• 286月

    オルトフォンからMC/MM対応のフォノイコライザー「EQA-444」が発売になっています。

    「デンマーク本社のチーフエンジニアであるライフ・ヨハンセン博士の全面的な技術協力を受けて開発」されたとのことですが、オルトフォンのアンプ製品は基本的にMADE IN JAPANなんですよね。
    まぁ中国製じゃないっていうだけでも立派なもので、故障時もデンマークに送らなくて済むから、かえって好都合なんですけどね。
    その昔使っていたPPA600は2回くらいデンマーク旅行に出かけて、そのたび1〜2ヶ月くらい戻ってこなかったですから…。

    980gとコンパクトなボディですが、電源部をACアダプタにしているおかげで小さく仕上がっています。
    ACアダプタだと基本的に片電源になりますから、個人的にはどうかなぁという気もするんですが、ノイズ低減とコストの兼ね合いからすると仕方ないのかなぁ。
    せめて電圧や直流・交流をメーカーで揃えてもらえたら良いのですけど…。
    ちなみにEQA-444はDC12Vのようなので、プラグ形状さえ合わせれば、他社のDC電源を使ってグレードアップすることも可能だと思われます。

    回路構成などもあまり詳しく書かれていませんが、NF型イコライザとなっていて、MC/MMは背面スイッチで切り替える仕様です。
    前面は電源スイッチのみで、インピーダンスなどの設定変更はできないようです。
    基本的にはオルトフォンのカートリッジで使いやすいセッティングになってるんだろうと予想されます。

    また、この製品とは直接関係ありませんが、オルトフォンジャパンの公式サイトも先日リニューアルされて、製品情報が見やすくなりました。
    以前までは詳しい情報が出るのが遅かったり、あってもPDFだったりしたので、それからすると格段の進化ですね。
    技術情報や歴史などに触れてあるページも用意されてますから、オルトフォンファンの方は一読してみる価値があるかと思います。

    Filed under: Audio
    2017/06/28 12:00 pm | No Comments
  • 276月

    LINNがCDプレーヤーなどの光学メディアプレーヤーの販売を終了してから8年が経過し、ついに今年の8月末で修理受付を終了するのだそうで。

    少し前にUNIDISK 1.1/2.1/SC、そしてAKURATE CDのピックアップ交換がLINN本社にての対応と発表されたのをうっすら記憶していましたが、そこから今回の発表までが早かったですね。
    ピックアップの在庫が少なくなっていて、本当に必要な個体のみ交換を…という配慮だったのでしょうが、製造時期が同じだと痛み方も似たような状態になるわけで、在庫払拭が間近となってしまったのでしょう。
    CD12などは今でも歴史に残る銘機ですし、なんとか残せれば良いのですけどねぇ…。

    LINNがCDプレーヤーを最初に出したのが1991年のKARIKだそうで、当時はLP12のほうがまだまだ現行製品で残るとはさすがに思ってなかったです。
    LP12のほうはそれなりに付加価値を見出した価格設定ができたおかげもあるのでしょうけど、配信にも同時に注力した関係上、光学メディアはすでに過去の遺物なんでしょうかねぇ。
    CDはまだリッピングという手段があるから多少はなんとかなるものの、SACDに関してはそれも(建前上)できないのが痛いところです。

    LINNとは直接関係ないですけど、SACDに関してはそろそろリッピングを許可しても良いんじゃないか、という気もします。
    もしくは同等のハイレゾ音源をディスカウント価格で購入できるようにするとか…。
    実際にそれをやっちゃうと、まだこれからの商材としてストックしてあるものまで流出してしまって、レーベル側としては都合が悪いのでしょうけれど。

    それにしてもピックアップの不足はこれからのオーディオ業界にとって、結構な死活問題に発展しそうな雰囲気です。
    過去製品の修理はもちろんのこと、優秀なピックアップはもうほとんど製造されてない状態ですから…。
    唯一の救いはUHD BDの絡みで出ているピックアップでしょうか。
    ソニーの「Precision HDドライブ」はSACD再生にも対応してるようですし、これを外販してくれれば、あとはガワだけ自社製造してそれっぽい高級ドライブが作れそうです。
    ただ、そんな対応ばかりしていると結局見透かされてしまうわけで、各社で協力して本気のドライブを作る努力が必要な時期に来てるのかなとも思います。

