• 165月

    iPhoneで有名なアクションパズルゲーム「Angry Birds」がHTML5でブラウザ上で遊べるというのを見つけ、早速試してみました。

    HDバージョンのほうはMacのChrome dev版では画面が出ないので、SDのほうで遊んでみました。
    画面が小さいとはいえ、快適に遊べます。
    クリアしたステージもちゃんとブラウザに記憶されるので、ちょっとずつ進めていけるのも良いですね。

    しかし、それ以上にこのゲーム、良く出来てます。
    HTML5を試してみるだけのつもりが、すっかりゲームのほうにハマってしまいました。
    ということで、iPhone版もFree Angry Birds Free - Rovio Mobile Ltd.で遊んでみたものの、それはあっさりクリアしてしまったので、有料版 Angry Birds - Clickgamer.comを購入です。

    iPhoneだとHTML5と比べても画面がやや狭く感じますが、完成度の高さは同じです。
    ただ、微妙な感じの日本語化がちょっとイマイチかなぁ。

    そうこうしているとMac版 Angry Birds - Rovio Mobile Ltd.も見つけちゃいました。
    こちらはお値段がちょっと高めですが、ハマったついでに…。

    iMacのフルスクリーンで遊んでも、やっぱり楽しいです。
    できれば、これらのクリアデータが共有できると良いのですが…。
    Game CenterがMacでも使えると良いのですけどね。

    3つのプラットフォーム、どれがオススメかと言われれば、やっぱり最初は無料のHTML5版かな。
    ハマったらいつでもどこでもやりたくなると思うので、次はiPhone版に行くのが良いのではないかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2011/05/16 12:00 pm | Angry Birdsにハマる はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.