• 185月

    SimplismのMacBook Pro用スリーブケース「Book Sleeve Pro」の出物を見つけたのでゲットしてみました。

    MacBook Proを導入したものの、ケースはとりあえずという感じでダイソーのを使っていたのでソレよりは良いだろうと。
    正直、SimplismはiPhoneケースであんまり良いイメージはなかったんですけどね。

    喜び勇んでゲットしてきたので大きさをちゃんと確認しませんでしたが、どうやら15インチ用ウォームグレーのケースだったようです。
    うちのは13inchですが、15inchが入らなかったという評価も見かけましたし、ACアダプタやポータブルHDDなども入れる可能性があることを考えると「大は小を兼ねる」でちょうど良かったかも。

    レザーっぽい感じですが実際は合皮ですし、ゴム止めは本体だけだと緩いあたりはSimplismだなぁと。
    ただ、内部にはポケットやペンホルダーもあり、A4の書類も入るので使い勝手は良さそうです。
    鞄なしでも持ち歩ける…とありましたが、持ち手がないですし、あのゴム止めでは怖くて持ち歩けませんけどね…。

    ダイソーのソフトケースがもうちょっと小さければ、それに入れた状態で収納することもできるかも。
    まぁポータブルHDDを入れない場合は中身はSSDですし、液晶の保護という点ではソフトケースのほうが良いくらいかもしれませんが、なんとなくMacユーザーらしい雰囲気になったし、良い買い物だったでしょう。


    (マーケットプレイスはキケンな出品が多くなっていますので、ご注意ください。)

    Filed under: Mac
    2017/05/18 12:00 pm | No Comments
  • 175月

    macOS Sierraが10.12.5に更新されていたので、ひとまずiMacをアップデートしておきました。

    物騒なウィルスで大変なことになってるWindowsですが、Macのほうは幸いターゲットにならずに済んでいます。
    ただ、脆弱性は結構見つかっていて、今回のアップデートでもSafariも含めてセキュリティ部分の更新もかなりたくさん含まれています。
    それ以外ではBoot Camp時のWindows 10 Creators Updateのメディアフリーインストールのサポートや、USBヘッドフォンで音が途切れることがある点が修正されたとのこと。
    オーディオに関してはDirect Mode対応が復活してくれると最高なんですが、残念ながらそれは叶わなかったようです…。

    また、「将来的な“Mac App Store”のアップデートに備えた互換性の強化」だそうですが、これは別のCPU(ARM系?)を積んだMacが出る可能性を示唆してるのかな?
    今さら64bitのみ対応とかではないでしょうし…。
    他社製アプリからのiCloudアクセスに2段階認証が必須になるというも出ているので、そうしたセキュリティ強化に対応するため、かもしれませんけどね。

    iMacの更新は特に大きな問題もなく、すんなり終わりました。
    iOS 10.3.2のほうはiPhone 7を新しくしたiTunesでやりましたが、なぜか初回はインストール開始前にエラーが。
    再度、USBでつなぎ直したら問題なく終わりましたけど、こういう面も含めてなるべくならOTAよりiTunes経由のほうが安心かな。

    iOS 10.3.2のほうは特に目新しい機能強化はなく、バグ修正とセキュリティ改善のようです。
    同様にwatchOS 3.2.2、tvOS 10.2.1も出ていて、我が家では結構な台数をアップデートしなくては…。
    もうちょい楽しい項目があると良いのですけど、最近はOSが無料ですし、大きなトラブルもなくセキュリティ対処もそこそこ迅速にやってくれるのはありがたいことだと思うべきでしょう。

    Filed under: Mac
    2017/05/17 12:00 pm | No Comments
  • 155月

    BUFFALOのHDDアンマウントが再発したので、これはもうキケンだと判断して、IO-DATAのポータブルHDD「EC-PHU3W2D」を注文しました。

    候補としては随分前に決めてあったのですが、MacBook ProのMIGHTY DOCK C1の納期がまだまだかかる(6月初旬だとか)ようなので保留してあったんですよね。
    ただLightroomとも関係なく症状が発生しましたし、バックアップの意味合いで動態保存しておくほうが良いでしょうから、ここらが潮時かなと。
    当面はiMacにつないでおく予定ですし。