    Filed under: Audio
    2017/06/27 12:00 pm | No Comments
  • 266月

    好き勝手に書いているにも関わらず、おかげさまでそれなりのアクセスをしていただいている拙ブログですが、最近の人気記事はどんな具合なのか調べてみました。

    古い記事でも相変わらず人気のものもあるのですが、それはちょっと無視して最近2ヶ月くらいで書いたものに限定してカウントしました。
    オーディオの記事が相変わらず多いですが、Apple系とかカメラとかもなるべく増やそうと努力してるので、その成果が出てるのかなぁというのを自分で見たかったというのもあります。

    しかし実際はかなり意外な記事がトップアクセスでした。
    その記事は「TOSHIBA RAS-B285P」でして、なんとエアコン設置でありました。
    私自身、この機種を選んだのはヨドバシ・ドット・コムで人気順上位に出てきたからだったんですが、住設用モデルなので情報が少なめなのも関係してるのかもしれませんね。
    その後も快調ですし、電気代も昨年比どころか、ちょっと寒さが残っていた春先よりも下がっているくらいです。
    効き具合もとても良く、その後、光再生脱臭フィルターも追加購入して装着して使っています。

    次はやっぱりオーディオでしたが、根強い人気なのはAccuphaseの新製品群です。
    そもそも私がアキュフェーズ贔屓なのもあると思いますけど、C-2450やDF-65などの記事へのアクセスが結構あります。
    また先日スタートしたセカンドユーザー登録に関しても興味のある方が多いようです。
    セカンドユーザー登録は自分の所有する6モデルはやりましたが、登録完了メール以降は特に動きはありません。
    リビングに入れたP-450も登録したほうが良いなぁと思ってはいますが、元々、新品で購入したもので住所変更ができてないだけですし、設置してしまうとシリアルナンバーが見えないので億劫になっています。

    また最近ちょっとレビューがちゃんと書けていなくて申し訳ないのですが、ACOUSTIC REVIVEさんのレビュー記事もじわりじわりとアクセス増加傾向です。
    最近のものだと、RR-888やRWL-3に関しての記事が人気が高いようです。
    RWL-3はホントに優秀で、少々部屋の状態が乱雑になっていたりしても、音場形成が乱れず安定感のあるサウンドをキープしてくれます。
    公私ともにちょっとバタバタ気味でしたけど、近日中にまた再開させて、クォーツアンダーボードなども含め、後日レポートを書きたいなと思っています。

    オーディオ以外では、MacBSが選んだ「今まで買って使って良かったカメラ10台」へのアクセスが地味に伸びています。
    書いた当初は結構時間が掛かったわりにイマイチ反応薄いなぁ(失礼)と思ってたのですが、まだカメラ好きの方もアクセスしてくださっているのですね。
    先日はCOOLPIX P310もゲットしましたし、D600も地味に活躍中ですから、眠ったままにしてあるレンズ群も引っ張り出してきたいところですねぇ。
    正直、今年前半はブログ更新するのもちょっと無理じゃないか?と思う場面が結構あったので、とりあえず更新できてるだけでも奇跡みたいなところもあるのですけどね。

    Macもわりと新しいモデルを入れ替えたり、Apple Watchも導入しましたが、こちらは記事の掘り下げ方が足りないせいだと思いますが、いまいち人気薄です。
    こっちもフリーソフトの更新とか、やりたいことは山積みなんですよねぇ。
    そうこう言いながらオーディオだとパパっと取り組めてるわけで、気分の問題かもしれませんが。

    オーディオ関係でも機材導入は(中古だからだと思いますが)それほど人気は高くなくて、むしろ「オーディオ製品の購入先」が人気でした。
    仕事の合間でもちょっとした待ち時間とかに、ついつい新着中古などをチェックしてしまうのですが、やっぱりそういうWeb情報が充実してるところからの購入が多くなりがちですね。
    自分がホントに欲しい!と思ったものはナイショにしてますが、それ以外はツイートしてみたりしてますが、これも考えてみればオーディオ好き意外には鬱陶しいのかもしれませんねぇ…。
    ブログもホントは複数に分けたほうが色んな意味で良いのですけど、さすがに今さらですし。

    最後もやっぱりオーディオ系ですが、「今年のStereo誌ムックの付録スピーカー」も発売日が近づくにつれて人気が高まってます。
    以前に比べてオーディオの雑誌付録は落ち着いてきてる傾向ですが、夏の自作スピーカーだけは継続してます。
    かくいう私は一度も雑誌付録スピーカーは作ってないんですけど、今年は2種類あって、また違ったオーディオ趣味の形だなと思いながら紹介させてもらってます。

