• 198月

    Cardasのバイワイヤ対応スピーカーケーブル「Neutral Reference SPK/Bi-Wire」を入手しました。

    きっかけはQEDのXLRケーブルがいまひとつだったことでQED以外を入れてみたいというのと、SPECのリアルサウンドプロセッサーが気になった際にバイワイヤリングにすれば不要と考えて良いというアドバイスをいただいたことでした。
    さらにAccuphaseマニアとしてはアキュフェーズで試聴に使っているブランドにしてみたいというのがありました。

    同社の試聴室で使われているのはカルダスというのは以前からなんとなく知っていて、Crosslinkシリーズのようです。
    これもバイワイヤリングが可能な4芯なので、この切り売りを最初は想定していたのですが、Yラグの圧着もQED同様、大掛かりな機材でやっているようですし、バイワイヤリングでコレを付けるとなると2mペアでは結局結構なお値段になることもあって、ちょうど出物で出ていたバイワイヤ仕様のNeutral Referenceを奮発してみることに。

    外径は15.2mmと補足はないですが、QED Genesisは16.6mmですのでそれよりは細いくらいです。
    お店からのアドバイスとしても「Genesisのような潤い、優しい質感」とは違い、「音像が前に押し出してくるような印象」とのことで、「Accuphase~B&Wユーザー様からするとCARDASはフォーカス感がぼやけてしまう」という感想をもらっていました。
    ただそこはある意味、想定内でして、もうちょっと元気のあるノリの良い音にしてみても良いのかなという観点でチョイスしました。
    QED Genesisも当然残るわけですし、同じ傾向のものを選んでも仕方ないですからね。
    ちなみにCardasは「McIntosh~JBL、アルテックなどの組み合わせ」で好まれる傾向とのことです。

    QEDの時は全部バナナとしましたが、今回は全てYラグです。
    スピーカーのほうはサイズがちょうど良いと分かっていて、ケーブルの太さや取り回し、絶縁チューブなど仕上がりもよく扱いやすいです。
    導体はリッツ銅線で、絶縁体はテフロンとわりとシンプルな内容ですが、そこはCardasらしいこだわりが感じられます。

    アンプのほうはもしかしたら付かない可能性も…と思ってましたがピッタリで、下から接続できたおかげでスッキリです。
    なお、念のため接続前にはYラグを全てECI-50でクリーニングしておきました。

    スピーカーケーブルにしては珍しく左右の指定も記載されていました。
    どう考えても普通は関係ないはずですが、最初は反対に取り付けてしまったので一応、表記に合わせて付け替えておきました。

    Neutral Reference自体はもうだいぶ前のケーブルですから、現行だとClear Cygnusが同クラスとなるでしょうか。
    コレだとお値段が2mで207,000円で、しかもバイワイヤ対応ではないですし、とても手が出ません…。
    Cardasの場合は残念なことに偽物が多数出回っているので、しっかりしたショップでないと購入しづらいのも難点です。

    さて肝心の音傾向ですが、QED Genesisから取り替えると穏やかさが際立ちます。
    高級ケーブルにありがちな「良い音だろ!」というような誇張が微塵も感じられず、特定の帯域が強調されない繋がりの良さが印象的です。
    全体としては透明感が出ましたし、最近のものにありがちな余韻が過剰になる方向が皆無で、むしろ無音からの音楽が始まる際の息吹き、気配がとても活きています。
    オーディオ的な解釈で言うと聴感上のS/Nが向上した、といったところでしょうか。

    バイワイヤリングの効果もたしかに出ていますが、それはこの後、別の対処をした時点でより明瞭に差を感じられるようになりましたので、そこは後日ご紹介します。
    音傾向はショップの方のアドバイスそのもので、中域は前に出る感覚で重心はやや低めのピラミッドバランスです。
    ただ、QEDではともすると解析的になりがちで平坦気味だった音場に前後の厚みが出ています。
    とりわけギターの表現がとても自然で、楽器全般にオーディオ的な音の出方ではなく、生やライブに近い印象を覚えます。

