• 214月

    PhasetechのUSB-DAC「HD-7A」、しばらくリビングで愛用していていましたが、メイン機材のほうでしっかり聴いてみようかなとという余裕が出てきたので移動、配置してみました。

    接続はDP-70VとはACOUSTIC REVIVEのCOX-1.0 TripleC-FM、iMacとは直接、ACOUSTIC REVIVEのUSB-1.0PLSでUSB接続しました。
    なお、HD-7Aはクリーン電源に接続し、インターコネクトケーブルにはQED Qunex SSを使用しました。

    まずはCDのほうからK2 Processingを入れた状態から試聴を始めます。
    感覚的にはDP-70Vよりはずいぶん現代的なサウンドで、欲を言えばやや平面的で奥行き表現が浅い印象はありますが、「まぁコレもアリかな」という感じではあります。
    K2をオンにすると、リビングで聴いている時には気にならなかった高域に独特のクセが感じられるケースがありますが、うまくハマればCDフォーマットの限界を感じる粗さが解消される一面も感じられます。

    DP-70Vとはセレクタで簡単に切り替えられますから、入れ替わりで聴き比べてみます。
    DP-70Vのほうがなんとなく曲のピッチがゆっくりしたような印象を受けますが、当然、実際のスピードに違いはありません。
    低域の沈み込みはやはりDP-70Vのほうがかなり優位です。
    この点はケーブルやバランス接続なのも違いにつながっていそうですし、ディスクリートDACやその後のアナログ段の作りなども含め、CDフォーマットとしての出音の精度は残念なことにDP-70Vのほうが高いように感じられます。
    あとあと気づいたのですが、どうも私はマルチビット型のDACが好みのようでして、δΣはどうも時間軸や空間表現に滲みがあるように感じてしまうみたいです。

    再度、HD-7Aに戻して聴いてみると、やはり音が平面的になるのがどうしても気になります。
    K2をオフにするとだいぶ厚みは戻りますが、厚さ自体は増すものの、奥行方向の音場自体の精度が高まるわけではない印象です。
    アップサンプリングも色々変更してみますが、88.2kHzあたりまでは低域も厚みがあり、CD的な部分が感じられますが、そこから上になるほど薄くなっていく傾向です。
    セパレーションはやはり新しいだけに良好ですし、爽やかさが感じられるところも良いので、ここまでであれば「音色の違うプレーヤー」という感覚で使い分けできそうかな?と思っていました。

    しかし問題は肝心のUSB接続によるハイレゾ再生でした…。
    Audirvana Plusから24bit/96kHzのハイレゾ音源を再生してみますが、明らかに音抜けが良くありません。
    「音源が悪かったかな?」と思い、CDでも持っている別の音源に変えてみましたが、こちらも音に滲みがある印象です。
    細部に耳を傾ければたしかにハイレゾの情報量の恩恵は感じられるのですが、それぞれの音が空間的な配置を無視して鳴っているようで、全体としての音楽表現に深みが出てきません。
    Sierraを使ってる関係でDirect Modeが使えない、とか、セッティング、ケーブルなど諸条件で改善の余地はあるのかもしれませんが、「ハイレゾは圧倒的じゃないか!」と思わせてくれるかなと期待していただけに正直ガッカリしてしまいました。
    リビングでWindowsノートとfoobar2000を使った時はそこそこイケてる気がしたのですけど…。

    再チャレンジしてみる可能性はありますが、この感覚ならばリビングのほうが圧倒的に音質向上が感じられるし、活躍もしてくれるだろうと思い、リビングに戻すことにしました。
    リビングだとCDP-557ESDとARCAM DELTA BLACKBOX 50の組み合わせとの差も結構ありますし、ARCAMはAirPlay用、HD-7AはCDをK2 Processingで、と使い分けて、音楽を楽しく聴ける環境に一役買ってくれると思います。
    メイン機材のハイレゾ用DAC選びは、じっくり腰を据えて探していくしかなさそうです。

