• 166月

    アイコールからレコード吸着スタビライザー「VACUUM DISC MATE IQ1300A」が9月に発売予定だそうで。

    昔、オーディオテクニカから出ていたディスクスタビライザー「AT666」や「AT665」などに似た感じの仕組みですが、ポンプをつなぐ場所がターンテーブルシート横ではなく、シートの上に載せたスタビライザーの上部というのが違いですね。
    横だとどうしても回転ムラが生じやすいでしょうし、スタビライザーとシートを一体化する役割も果たしてくれるのでしょう。
    AT665はセンター吸引式だったようですけど、これもスタビライザー経由ではなく、プレーヤーのスピンドルの上に被せて空気を抜く感じですね。

    ちなみにターンテーブルシートはマグネシウム製だそうで、オーディオテクニカのほうは型番で素材やポンプ(手動のも多い)が違った記憶がありますが、YAMAHAのYDS-1は真鍮だったようです。
    価格はIQ1300Aが70,000円だそうで、YDS-1が当時6万だったことを考えればそこそこ良心的(?)と言えるかも。
    オーディオテクニカのは2万から4万円くらいだったようです。

    なお、IQ3100Aはポンプが電動に見えますが、さすがにレコード回転中はスタビライザーからチューブを外さないとダメでしょうから、再生中は吸着の状態をそのまま保持する形です。
    うちのレコードプレーヤーもバキュームが付いてますが、これは常時吸引している形で、反りが強いものなどは浮き上がってきたりしなくて安心なんですが、バキュームポンプの動作音がそれなりにうるさいんですよね。
    そういう意味ではIQ3100Aの方式は便利だと思いますし、なによりほぼどんなプレーヤーにも対応できるのが魅力でしょう。

    ちなみにバキュームの効果については一長一短あるとは思いますが、一度使い始めると微妙に反った盤でカートリッジがフラフラしているのを見ただけで怖くなってしまい、手放せなくなります。
    実際、カートリッジの負荷も減るでしょうし、低域の再現性は高まるように思います。
    この手のもので必ず謳われているレコード盤の重量が実質増した効果というのも確かにあります。
    反面、使い慣れたターンテーブルシートは間に挟めなくなりますし、金属面に直に接する形になるのでその音が乗りやすいという欠点はあります。
    ただIQ3100Aはマグネシウムなので響きにくいでしょうし、プラッターに載せて使うので下に別のターンテーブルシートを挟むことが可能なのは良いですね。

    うちのバキュームもシリコンの劣化などでだいぶ吸着力が落ちてきてますし、ポンプもいつまで動作してくれるか分かりませんから、そういう事態になったら導入しても面白いかも。
    もちろんIQ3100Aも同様の事態が将来発生する可能性は高いわけで、そこはアイコールさんのサポートに期待したいところです。

    Filed under: Audio
    2017/06/16 12:00 pm | No Comments
  • 156月

    ELECOMのBluetoothレシーバ「LBT-PHP150」をゲットしてみました。

    ご承知の通り、iPhone 7シリーズからヘッドフォン端子がなくなったせいで、TwitterやYouTubeなどでちょっと動画の音声を聴いてみたいといった時にかなり面倒になってしまいました。
    Lightning-3.5mmアダプタは標準で付属しますが、いつも持ち歩いているわけではないですし、これを挿していると充電できないという難点もあります。
    そこでBluetoothのワイヤレスイヤフォンやヘッドセットなどもいくつか買ってみたのですが、どうも音質や通話の声の通りが良くないなど、使えるものに行き当たらないままでした。
    そうこうしているうちにiPhoneで音楽を聴くこともすっかりなくなって、チェックしたい時にはDAPやMacBook Proで…といった具合になっていました。

    そんなこんなで半ば諦め半分だったのですが、紗羅のiPhone 6 Plusも次モデルでは機種変更する可能性大ですし、さすがになにか考えなくちゃなぁと思い、Lightningケーブルを買うついでに処分価格になっていたBluetoothレシーバーを買ってみた、というわけです。
    前置きがすっかり長くなりましたが、結果からいうとこれがかなりの大正解でした。
    イヤフォンも付属しますが、失礼ながらコレは全く使わず、手持ちのイヤフォンを使っていますが、期待よりも音質も良く、普通のインピーダンスのイヤフォンなら十分な音量も確保できます。