    そんなこんなで、今後もやっぱり今のバランスで書いていくのかなぁ。
    中身がないなぁと思うことも多いかと思いますが、もし良かったらご愛読いただければ幸いです。

    Filed under: Blog
    2017/06/26 12:00 pm | No Comments
  • 256月

    ご紹介の順番が逆転しましたが、ショップにALO audioのThe NationalのACアダプタが取り寄せ可能か問い合わせさせてもらったところ、購入可能とのことだったので先日のB&W C5 Series2といっしょに注文しました。

    ちなみにRx購入時にContinental V2も候補に挙がったのですが、中古で出ていたものもACアダプタが欠品でして、「やっぱりACアダプタが壊れるんだなぁ」という懸念もあってRxにしたというところもあります。
    RxはmicroUSBなので、壊れてもどうにでもなりますからね。

    で、箱から取り出してみると「あれ?元々付いてたのと全然違う!」とビックリ。
    どのくらい違うか、写真で見ていただきましょう。

    真ん中が元々のACアダプタ、そして右が今回届いたものです。
    今回のは輸入代理店の保証書が付いてましたから「本物」ですし、以前のも各所の写真や店頭で売ってた時に本物なのは確認済みですから、変更になったんでしょうね。
    The National本体が壊れている可能性も考えられましたが、新たに届いたACアダプタでは異音がすることもなく、無事に充電できたので、その点では一安心です。
    保証期間が1週間(だったはず)と極端に短いのにはちょっとビックリしましたけども…。

    Rx MkIIもACアダプタは入手可能みたいですが、こちらはバッテリーそのものがヘタってきてるようなので厳しいかな。
    バッテリーも場合によっては換装可能かもしれませんけど、実際にはRxの出番がほとんどで、パワーが必要なヘッドフォンだとThe Nationalが頑張ってくれるでしょう。
    真空管とかDAC装備やiPhone対応のモデルなども気にはなりますが、当面この2台体制で使っていきたいと思います。

    Filed under: Audio
    2017/06/25 12:00 pm | No Comments
  • 246月

    かなり久しぶりになると(自分では)思いますが、ニコンのコンデジ「COOLPIX P310」を見つけてゲットしてみました。

    この機種の頃まではなんとか情報追従できていて、RAWがない機種だったなというのは覚えていました。
    ただレンズや写りは当時もわりと評判が高かったのも記憶していて、相場よりもだいぶ安そうだったので購入してみた次第です。
    そもそも近所に中古カメラを扱っているお店がほとんどないですし、新品も家電量販店しかないのでこういう機会を逃すとネット以外では入手困難なんですよねぇ。

    ちゃんと覚えていなかったポイントは撮像素子の大きさで、P310は1/2.3型の裏面照射型CMOSだったんですね。
    その後のP330では1/1.7型になってRAW対応もしたようですが、今となっては誤差の範囲くらいの素子サイズかも。
    レンズは24-100mm相当F1.8-4.9と、そこそこコンパクトにまとめつつ、使いやすいし、ちょっと広角寄りのスタートなのが良いですね。

    2012年のモデルということで、充電はUSB経由(ただしカメラ本体側は専用端子)ですが、USB-ACアダプタも付属していますし、取説やCD-ROM、ネックストラップも新品のままで付属してました。
    充電時間は4時間とちょっと長いですが、いざとなったらユニバーサル充電器で充電しちゃっても良いでしょう。

    ちょこちょこ傷はありますが、液晶もキレイだし、これならお散歩カメラには十分ですね。
    これまでお散歩に持って歩いていたFinePix F800EXRには付いていたWi-Fi機能がないのがやや難点ですけど、RAWで撮ってもF800EXRでは「やっぱり一眼じゃないと…」と思う場面が多かったのに、P310では意外と良い感じに撮れるようで、そこはやはりキー配置とか使い勝手の違いもあるかも。

    ちなみにプログラムモードではF2.8までに制限されて、せっかくのF1.8からのボケ味は堪能できません。
    AF精度がシビアになるのとシャッタースピードの問題もあるのかな?
    そこで絞り優先AEでも軽く撮ってみました。

    素子が小さい上に広角ですからF1.8と言っても大してボケるわけではありませんが、わりと好みの描写をしてくれます。
    実際の描写でいうとF2.8くらいのほうが歩留まりは良さそうなので、普段はお気軽にプログラムモードが多くなる(なにせ片手は愛犬で塞がってる)とは思いますけどね。