    Filed under: Audio
    2017/04/21 12:00 pm | No Comments
  • 204月

    奥華子さんが5/17に1年半ぶりのニューアルバム「遥か遠くに見えていた今日」をリリースされるそうで。

    収録曲は以下の通りで確定したようです。

    M1. Rainy day
    M2. 恋のはじまり
    M3. 愛という宝物(2016cross fm オフィシャルGREEN キャンペーンソング)
    M4. プロポーズ(「MAST」TVCMソング)
    M5. 彼女
    M6. 365日の花束
    M7. キミの花(TVアニメ「セイレン」オープニングテーマ)
    M8. ほのぼの行こう(ニンテンドー3DS用ソフト「牧場物語 3つの里の大切な友だち」イメージソング)
    M9. 思い出になれ(テレビ朝日「じゅん散歩」16年10月・11月エンディングテーマ)
    M10.最後のキス
    M11.Mail
    M12.アイスクリーム
    M13.スタンプラリー
    M14.遥か遠くに

    こうしてみると、いつものアルバムよりタイアップ曲が多いような…。
    そもそも14曲というのがボリューム満点ですね。
    さらに初回盤はDVDも付いてるので、私はもうだいぶ前にそっちを予約済みです。

    ジャケットは菜の花と青空で爽やかな感じですが、曲はもちろん(?)いつものように濃い失恋ソングもたっぷりかと。
    そもそも1曲目が昔懐かしい「Rainy day」なわけですし。
    そういえば路上ライブは仕方ないとして、フリーライブもコンサートもすっかりご無沙汰しています。
    昔はビナウォークに良く通ってましたし、九段会館やTOKYO FM、MANDALAとか…、考えてみたら相当行ってますね。
    その後は大分だったので行けないかなぁと思いきや、縁のある土地柄だったのでわりと来てくださいましたし。

    今年もツアーが予定されていますが、今の場所だと中途半端なんですよねぇ。
    愛犬もお留守番があまりできませんし、参加は難しそうですが、ニューアルバムを楽しみにしておこうと思います。

    Filed under: 奥華子
    2017/04/20 12:00 pm | No Comments
  • 194月

    HD-7Aの足回りになにか良いものがないかな?と調べた結果、Cardasの「Myrtlewood Block」のLサイズを試してみることにしました。

    素直にチョイスすると、お気に入りのヒッコリーボードになるのですが、HD-7Aはサイズも小さいし、他の木材系のものと比較してみたいというのもあって今回はコレにしました。
    以前からケーブルインシュレーターに使われているのは良く見かけていましたが、正直、見た目はホームセンターのワゴンで売ってる端材みたいですね。

    ただ材木にこだわりがあるようで、名前の通り、マートルウッドというオレゴン州に生えている常緑樹を使ってるんだとか。
    密度が高いのが特徴らしいのですが、正直そんなに重いなぁという感じはありません。
    あまり期待せずに(失礼)、HD-7Aの3点支持の脚に使ってみました。

    リビングでの設置ですが、場所の都合もあって下にあまり結果の思わしくないTAOCボードを使っているにも関わらず、そのクセが全く出なくなったのはちょっと驚きました。
    ヒッコリーほど芯がしっかりする感じではなく、もう少し滑らかさや柔らかさを感じさせる温かみのあるサウンドで、中域に厚みが出ます。
    HD-7A自体がややカッチリしている傾向ですので、そこに厚みが加わりつつ、現代的な解像度もほどほどに保持されるのは好印象です。

    数は6つありますから、残った分をスピーカーケーブルと電源ケーブルで使ってみました。
    切り込みが入ったケーブル用のではないですけど、大きめサイズなので太めのケーブルでもしっかり載せられます。
    まずはQED Genesisから試しましたが、不思議なことに低域の濁りが減り、全体的に音像がクリアになりました。
    クセが全くないわけではなく、やや響きや艶が豊かになる傾向ですが、床の余計な響きがのるよりはずいぶん良くなったように思います。

    調子に乗ってAPL-1もやってみました。
    こっちはできればIECコネクタの取付部を支えたかったんですが、あいにく高さが合いません。
    ですので適当にアンプに近い部分で支えてみただけですが、それでもこのケーブル特有のクセである、低域が過剰に弾む感じが消失して、こちらも驚きです。
    素材が良いのか、はたまたケーブルインシュレーター自体に効果があるのかは確認してませんが、気休め程度でも効果があれば良いのかなと。
    お値段を考えるとあまり広くオススメできるものではありませんけど、工夫次第で色々使えますし、場合によっては同じようなサイズで自作してみるのも良いかもしれません。