    AAC対応だから…というのもあるかもしれませんが、これまでの経験ではコーデックでは音質は決まらない印象なので、アンプ部でそれなりの品質が確保されているおかげではないかと。
    40mW+40mWとパワーもそこそこですし、SBCにも対応してるのでワンセグなどにも幅広く利用できます。
    レシーバーにはマイクも付いていますから、マイクのないイヤフォンでも通話も可能です。

    やや難点とすれば充電方式でしょう。
    ヘッドセットなどではmicroUSBで充電するタイプが多いと思いますが、これはなぜか昔のiPod shuffleのようにミニプラグからUSBにつなぐケーブルが付属していて、これで充電する形です。
    このケーブルを持っていないと充電できないですし、当然ながら充電中は音楽を聴いたり、通話をすることはできません。
    充電時間も約2時間と決して短くはないですし、連続再生時間もAACで最大約7時間、通話も同じく約7時間とあまり長くありません。
    どちらかと言うと通話用というよりもワイヤレスのポタアンみたいな感覚で使うのがベストでしょうね。
    なお、待受時間は約200時間ですからそういう意味ではヘッドセットとしての性能も高いのですが、イヤフォンを挿しておかないといけないわけで、その点も音楽再生のほうに重きを置いて考えておいたほうが良いかなと思う点です。

    ただ発売当初もかなりの格安ですし、実売価格はとても安くなっていますから、その点では気軽に試せますね。
    ハイレゾ対応とかに興味がないのであれば、iPhone 7シリーズの「ヘッドフォン端子」として、かなりオススメできる選択肢になるかと思います。

    Filed under: Smartphone
    2017/06/15 12:00 pm | No Comments
  • 146月

    今年もフジヤエービックさん主催のイベント「ポタ研2017夏」が7/8に開催されるそうで。

    場所はこれまで通りの中野サンプラザで、10:30-17:00の開催とのこと。
    ちなみにちょっと前に解体のニュースが流れた中野サンプラザですが、あえてプレスリリースにも「少なくとも2022年度までは現在の建屋の存続が決定しています」と書いてありました。
    まだまだはるか先の話で、あのニュースで惑わされる人が多かったのでしょうね。

    開催規模もテンプレのように「40以上の企業・団体様による130ブランド程度の製品展示を予定」となっていて、ほぼ同じくらいになるようです。
    会場が変わらないからキャパの問題もあるでしょうし、ポータブルオーディオ界も高価格化とコスパ優先派に二分化されてきつつあって、新規参入しやすい市場ではなくなってきつつあるのかも。
    とりわけDAPについてはSONYがなんとか頑張っているものの、他の国産勢は苦戦している印象が拭えません。
    Androidベースのほうが開発しやすいのでしょうけど、その路線では小回りの効く海外勢にはなかなか対抗しづらいのでしょうねぇ。
    最近はカセットテープ人気も再燃してるようですし、いっそのことウォークマン復活とか?(それもソニーか…。

    冗談(?)はともかく。ラズパイオーディオも取り上げられているようで、据え置きも含めてこっちが伸びてくるんでしょうか。
    使ってみてもいないのに語るべきではないと思いますが、「ラズパイでなくてはならない」という部分がどの程度訴求できるか、でしょう。
    これもAndroidと同じで、小回りの効く海外勢には…。(以下、略。
    ただMVNO辺りと組んで、SpotifyやTidal(Apple Musicは組めそうもないから除外)専用ポータブルネットワークプレーヤーなんてのが出たら、それはそれで面白そうです。

    ポタ研からだいぶ話が逸れてしまいましたが、今回はジャンク市も開催されるとのこと。
    もちろん中古などの物販もされるようですし、新製品や試作機もたくさん登場しそうですから、お近くのポタ勢の方は立ち寄ってみる価値はありそうですね。
    来訪者にはgrooversのハイレゾ音源1曲ダウンロードチケットも配られる予定だそうです。

    Filed under: Audio
    2017/06/14 12:00 pm | No Comments
  • 136月

    SACDを含め音楽ソフトを大量にいただいてDP-77も導入したわけですが、それもまだあんまり聴けていないというのに地味にSACDソフトを追加してしまっています。

    出かけた時に中古を眺めていてもやっぱりついついSACDがないかなぁと探してしまうんですよね。
    ちょうど良い具合(?)にSACDを多めに置いてあるお店があって、そこに行くとちょっとしたSACDコーナーもあるし、普通の棚にもハイブリッド盤が混じってたりします。
    そこではT-SQUAREの「宝曲」をゲットです。
    他にもT-SQUAREのアルバムは結構ありましたが、相場と知ってる曲が多いのでコレを選びました。
    チラッとリビングでも聴きましたがスクウェアはやっぱりメイン機材のほうが合いますね。
    SACD層との違いはそれほど顕著ではないかなぁという気もしましたが。