    注文してから最新の状態で4TBのHDDのほうにバックアップも取りましたが、終わった頃にはもう届いちゃいました。
    サイズは思ってたよりは一回り大きい感じです。

    評判ではmicroUSB3.0の端子部分が弱いらしいですが、いざとなれば中身を抜いて別のケースに移せばなんとかなるでしょう。
    肝心の内蔵ドライブですが、DriveDxで調べてみるとTOSHIBAのMQ03ABB200でしたからアタリかな。
    当初はNTFSでフォーマットされていたので、exFATも考えましたがMacで使うことのほうが多いのでMac OS拡張で。
    速度はUSB2.0から3.0になった効果はあるものの、2.5inchで5400rpmのドライブですから、それほど高速というわけでもありません。
    むしろ気になるのは付属ケーブルが50cmほどと短いので、iMacの背面USB端子につなぐのがちょっと不便かな。
    端子部分の強度の心配もありますが、もうちょっと長めのケーブルも持っておいたほうが良いかなと思ってるところです。
    USB3.0のハブを足すという手段もありますから、その辺りはのんびり決めようと思います。


    (マーケットプレイスはキケンな出品が多くなっていますので、ご注意ください。)

    Filed under: Mac
    2017/05/15 12:00 pm | No Comments
  • 105月

    iMacにつないであるBUFFALOの外付けHDD「HD-AV2.0TU2/AJ」がどうもたまに不調に陥るようになりました。

    症状としては突然、マウント、アンマウントを繰り返してしまうというものです。
    いつも起きるわけではなく、どうも雰囲気的にはLightroom現像後に起こるような気がするのですが、現像対象の画像ファイルはこのドライブにはなく、もう一台の4TBの外付けHDDに入ってるんですけどねぇ。
    そこから選別した画像ファイルをブログアップ用フォルダ(これは該当HDD内にある)にコピーする時に起こるのかなぁ。
    ちなみに物理的にアンマウントしたりしても治らず、OSを再起動すると症状はパタリと収まります。

    なんとなくOSの問題のような気もしないではないのですが、これが起こると再起動を余儀なくされますし、HDDの内容が破損する恐れも高いので、そろそろ見直したほうが良いのかなと。
    そもそもUSB2.0で遅いですが、静音性が高いのは良いのですけどねぇ。
    容量は2TBですし、実際には半分をTimeMachine用にしてある状態ですから、MacBook Proで使うことや静音性を維持する点から考えると、ポータブルにするのが良いかもしれません。
    容量は1TBか2TBくらいで十分ですし。
    そもそも、もう一台の4TBのほうはまだ半分くらい空いてますし、まとめればそっちに格納できるんですが、一台にまとめとくと壊れた時が危ないですからね。

    ただ問題はMacBook ProのDockの納品時期が分からないので、現状だとそのまま繋げない点です。
    ケーブルを調達する手もありますが、それも結構コストがかかりますしねぇ。
    ドックの納期が分かるまではそのまま様子見して、念のため、重要なファイルは4TBのほうに二重化しておこうかなと思います。


    (マーケットプレイスはキケンな出品が多くなっていますので、ご注意ください。)

    Filed under: Mac
    2017/05/10 12:00 pm | No Comments
  • 085月

    先日から検討していたMacBookですが、ちょうど良いタイミングで整備済製品が出ていたこともあって早々に入手してしまいました。

    整備済みの白い箱は相変わらずですが、かえってチェックが行き届いてる(?)と考えれば安心感もあります。
    保証も普通の購入同様、1年間ですし。
    そしてその分、当初よりも仕様を欲張って13.3inchは変わらずですが、Touch Bar付きのLate 2016にしました。
    通常モデルの型番でいうと「MLH12J/A」ということになりますね。