    Filed under: Audio
    2017/04/19 12:00 pm | No Comments
  • 184月

    SOULNOTEから10周年記念モデルシリーズの最後を飾るD/Aコンバーター「D-1」が5月上旬に発売予定だそうで。

    お値段は税別29万円で、ES9038PROをデュアルで搭載となかなか意欲的で先端を行く感じのスペックで来てます。
    sd2.0BはPCM1792AでDSDも未対応でしたから、かなり大きく刷新された印象があります。
    ちなみにベースはsd2.0Bではなく、dc1.0を進化させた形なんだとか。
    dc1.0もPCM1792Aデュアルですね。
    なお、今回のD-1は32bit/768kHzまでのPCM、22.6MHzまでのDSDに対応となっています。

    反面、電源部を別筐体にしていたsd2.0Bとは違い、こちらはオーソドックスな1筐体にまとめてあります。
    サイズはW430×H109×D379mmとごく普通ですが、電源部に小さめのコンデンサを大量投入してあるせいもあってか、基板でいっぱいという感じがします。
    筐体の制約からか、基板の配置に工夫をして入れ込んだ感じでシンメトリックじゃないのは、内部基板を見るのが好きな者としてはやや残念かな。

    価格帯としてはこの辺りのDACが少なめですし、最新のDACチップというのもあって結構人気が出そうな気はします。
    私自身、ESSはiBasso DX90のES9018K2Mしか体験したことがないので、一度ちゃんと聴いてみようかなとは思っています。
    実際にはアナログ段のほうが数倍重要で、そこに無帰還アンプを持ってきていることのほうが影響度合いは大きいかもしれないですけどね。

    Filed under: Audio
    2017/04/18 12:00 pm | No Comments
  • 174月

    いつもは私一人の勝手な思い込みで詰めていってるオーディオ機材ですが、弟や父親がしばらく滞在していたので、客観的な意見も聞けたこともあり、それを紹介することでそれぞれの機材の良さや別の視点からの感想になればと思い、記事にしてみることにしました。

    ただし、二人ともAccuphase好き、そしてB&Wを愛用しているので、そこは客観的とは言いがたいですから、あえて避けておきます。
    少しだけ挙げるとすれば父親はAccuphase C-280Lの完成度の高さ、弟はリビング側のオーディオの音の変化に驚いていました。
    リビングについてはB&W Matrix 805を入れたのがおそらくいちばん大きくて、それを自作ラックやC-200L、そして先日導入したPhase TechのHD-7Aなどが固めているおかげでしょう。
    C-280LはC-270V、C-200L、C-222と3台のプリを使い分けている父親からしても「憧れの存在」のようで、実売価格もそれなりに下がってきていることも含め、Accuphaseがあまり好きでない方でもフォノイコライザーなどはオススメできるのではないかと思います。

    さて、いよいよ本題ですが、まず気になってたのはClearaudio Smart Matrix Professionalのようです。
    自身も愛聴盤を持ってきてクリーニングしてあげましたが、私の感想と同じく、汚れが取れることは当然ながら、高域の歪が減って音に透明感が出ることに驚いていました。
    機械そのものもそうですけど、OYAGのクリーニング液の効果が高いのでは?と推測していたようです。
    いろいろ研究好きな父親ですから、「なんとかバキュームする方法がないかなぁ」と考えてみるみたいです。

    続いて、意外な意見だったのが「ケーブルの違いが出ている」という父親の言葉でした。
    正直、父親は機材が良ければケーブルなんてあまり頓着しないタイプ(違い自体は認めている)ですが、C-280LとMatrix 802S2導入でケーブルの違いもより顕著に表現できるようになった、と感じたのでしょう。
    特にトーンアームケーブルについては「とても小さい信号を扱う場所」だからということもあって、PHONO-1.2 TripleC-FMのスゴさを体感していました。

