワフルになり、P-450本来の力で活きてきたようです。

    それならば…と調子に乗ってCDプレーヤーのケーブルもQED Qunex SSからSL-10G(ASL-10?)に。

    Qunex SSも押しがあって音のバランスが良くそれなりに魅力的だったので、一度はもとに戻してみたりもしたのですが低域の伸びに違いがあります。
    なんだかただのAccuphase好きみたいな状態になってしまいましたが、もはやそう言われても否定できないでしょう。
    世の中には素晴らしい音のケーブルや製品はたくさんあると思いますし、私もむしろ新しもの好きでそういうのを試したいほうなのですけど、実際には耐久性やサポート、そして最も重要な「音楽を楽しみたい時にちゃんと音楽を鳴らしてくれる」という安心感が大切だなと。
    そういう意味では普通のオーディオマニアはもう卒業する時期に来たのかなと感じた体験でしたし、なにより紗羅が気に入ってくれたので良かったなと思います。

    Filed under: Audio
    2017/08/06 12:00 pm | No Comments