    これで私はNikon D600とP310という布陣になって、撮影自体がまた楽しくなってきました。
    以前のようにカメラを増殖させることはない(すでに増殖している)と思いますから、この2台でリラックスがてらぼちぼち撮影を楽しみたいと思っています。

    Filed under: OurCamera
    2017/06/24 12:00 pm | No Comments
  • 236月

    ESOTERICからフォノイコライザーアンプ「E-02」が7/20に発売だそうで。

    これまで「E-03」があってこれも40万円となかなかに高級なフォノアンプだったのですが、今回のE-02は65万円とさらに上位のモデルとなっています。
    E-03は2009年の発売ですから世代的にもだいぶ違いがあるので内部構造も全く違っていて面白いですね。
    むしろE-03のほうがシンメトリカルなデュアルモノラルという内部配置で、今回のE-02は正面から見て左半分を電源部、右側にアンプ回路を左右分離で上下に積み重ねた感じになっています。
    筐体サイズにある程度制限があるでしょうから、アンプ基板が大きくなってこの配置がベストと判断したのでしょう。
    ちなみに外観はW445×H131×D377mm(突起部含む)で12.5kgで、E-03のW442×H103.5×D364.4mmの10.5kgと比べると、基板を重ねた影響もあってか高さが高くなってるのが目立ちます。

    回路構成としては全段バランス伝送・増幅に主眼を置いているとのこと。
    フォノケーブルもバランス伝送が一部で流行ってるようですし、それ自体は良い取り組みそうです。
    ただ少し気になるのはMCヘッドアンプとRIAAアンプは同一基板となっていますし、全高調波歪率は0.007%(1kHz、MM、定格出力時)となっていて、下位モデルであるはずのE-03の0.003%から落ちているように見えます。
    E-03はA weightなので低域・高域が無視されてるせいだとは思います。
    ただ、今回のことに限らず、グラフで表示すればもっとスペックを見る価値も出てくると思うのですけどね。

    背面の端子配列は内部がシンメトリカルでなくなったおかげもあって、わりと使いやすい配置になっています。
    ただアース端子の位置はちょっと不便かなという気がしますし、RCAを2系統装備したならアース端子も2つ欲しかったかな。
    XLR出力も当然追加されていますが、独自「ES-LINK Analog」という伝送形式にも切り替え可能で、その辺りはやはり自社プリアンプとの組み合わせを想定している印象が強く感じられます。

    ちなみにXLR出力はMC専用だそうで、負荷インピーダンスの切り替えもMMでは47kΩのみで、E-03で用意されていた0pF、100pF、330pFの負荷容量変更もなくなっています。
    これだけの高級フォノアンプですからMCでの使用が多いとは思いますが、RIAAカーブですらチョイスできるモデルも多い中、ややシンプルにまとめすぎかなという気もします。
    どうせ割り切るなら完全にMC専用でも良かったのかもしれませんが、MMポジションはむしろ昇圧トランスを併用したい場合のために用意されてるような形なんでしょうね。

    それを受けてか、MCカートリッジや昇圧トランスを消磁できる「DEMAG」機能も搭載されています。
    ただしこれもあくまで簡易的なもののようで、レコードを30秒ほど再生するらしいので、内部で回路を切った上で入力側をショートさせた状態にする程度の可能性が高いですね。
    全般的に「ここを推していきたいんだ」というポリシーがちょっと弱いような印象は受けますが、ESOTERICとして現在のアナログ再生にふさわしいフォノアンプを提示してきたのだと思いますし、同社ファンの方には良い選択肢が増えたのではないかと思います。

    Filed under: Audio
    2017/06/23 12:00 pm | No Comments
  • 226月

    腕時計好きとしてたぶん手を出さないだろうと思っていたApple Watchに手を出してしまいました。

    購入したのはSeries 2のローズゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツバンドの42mmモデルです。
    心拍センサーがあれば良かったのでSeries 1でも良かったんですが、ポイントを使う関係で選択肢がかなり限定されたんですよね。

    色も選べない感じだったんですが、新品未開封品ではあります。
    ローズゴールドの本体は思った通りの色合いでアルミモデルにしては良い感じですが、ピンクサンドのほうはかなりピンクでしたね。

    バンドは交換できるので、特に気にしてませんし、色はともかく就寝中も含めて長時間の付け心地は噂通り非常に良くて、当面(特に夏に向けて)はスポーツバンドで行こうかと。