    また、XLRケーブルもCDプレーヤー比較の際に、AccuphaseのALC-10とACOUSTIC REVIVEのXLR-1.0 TripleC-FMをじっくり見比べてみたりしていました。
    父親曰く「コストの面ではAccuphaseが頑張ってる」だそうで、たしかにヘタなケーブルに手を出すくらいなら機器メーカーのケーブルを選ぶのはハズレがないとは思います。
    ただ鮮度の点など、前述のような「違い」を見せつけてくれるほどの違いが出ることもまた体感したようです。

    ACOUSTIC REVIVEのクォーツアンダーボード「RST-38H」については「スピーカーの足元は大事だから」とのこと。
    外して比較試聴するのはさすがにムリでしたが、以前、録音したファイルを聴かせてあって、それを聴いた印象としては「802は低域がややブーミーなのでは?」と感じていたようでした。
    しかし、今回来たタイミングではRST-38Hが導入されていたこともあり、濁りや付帯音がなく、誇張のない音に満足していました。
    反面、これは私が気づいたことですが、802は試聴時の耳の高さにシビアなようで、いつもの椅子でない高さで聴くとかなりバランスが変化します。
    特に高めの椅子がNGでして、それならいっそのこと床に座って聴いたほうがバランスが良いようです。

    それは今後の課題として、弟は「805より大きいからもっと低域が出ても良い」と感じていたようですが、父親の意見は違うようなのも面白かったです。
    私が考えるに、RST-38Hを入れると低域が下(床方向)にではなく、前(直接音)に出てくるのでそれをどう捉えるかで違いがあるのだと思います。

    お次はクリーン電源「PS-500」ですが、DP-75試聴時にクリーン電源の有無、それに電源ケーブルをAccuphase付属とPOWER STANDARD TripleC-FMの組み合わせで試聴してもらいました。
    試聴ディスクの演奏がイマイチ気に入らなかったらしいのですが、クリーン電源を通すと「演奏がちょっと上手くなったように聴こえる」との感想が。
    ヴァイオリンの音色の余韻が美しく伸びやかになるからではないかと思われます。
    電源ケーブルもPOWER STANDARDにしたら、力強さが増し、クリーン電源と電源ケーブルでの違いもしっかり体感したようです。

    反面、否定的だったのはQED Genesisで、「太いケーブルにバナナプラグとか、抜けやすくて良いところがない!」と厳しいご意見でした。
    音自体に否定的なわけではないですが、短すぎるとか固すぎる、抜けやすい、などは本末顛倒という考え方で、たしかに私もそれは一理あると思います。
    その点、ACOUSTIC REVIVEのケーブル類は単線を使ってあったりするものの、取り回しはかなりやりやすいものが多く、その点ではそうした部分への配慮もされていると感じています。

    マグネットフローティングインシュレーター「RMF-1」については「水平がうまく出せるのか?」と心配していました。
    ここも外して比較試聴してもらえば「一聴瞭然」なのですが、実際の出音は以前もちょっと聴いていて、その時とはだいぶ違いを感じていたようです。
    まぁ、カートリッジがAccuphase AC-2になってたのもあるとは思いますが、ここでもトーンアームケーブルと合わせて大きな変化を感じていたみたいです。
    ただ、SAECのトーンアームについては「セッティングが面倒くさくてオレには合わん」と言っておりましたが…。

    最後に番外編で、意外と人気だったのが導通向上クリーナー「ECI-50」です。
    弟がボリュームの接点不良で困っていたLXA-OT1や、DATデッキなどのクリーニングに活躍してくれました。
    また、DP-70Vを接続してるXLR端子はしっかり清掃してたんですが、DP-75をつないだほうはクリーニングがいまひとつだったので、その差もしっかり出ていたようです。

    全般的には「アクセサリにはあんまり興味ない」という父親や弟も、実際に体感してみるとその良さに気づく部分が多かったようです。
    もちろん機材あってのアクセサリですのでバランス感覚も大事ですけど、機会があれば他の方のところや貸し出しなどを活用してみるのも良いかと思います。