    また、ちょっとしたポイントが入ったりすると、これがまたディスクを買うのにちょうど良いくらいの分量なんですよね。
    Amazonではポリーニの「ショパン ピアノ協奏曲第1番」があったので、これを入手しておきました。
    このLEGENDARYシリーズはアビーロードスタジオで24bit/96kHzでリマスターしたものだとか。
    SACDならDSDか、もうちょい上位のフォーマットで…という気もしないではありませんが、マスターテープの状態もそもそも良いとは言えないようですし、DP-77だって内部はPCM処理だし、そこはこだわっても仕方ないかなと。
    これはまだCD層しか聴いてませんが、それでも初々しいポリーニの演奏が楽しめるだけで価値があります。

    そしてヨドバシのポイントはジョン・ウィリアムズのアランフェス協奏曲を。
    父が好きなので父の日のプレゼントに良いかな?と思ってたんですが、コレってステレオとマルチチャンネルのSACDデュアルレイヤーだったんですね。
    SACDプレーヤーを持ってない父にプレゼントしたら、嫌味以外の何物でもありません…。(苦笑)
    アランフェス協奏曲自体はレコードもCDも持っていますが、これは演奏自体も新しくDSDマスタリングされています。
    ジョン・ウィリアムズのギターも円熟味を増していて、レコードとはまた違った魅力があります。

    SACDだけではなくレコードも地味に追加してます。
    TwitterのTLでPaul Simonの「時の流れに」を拝見して懐かしいなぁと、思わず検索して入手しました。
    あまりお値段に差もなかったのでUS盤をゲットしましたが、レーベルがちょっとズレてるあたりは相変わらずだなぁと思いつつも、音傾向はやはり国産盤よりも良さそうです。
    後ろに飯島真理さんも隠れてますが、こちらは発売当時、CDで買った記憶が。
    FMレコパルで良く取り上げられていたこともあり、オーディオマニアには当時からファンが多かったように思います。
    私は「スプーンおばさん」がきっかけでしたけどね。

    ソフトに手を出すことが増えたのは機材が一段落したというのもあるでしょう。
    本来、オーディオは音楽を聴くためにあるわけで、その意味では良い流れかなと思います。
    そう言いながら、また何かしら機材に手を出してる可能性大ですけれど…。

    Filed under: Music
    2017/06/13 12:00 pm | No Comments
  • 126月

    cheeroのLightningケーブルが断線したのは先日書きましたが、これまでの経験を活かして今度こそ頑丈なものをと、ELECOMのLightningケーブルを追加購入しておきました。

    購入したのはLogitecブランドの「LHC-UAL12CDR」と「LHC-UALF12GD」です。
    純正ケーブルも結構数があるので、前者はとりあえず予備にして、LHC-UALF12GDをcheero代わりに導入です。

    きしめんフラットタイプのケーブルが特徴的ですが、アルミコネクタも高級感があって良いですね。
    オーディオケーブルでもそうですが、モールドタイプって頑丈そうに見えてわりとすぐに断線しがちなイメージがあります。
    扱い方が違ってくるからか、それともモールドの熱収縮で内部のケーブルに負荷がかかるからかなぁ。

    金メッキピンにもなっていますし、コネクタ部分もわりとコンパクトで扱いやすいです。
    フラットケーブルはまだ折りグセも付いたままなので、取り回しが良いとも言えませんが、導体はおそらく普通のものよりも太いんじゃないかという気がします。

    予備で開けてもいないLHC-UAL12CDRのほうはシンプルなタイプで、コネクタ部分がちょっと大きいのでお値段もわけあり価格になっていて数本買っておいても良いくらいです。
    ちなみに前者もわけあり価格で、しかも送料無料なのでいっしょに買うとお得感アップでオススメです。