    42mmは大きいというレビューも見かけましたが、そもそもガタイがいいですし、大は小を兼ねるかなと大きいほうにしました。
    使ってる印象では私には大きい方が良いような気がします。
    画面解像度も違いますし、指が大きいとタッチするにも画面が大きい方がやりやすいかなと。

    苦手としているブツブツ系の画面も動きを伴うからか、特に平気でした。
    次のwatchOS 4ではリスト表示にも対応するらしいですが。
    バッテリーの持ちも思ったより良く、寝る前に1時間くらい充電すればあとはずっと装着してても大丈夫です。
    ちなみに寝てる間はAutoSleepを導入して心拍や睡眠状態をロギングしてます。

    最初はいろいろ慣れなくて、就寝中にスタンドのリマインダー通知が来て「なんじゃこりゃ」となったりしましたが、ようやく慣れてきたという感じです。
    現時点ではiPhoneを母艦にしてそこで基本的に設定する形なのが初期のiPhoneみたいで、まだまだこれから進化していくのかな、と感じさせる部分があります。
    せっかくWi-Fi(2.4GHz帯のみ)にも対応してるんですし、せめて通信系はそっちを主体にして独立して動くのをメインにしても良いような…。(実際、そのほうが動作が速い気も。)
    またSeries 1/2で高速化されたとはいえ、まだまだ遅いなぁと感じる場面も結構あります。

    ただ使い込んでいくうちに徐々に便利になっていって、iPhoneを取り出さずに済むシーンが増えてきてます。
    単に便利なだけじゃなく妙な愛着みたいな感覚もあったりして、なんとなくiPhone 3Gの頃のようなワクワク感が残ってる気も。
    対応アプリを作ってもなかなかペイしないでしょうし、もっともっと多様なセンサも欲しいし、新たな使い方がまだまだありそうですが、そんな成長の様子を実際に使いながら体感していく価値はあるなと、実際に手にして思い直した次第です。
    Apple Payは全く使うつもりがないので、他の方とはちょっと観点が違うかもしれませんが、活用方法や便利なアプリ、アクセサリなど、今後色々と紹介していけたらと思っています。

    Filed under: Watch
    2017/06/22 12:00 pm | No Comments
  • 216月

    オーディオビジュアル製品を選考する「VGP 2017 SUMMER」の結果が発表されています。

    正直、この手の賞は主催してる出版社や参加してるメーカーのさじ加減で変わる印象が強く、あまり信用してないのですが業界としてどんな製品が注目されているか、の参考くらいにはなるかと思い、紹介してみることにしました。
    選考対象は以下の製品で、基本的に取扱いメーカーの自薦ですけど、審査方法が全国有力販売店による投票、審査員投票でノミネート製品が決まるので、販売店という部分ではわりと公平なのかなと思います。

    1. 日本国内で販売・流通する、コンシューマー向けオーディオ&ビジュアル、 オーディオ、アクセサリー各製品及び関連ソフト/アプリケーション。
    2. 各メーカー及び輸入商社が自薦する製品。
    3. 2017年6月20日までに広報発表/一般公開がされる「新製品」、もしくは2017年7月末日時点においても市場で流通している「現行製品」。
    4. 2017年7月末日時点において市場で流通している現行製品。

    「合議」とか「審査」の部分があるので、ちょっとそこが不透明ですが、率直に言って以前よりだいぶ公正な評価になってるような印象はあります。

    で総合金賞はズラリと揃ったPanasonicの4K製品、そしてJVCのDLA-Z1とのこと。
    これは製品の良さもさることながら、販売店さんの売上貢献への期待の高さでもあるのでしょうね。
    個人的には4Kの本放送、ましてや地上波をどうするのか?その後の8Kは?など疑問が残るのですけど…。
    その他、特別賞、技術賞、開発賞、企画賞は私が気になったものはないので割愛します。(ぉ

    部門賞は私も使わせてもらっているACOUSTIC REVIVEさんのRMF-1やYTP-6R、それにスピーカースタンドのYSS-90HQが受賞、RPC-1とR-AL1が金賞を受賞されています。
    Olasonicさんの製品群も軒並み受賞(NANO-A1は金賞)されていて、なかなか公正な評価だなと。
    それでも一部、「え?それが金賞なの?」というものも見受けられますが、やっぱり視点がユーザーではなく販売店主体だというのがあるのでしょう。
    その他、イヤフォンやヘッドフォンなどからビジュアル機器まで幅広くたくさんの製品が受賞してるので、総合カタログ的な感じで眺めてみるのも楽しいかと思います。

    Filed under: Audio
    2017/06/21 12:00 pm | No Comments