    単純比較はできませんが、デスクトップのiMac 5Kの3.5GHz QuadCoreと比較しても、2.9GHz DualCoreでなかなか良い性能です。
    メモリやSSDが高速なので体感的には速く感じるほどです。
    色もせっかくなので目新しさからスペースグレイにしてみました。

    気になっていたUSB-Cですが、色々調べた結果、評判の良いALMIGHTY DOCK C1を注文しました。
    これがあればSDカードが読めて、USB 3.0、HDMI、LANと一つで賄えますから、バラバラに買うより結果的にお得ですし、そもそもスッキリしますからね。
    ただ色をスペースグレイにしてしまったのですが、シルバーは在庫があるものの、スペースグレイは品切れ中のようなので今月中に届けば良いかな、という感じのようです。
    それまではFlashAirやApple TVのAirPlayなどで回避できるでしょう。

    あまり要らないかなと思っていたTouch Barは対応アプリならとても有効ですし、そうでないケースもOS側の工夫なのか、結構便利に使えそうです。
    キーボードの感触はやや慣れが必要ですが、これも強打し過ぎなければわりと平気かも。
    なんとなく昔のキーボード一体型パソコンやポケコンの頃のような感触が蘇ったような気分ではありますが。
    むしろトラックパッドのほうが慣れないところがあり、最初はドラッグが上手くできずに苦労しました。
    QuickLookを3本指に変更したら誤認識が減りましたし、設定次第でどうにでもなりそうですけどね。

    まだ本来の開発環境のセットアップまで行ってないんですが、OfficeはOffice 365で、AdobeはCCであっさりインストールされました。
    メーラーも設定したし、最低限必要なアプリは入った感じです。
    ここでもiCloudやTimeCapsuleなどが役立ってくれました。
    TimeMachineも手動でまさにこれを書きつつ、やっているところです。

    やや困るのはEvernoteでして、無料プランだと2台までですからiMacとiPhoneはアプリで、MacBook ProはWebで当面やってみます。
    いずれは他のアプリに移行することも考えないといけないかもしれません。
    あとはMicrosoft Wedge Touch Mouseを暫定的に繋いでみたりしつつ、徐々に環境を整えていこうかと。
    そうそう、起動音もすっかりなくなってますし、新しい自作ソフトなんかもTouch Barも含めて考えてみたいところです。

    Filed under: Mac
    2017/05/08 12:00 pm | No Comments
  • 055月

    仕事部屋だけでなくリビングでも仕事ができたほうが便利なのと、出張用のノートパソコンがさすがに性能的に厳しいのもあって、新しいノートパソコンを検討することにしました。

    当初はWindowsも含めて考えていたのですが、ぶっちゃけそれなりに高性能なノートPCだと結構なお値段なんですね。
    Surfaceとか人気なので、もっと安いのかと思ってました…。
    そこまで出すならMacのほうが良いなぁと思ってしまいます。
    #当面の案件がMacとWebというのもありますが。

    しかし正直、最近のMacにはすっかり疎くなっていて機種選びもどこから始めて良いのか、悩みました。
    とりあえずiMac 5Kを使ってるので、Retinaじゃないと厳しいかなというところでMacBook Airは候補から外れました。
    メモリは8GBあれば一応大丈夫ですが、できれば増設したいかなと思いきや、ここ数年のモデルは基本的には本体直付けですねぇ。
    ディスク容量はそれほど要らないので、ここはSSD 128GB以上あれば大丈夫でしょう。

    そうなるとMacBookあるいはMacBook Proということになります。
    MacBookはとにかく軽量そうですし、余計なものが付いてないのは良いですが、なんとなく「iPadにキーボードを付けました」感がヒシヒシと。
    それが悪いことではないんですけど、開発に使う感じじゃないかなぁ。
    それにUSB Type-Cですから、もろもろつなぎたい時はUSB-C Digital AV Multiportアダプタが必須に。