    Filed under: Smartphone
    2017/06/12 12:00 pm | No Comments
  • 116月

    Appleから発表されたSiri対応スマートスピーカー「HomePod」ですが、パッと見はAmazon Echoと大して変わらないかなと思っていました。
    ただ徐々にもうちょっと斬新な製品で、「オーディオを再発明」する可能性もあるのではないか、という気がしてきて紹介してみることにしました。

    最大のポイントは1台だけでなく、2台を連動させることも想定しているということを知った点です。
    HomePodは周囲に7つのビームフォーミングトゥイーターアレイを搭載していて、マイクも6個積んで、A8チップでルームアコースティック計測したり、ビームフォーミングの演算やエコーキャンセリング、音楽を再生中でも支障なくSiriを動作させたりするようですが、やはり一台では限界もあるし、どうしても「やり過ぎ感」を演出しがちになってしまって自然な音表現にならないケースもあるでしょう。
    その点、2台使えれば基本的には普通のステレオスピーカーのような挙動をしつつ、部屋や配置による乱れをうまく補正してくれる可能性があるのかなと。
    2台以上というのが単にマルチルームを想定しているだけ、という可能性もあるかもしれませんが…。

    そもそもワイヤレスなのでHi-Fi用途としては過度な期待はできませんけど、LINNのExaktをはじめとして、民生機もDSPを使った補正が積極的に受け入れられるようになるきっかけになる可能性は高いのかも。
    もちろんAVアンプなどでは以前からやっていたわけで、そういう意味では今さら…と感じる方も多いのかもしれませんが、音声のみの世界ではまだまだ一般的ではないですからね。

    もうひとつはVRに関してもAppleは注力しようとし始めているようで、これとの相性も良いのではないかと感じる点です。
    VRが組み合わさるともうピュアオーディオではなくなってしまいますけど、センサとして聴取者の位置や頭の動きを検知してビームフォーミングに反映させると、より臨場感のある音響再現ができるような気もします。

    また、BluetoothではなくWi-Fiを使っている点も個人的には歓迎です。
    「AirPlay 2」も発表されていて、こちらも現時点ではマルチルーム対応を謳っているだけですが、ハイレゾ対応の期待もちょっぴりあります。
    iOS 11ではFLACがサポートされるのでは?という噂もありますし。

    とはいっても、Appleの配信自体がまだAACなわけで、まずはロスレス配信だけでもやってくれると嬉しいのですが…。
    そんなわけでHomePod自体がオーディオに革命をもたらす、とまでは正直いかない気もしますが、ひとつの転機になりそうなエポックメイキングな製品とはなりそうな予感がします。

    Filed under: Audio
    2017/06/11 12:00 pm | No Comments
  • 116月

    DALIから新しいスピーカー「SPEKTOR」シリーズが7月以降に発売予定だそうで。
    国内では以下の3モデルが投入されるようです。

    ・SPEKTOR6 : フロア型(48,000円/1pair)
    ・SPEKTOR1 : ブックシェルフ(32,000円/1pair)
    ・SPEKTOR VOKAL : センター(31,000円)

    海外ではユニットを少し大きくしたブックシェルフ「SPEKTOR2」がありますが、価格的にすぐ上にフロア型があるせいか割愛されたようです。(のちのち入ってくる可能性もありますが。)
    それにしても価格破壊的にお安い価格設定に驚きます。
    ZENSORもかなり安かったですけど、それを上回る(下回る?)価格ですね。

    特にフロア型のSPEKTOR6はスタンドも不要なわけで、16.5cmのパルプと木の繊維を混合した「ウッドファイバー・コーン」ウーファーを2基、そしてシルク繊維をベースにした25mmシルクドーム・トゥイーターと、なかなか立派な出で立ちです。
    重量はさすがに13.8kgと軽めではありますが、高さも97cmほどあって幅は逆に19.5cmと狭いので設置しやすそうです。
    駆動しやすいアンプ・フレンドリーな設計らしいですし、これからスピーカーでオーディオを始めたい方にはブックシェルフよりもむしろこちらのほうがオススメかな。

    ブックシェルフのSPEKTOR1はウーファーも115mmとだいぶ小さくなってしまうのと、スタンドも必要になってくるでしょうから、この価格差だとフロアスタンディングにしておいたほうが良いかも。
    もちろんニアフィールドリスニングとかホームシアター構築用などではコンパクトさが有効かもしれませんが。