    Filed under: Audio
    2017/04/17 12:00 pm | No Comments
  • 164月

    LINNのアナログプレーヤー「LP12」で初期と同じ木枠に4本スリットの入ったRetro-Walnut仕様が再発売されたそうで。

    初期のLP12はこのデザインでしたし、その後も2002年に30周年モデルで限定発売されたそうですが、やはり要望が多くて復活したんだとか。
    お値段は税抜き300,000円で、それだけ聞くと「意外と安いじゃん」となりそうですけど、これはあくまでターンテーブルとモーターだけの基本部分のお値段。
    ですから、全部セットになったエントリーモデルの「MAJIK LP12」では選べず、AKURATEやKLIMAXでチョイスできる選択肢ということになります。
    通常デザインのものとは数万円の違いですが、初期のLP12の価格を知る者としては改良が重ねられているとはいえ、少々お高くなったなぁという感は否めません。
    AKURATEで全体を組むと100万円コース、KLIMAXだと300万円コースですから、mechanicsの差額など知れたものです…。

    それでも今使っているMICRO BL-99Vとは別にもう一台置くとしたら、個性も全然違うLP12かな?とは思います。
    2台あればストレートアームでも気になりませんし。
    ただ1台で買い替えなら、MICRO SXシリーズかなぁ。
    いいかげん、もっと新しいモデルを候補に入れたいところですけど、スピンドルの精度、長年使えそうなもの…となると選択肢は限られるような気がします。
    クリーニングマシーンで使っているClearaudioも悪くはないですが、デザインがかなり奇抜ですし…。

    また、LP12とは関係ありませんが、LINNの「UNIDISK 1.1/2.1/SC」、「AKURATE CD」のピックアップ交換を今後はスコットランドで実施することになったんだとか。
    ピックアップの在庫が少なくなってることが原因なのでしょうけど、この問題はどうやら他メーカーも含めて大問題に発展しそうな気がします。
    CD登場とともに過去のものになったと思われていたレコードはまだまだ問題なく再生できる環境が整っているのに、CDやSACDのほうが再生するプレーヤーがないという問題に直面しそうというのも皮肉なものです。

    LINNとしてはすでに光学メディアプレーヤーは出してないですし、自社で配信をやったりEXAKTを手がけたりしてるわけですから、そういう意味では「いつまで光学メディアを使うつもり?」という思いもあるのかもしれませんけどね。

    Filed under: Audio
    2017/04/16 12:00 pm | No Comments
  • 154月

    父親もどうにかだいぶ回復したので、少しずつオーディオ関連を再開していこうかなと。
    #それ以外のネタも書きたいのですが、最近あんまり気になるものが出ないんですよねぇ。

    そんな父親がDATにダビングしたいとDTC-59ESといっしょにAccuphase DP-75を持ってきて、なぜかそのまま置いていきました。
    DP-70Vと聴き比べてみろ、という意味合いなのかな?
    ただ、内部が汚れてるかも!?と気にしていたようだったので、清掃がてら開けてみることに。

    結果的にはさほどゴミは入っておらず、髪の毛が数本と綿埃などがちょっと、といった程度でした。
    以前、ピックアップが読みづらくなってた時も髪が入ってたので、それで気にしてたのでしょうね。
    幸い、この個体はまだピックアップは問題ないですが、オープンボタンの効きがやや悪くなっています。

    私が愛用しているDP-70Vはディスクリート構成のDACですが、こちらのDP-75はPC1702を16個も使うという暴挙をやらかしてあります。
    DC-91が数の上では32個とさらに上回っていますが、DACチップはPCM63Pなので世代的にはDP-75も一体型としては大規模な構成といえるでしょう。
    素子などもなかなか豪勢な感じですが、欠点はピックアップが払拭していて、ここが壊れるとメーカー修理ができないところでしょうか。

    ちなみに聴き比べてみましたが、DP-70Vはとにかく必死にCDのスペックを引き出そうとする感じで、音がやや硬めです。
    その点、DP-75は堂々とした音の厚みを持ちつつ、滑らかさを伴っていて、CDの欠点を補う余裕が感じられます。
    DP-70Vのほうがある意味、Accuphaseらしい作りですが音傾向はトランスポートのソニーの音色から抜け切れていないところがあるかもしれませんね。
    その後のモデルにはDP-75に勝るものも少なくないと思いますが、残念なことにピックアップの問題は以後の機種にも影響を与えています。
    すでに修理不可なモデルも多いですし、現状はできるものでも将来的な心配はありそうです。
    むしろDP-70Vのほうがまだ修理できる、というのも皮肉なものです。