    もちろんUSB-CについてはMacBook Proの2016年モデルも同様で、アレじゃオーディオ用のUSBケーブルが活用できないですよねぇ。(仕事用でしょ?
    お値段はProも13インチでTouch Bar無しならそれほど高くないですが…。
    あえて2015年モデルの売れ残り現行販売品を狙うのも悪くないかなぁという気もしますが、SSDのスピードなどが違うのかな?
    中古も見ましたが、前述の通り、そこそこ古いモデルもメモリ増設不可ですし、Retina以降だとそんなに新品と価格差はありません。

    そんなこんなで調べていたら、TwitterでMacBook Proの2016年モデルは起動音がなくなってるという話を。
    発売された時に聞いた記憶はありましたが、今さら思い出した感じです。
    そうなると拙作のフリーソフト「MuteCon」のテストができません。
    もういい加減要らないのでは?と思うのですが、まだ結構需要があるらしくダウンロードしてもらってるようですし、今はApp Store配布にしてないのでGatekeeperをパスできませんから、そういう意味でも起動音はあったほうが良いかな。
    むしろTouch Barを活用したものや、起動音を鳴らすようにする新作を作ったほうが良いのでは?という気もしないではないですが…。

    そんな感じからすると、2015年モデルか、いっそのことTouch Bar付きの2016年モデルかなぁ。
    まだそれほど急を要する話ではないので、2017年モデルはいつ出る雰囲気(秋?)なのか、も調べた上でのんびり決めたいと思います。
    そう予約投稿しておいたのですが、ちょうどよい出物があったので注文しちゃいました。
    届いたらまたご報告したいと思います。

    Filed under: Mac
    2017/05/05 12:00 pm | No Comments
  • 1011月

    唐突な感じですが、「AirMac Time Capsule 2TB」をゲットしてみました。

    th_dsc_0797_lr6

    これまで使っていたのは第4世代のAirMac Extremeで、2年前に中古で購入したものでした。
    そろそろ故障の可能性も高まってきているだろうなという点と、MacにiPhoneと802.11ac対応機器が主体なのにAirMacが802.11nまでというのは勿体無いなというのがきっかけでした。
    調べてみると、いつのタイミングか分かりませんが、値下げされていたのも要因でしたし、さらに整備済み製品も出ていて決定打となりました。

    th_dsc_0784_lr6

    整備済み製品なので箱は真っ白ですが、保証はちゃんと1年ありますし、中身は全く違いが分からないくらいです。
    わざわざ整備済み製品用に箱を用意するほうが高くつきそうですけどね。

    th_dsc_0787_lr6

    AirMac Extremeも出てたんですが、2TBとの差額が少なかったのと、2or3台のMacのTimeMachineを任せてしまおうかなということで、初のTime Capsule導入としました。
    iMacは外付けHDDと双方でやったほうが良いかなとも思ったんですが、速度もそこそこ速いし、せっかくの4TBは画像用にフル活用しようと思ってひとまずTime Capsuleのみにしました。
    逆に外付け2台体制なのを1台にまとめても良いですし、古いほうのMac miniに移動させても良いかな。

    th_dsc_0798_lr6

    セットアップは特に困ることもなく、すぐに完了しました。
    縦長で倒れやすかったりしないかなと思いましたが、重量が結構あるのでその心配はなさそうです。
    光回線は2階の仕事部屋に来ているので、1階になるべく良く届くよう、床の上に直接設置しました。

    th_dsc_0791_lr6

    早速、速度を確認してみたんですが、なぜかあまり変わらずにアレ?と思ったら、リビングで中継しているAirMac Expressに繋がっていました。
    電波強度が強いこともあってAirMac Expressに接続されるのが正解なのでしょうけど、Expressは802.11nにしか対応してないんですよねぇ。
    そこでひとまず、ExpressはAirPlay専用にしておきました。
    庭や玄関、トイレ(笑)では特に5GHzで電波が届きにくくなりましたが、それは別に良いかなと。
    場合によっては、余ったAirMac Extremeを何処かに配置するかもしれませんが。