    どちらもおそらく製造は中国だと思いますが、それにしても良くこの価格で出せるものです。
    他のメーカー、特に日本のオーディオブランドはまた苦労させられそうですねぇ。
    あとは実際の音がZENSORと比べてどの程度に仕上がってるのかが気になるところです。
    実質的にいちばんのライバルはDALI自身になるでしょうからね。

    Filed under: Audio
    2017/06/11 12:00 pm | No Comments
  • 106月

    昨年末に購入したcheeroのLightningケーブル「Standard Lightning Cable Charge & Sync 100cm」ですが、iPhone接続後、切断と接続を繰り返すようになって使えなくなりました。

    購入からわずか5ヶ月で断線というのは、これまで使ってきたLightningケーブルでも最短です。
    純正ケーブルが弱いのは周知の事実ですが、それでもここまで早く壊れるようなことはないですねぇ。

    症状としては、iPhone接続後、切断と接続を繰り返す(iPhoneが振動するから気づく程度の短時間)ようになりました。
    最初はまだLightningコネクタを裏向きに挿すと起こらなかったりしていましたが、見た目にも断線しかけてるのが分かるようになり、サポートに連絡しました。
    ちなみに、Apple純正ケーブルに交換したところ、症状は当然ながら発生しません。

    そんなに手荒に扱っているつもりはないのですが、コネクタ手前の部分が明らかに傷んでいます。
    そういえば、届いた時に書いたレビューにも「ケーブルの折り曲げたところが凹んでたり」と書いていたので、そもそも被膜が見た目よりも弱く、導体も細いんでしょうねぇ。
    過去にAmazonベーシックの初期モデルも10ヶ月で断線していますが、その半分の期間での断線はさすがに…。

    購入履歴からAmazonのページを見てみたところ、1年保証と書かれていたので、メーカーサポートに問い合わせしておきました。
    翌日返事が届きましたが、すでに「廃盤商品」(メール記載のまま)だそうで、「代替えの商品をご準備することができかね」るとのこと。
    cheero自体には今もLightningケーブルがあるわけですから、代替品は用意できそうな気もしますけどねぇ。

    また、着払いにて返送後、全額返金とのことですが、なぜかAmazonを通しての返金処理となるようで、Amazon購入時の支払い方法がクレジットカードの場合はカード経由での返金、それ以外だとAmazonギフト券での返金だそうです。
    うちはクレジット決済だったのでそれほど不満はありませんが、Amazonとの商取引としての「返品」は1ヶ月以内だったはずで、保証期間中の対応はメーカー側で処理すべきなのでは?と感じます。
    そもそも安易に「金返せば良いんでしょ!」という姿勢はいかがなものかと思います。
    Webサイトに「作りたいのは“いいもの”。使うと嬉しくなって、それでいて安全なもの」と謳っているわりに、実際の対応はとても安全とは言えないし、物を大切にする心が欠けているようにしか思えません。

    また、返送方法についても「もしお近くに佐川急便がございましたら、佐川急便で返送をしていただけます方が、スムーズに対応ができます」との記載がありました。
    会社側の都合もあろうかと思いますが、正直、返送するだけでも非常に手間がかかります。
    佐川急便まで持って行く気分にはとてもなれませんでしたから、結局、ヤマト運輸さんで返送しました。

    なんとも愚痴っぽい内容の記事になりましたが、cheeroはモバイルバッテリーなどでも有名で(私も含めて)愛用されていらっしゃる方も多いと思います。
    ケーブルも火災のおそれがありますが、モバイルバッテリーはさらに危険性の高いものです。
    そのサポートがこの対応だと、年数が経ってきた時にちょっと怖いなと感じたこともあり、あえて苦言を呈しておこうと思った次第です。

    ちなみに、オススメのLightningケーブルはLogitecさんのもので、「LHC-UAL10WH」は2014年12月に購入して今でも現役として、全く問題なく使えています。
    今回の件もあり、Logitecさんのケーブルは2種類違うタイプのを注文しておきました。
    もちろん同じメーカーや同一型番でもロットや使い方などで差があるとは思いますが、今回の件に限らず、製品の機能面や目新しさ以上に、耐久性や不具合発生時の対応についてはメーカーによって大きな差があるように感じています。
    まずは壊れないのがベストですが、その後のサポートがしっかりできるところは耐久性もちゃんと重要視しているような気がして、これからはなるべくそうしたメーカーを応援したいなと思っています。

    Filed under: Smartphone
    2017/06/10 12:00 pm | No Comments