    おそらく次に立ち寄った時には持って帰るでしょうから、HD-7Aをセッティングしてみて対決させてみたり、トランスポートとしての比較などもそれまでにやれたらなと思っています。

    Filed under: Audio
    2017/04/15 12:00 pm | No Comments
  • 144月

    Shelterのヘッドシェル「Model 1011L」をだいぶ前に注文しておいたのですが、品切れだったようでようやく届きました。
    当初は1ケ月半くらいかかると言われて驚きましたが、結果的には20日ほどで届きました。

    1011には穴の開いてないタイプもありますが、今回導入したのは軽量タイプで真ん中に穴があけられている1011Lです。
    この穴のおかげで同じアルミ合金製ながら9.3gとかなり軽くなっています。
    穴なしの1011もリード線と指掛けを入れて11gですから、わりと軽いほうですね。

    もう一つの特徴は指掛け部分が分離できる板状になっている点で、ここに貫通穴とM2.6のタップ穴が用意されています。
    カートリッジにネジが切ってる場合は貫通穴のほうでもタップ穴のほうでもOKですし、今回装着したAccuphase AC-2のようにネジが切ってないカートリッジでもナットを使わずに指掛けで留めることができます。

    わりと薄めの板なのでこれだけで支えるのとナットで留めるのでは違いも出てきそうですが、せっかく軽量タイプを選んだことですし、なるべく軽く仕上げるべく指掛けで固定することにしました。
    なお、ビスもステンレスっぽいですが、6/8/10/12/15/18mmの6種類が各2本、M2.6ナットも色違いで2個付属していて、なかなか親切です。
    さらに、カートリッジにネジが切ってあるか、ナットを使うのであれば、指掛けなしというストイックな使い方も可能です。

    ひとまず付属のリード線とビスで装着して聴いてみました。
    これまでは急遽ピンチヒッターで割り当てたオーディオテクニカのを使っていましたが、それに比べてスピード感のある現代的な色合いのサウンドだと感じます。
    意外とオーディオテクニカもクセがなくてAC-2にマッチしていましたが、それに比較的類似した傾向でありつつ、よりワイドレンジで濁りの少ないものになりました。

    より軽量になったことでSAEC WE-407/23にミドルマスウェイトを装着した場合、ちょうどおいしい真ん中あたりを使える形になったこともあり、トーンアームの良さをうまく引き出せているという側面もありそうです。
    また、トレース性能がなぜか向上していて、内周歪みが減っているのも軽量化が効いているのでしょうか。
    余計な響きが乗らないのも良い方向に働いているのかもしれません。
    穴開きなので強度不足を心配しましたが、共振は少なく剛性もあり、内部損失もしっかりあるようです。
    指掛け部も固定強度は高くないでしょうが、カートリッジ、シェル、それに指掛け部が組み合わさることで、それぞれの素材で共振が抑えられている気がします。

    ただ、最低域の伸びがあと一歩だと感じ、リード線はIKEDAのISL-1に交換してみました。
    重さはほんの少し増えましたが、低域の伸びはスマホで簡易に計測してみてもハッキリわかるほどです。
    付属リード線でも30Hzくらいまでは変化ありませんが、その下が伸びてきます。
    単に周波数特性のみならず重厚さも出ましたが、やや大人しくなった部分も多少あります。
    コストを考えれば付属リード線でも十分かな?という気もしますし、リード線交換時にECI-50を使った効果も出ているかもしれません。

    総合的にはオーディオテクニカのAT-LT13aも善戦してたような印象もありますが、あっちはビスにチタンを使ってたので、その効果もあった可能性が…。
    残りのビスにはちょうど良い長さのがなかったので、今度探して交換してみようかな。
    ただ前述のように軽量でありつつ強度も確保できているという点では、なかなかおススメできるヘッドシェルだと思います。
    入手性がいまひとつなのと、納期には注意が必要ですけどね。

    Filed under: Audio
    2017/04/14 12:00 pm | No Comments