    th_dsc_0802_lr6

    で、肝心の速度ですが、iMacは有線で接続して156Mbpsほどなのに対して、リビングのMac miniは当然Wi-Fiですが136Mbpsと、かなり速くなってますね。
    Macのほうは以前のAirMac Extremeでの速度を残してませんでしたが、iPhone 7のほうは事前に計測しておきました。
    以前は、リビングで下り17Mbpsくらい、上り16Mbpsくらい、仕事部屋で下り26Mbpsくらい、上り30Mbpsくらいでした。
    新しいTime Capsule設置後はリビングで下り32Mbpsくらい、上り23Mbpsくらいと、かなり向上しています。
    仕事部屋のほうは下り35Mbpsくらい、上り26Mbpsくらいと、数値上はさほど変わらないですけど、メール受信やTwitterのタイムライン更新などは驚くほど速くなりました。

    ここまで確認して、あとはiMacとリビングのMac miniのTimeMachineを取りました。
    双方とも特に切り分けたりせずに使えるのは便利ですね。
    できればパーティションを分けてデータ保存用スペースを簡単に作れたら良いのですが、そこはこれまで通り、外付けのポータブルHDDを繋いであります。
    あとはAirMac Expressの802.11ac版が出たら良いのですが、あまり需要がないのかな?
    とりあえず現状で困ることはないので、ひとまずこのネット環境で運用していこうと思います。

    Filed under: Mac
    2016/11/10 12:00 pm | 2 Comments
  • 2910月

    hello againで妙に期待が高まっていたMac絡みですが、蓋を開けてみればMacBook Proだけで、さすがに期待外れ度合いが高すぎでした。
    againが何だったのか?も気になるところですけど、TVアプリだったんでしょうかねぇ。

    結果的にはこの発表を待たずにiMac Retina 5Kを導入して正解…と思いますが、予想外なことに発表されなかった各モデルが値下げされました。
    「気になる、記になる…」さんの記事によりますと、MacBook、iMac、Mac Pro、そしてMac miniが値下げされているようです。
    気になるiMacの27inchモデルは以下の通りの値下げ幅です。

    ・3.2GHz/1TBモデル:208,800円 ⇒ 178,800円
    ・3.2GHz/1TBモデル:238,800円 ⇒ 198,800円
    ・3.3GHz/2TBモデル:258,800円 ⇒ 228,800円

    うちのはlate 2014の中古ですし、メモリが16GBに増設されている点やFusion DriveのSSD容量が多めなこと(当然、価格も安め)を考えると、値下げも特に痛手ではありませんでした。
    もし現行モデルを買っていたら相当ショックだったでしょうけど、少し前にApple Storeから買っていれば返金してもらえるのかな?

    当初の購入ターゲットだったMac miniのほうが比率的には値下げ幅が大きい印象です。

    ・1.4GHzモデル:58,800円 ⇒ 48,800円
    ・2.6GHzモデル:82,800円 ⇒ 68,800円
    ・2.8GHzモデル:118,800円 ⇒ 98,800円

    こちらは梅モデルなどは、値下げするよりもメモリを初期状態で8GBにしてあげたら良いのに…と思います。
    為替レートの反映という観点もあるのでしょうけど、なんとなく在庫処分のような雰囲気すら感じられますね…。

    ちなみに買い替えのきっかけになったiMessageの不具合は、結局、サーバ側でエラーが見つかったそうで、10.12.1が出る直前くらいに「修正」されたと、Appleサポートから連絡がありました。
    これがもう少し早く解決していたら慌てて買い換えなくても良かった、とも言えますが、拡張性のあるパソコンらしいMacは今後、あまり期待できないのではないかなと。
    ホントのhello againは、iOSに吸収合併される時なのかもしれません。

    Filed under: Mac
    2016/10/29 12:00 pm | Mac各種、値下げ はコメントを受け付けていません。