    いちばんの違いは、普通に聴き流すこともできつつ、しっかり聴き入ると様々な音の表情が溢れるように引き出されてくる点です。
    押し付けがましいところが皆無ですから、普段は生活の中にある音楽として良質なものとして楽しめるのが良いですね。
    しかし実際には盤や録音の質は以前以上に明確に識別できますし、楽器それぞれの音のほつれが解消されています。
    「森と木が両立している」という記載を海外のレビューで見かけた記憶がありますが、まさに言い得て妙だと思います。

    それだけにちゃんと聴いていくとウィークポイントもしっかり表出してくるのは、やっぱりそれなりにハイエンドなケーブルならでは、といったところでしょうか。
    その対処については前述の通り、後日ご紹介したいと思いますが、予想以上に狙ったとおりの方向性でグレードアップできて、とても満足いくスピーカーケーブルでした。

    Filed under: Audio
    2017/08/19 12:00 pm | No Comments
  • 188月

    リビングの配線変更でHD-7Aに使っていたAccuphase SL-10GをリビングのCDプレーヤーに持っていったのもあって、ちょうど出物で出ていたSL-10を入手しました。

    SL-10Gとの違いはロジウムメッキでして、SL-10のほうが古いタイプです。
    ケーブル構造はこの二つはおそらく共通で、芯線が7N銅の105本x2、シールドが同じく7N銅192本の編組という構成です。
    現行のASL-10は8芯マルチハイブリッドタイプに変わっていて、7N以外にも4種類を組み合わせてありますし、シールドにアルミ箔も追加されています。

    特性としては抵抗とインダクタンスはASL-10よりやや大きいものの、キャパシタンスは100pF/mと低めです。
    7Nの純度も年月が経てば酸化してくるでしょうから新しいのも良いのでしょうけど、お値段も違いますからね。

    元々のHD-7Aに使おうかとも思いましたが、CDでもXLRプラグの接触の問題がやや出ているような気がして、暫くの間、アンバランスで繋いでみることにしました。
    DP-77は届いてから真っ先にXLRで繋いだのでアンバランスを試してなかったのもありますし。
    ついでに電源ケーブルも付属のものにして、Accuphaseマニア全開モードです。
    それまで使っていたACOUSTIC REVIVEのPOWER-STANDARD-tripleC-FMを電源タップに持っていって、WireWorldを排除したかった、というのもありますけどね。

    音傾向としてはDP-70Vに近づいて、より音源に素直な傾向になったように感じます。
    バランス出力といってもDP-77側はかなり簡易な回路構成だと予想されますし、C-280L側で変換したほうが優位なのかもしれません。
    アンバランス入力からバランス出力のほうがC-280Lのゲインが高くなる(18dB→24dB)のも関係しているかも。
    全般にシビアなオーディオチューニングから、やや気軽に音楽を楽しめる方向に変更していってるのですが、現時点でもようやくパソコンで作業をしながらCDを流し聴きできるようになっていますし、流れとしてはうまく行っているようです。
    あとはもう一箇所見直して、今度こそオーディオは一段落のはずです。(自分自身でも信用できないですが。)

    Filed under: Audio
    2017/08/18 12:00 pm | No Comments
  • 178月

    左右の偏りの原因を調べた時にB&W Matrix 802 Series 2のヘッドユニットとの接続部の接触が疑われたのもあって、端子クリンのφ1極細クリーナーキットをゲットしてみました。

    フォロワーさんが真空管のプラグやピンの清掃に使われていて非常に効果が高そうだったのも導入した理由です。
    セット内容は以下の通りとなっていて、φ1細穴クリーナーだけでなく、ひと通りのオーディオ端子系のものが揃ってるのも便利です。

    φ1細穴クリーナー×4個
    RCAジャックφ1細ピン用×2個
    SPバナナ用×1個
    コンセント、プラグ用×2個

    RCAやコンセント用はオーディオイベントで体験版をいただいて使ったことがあり、これもかなり効果的でした。
    綿棒や紙などと違って内部に破片が残ってしまうようなこともないのが良いですね。
    もちろんあまり無理に回転させたり長期間使い続けたりすれば良くないので、わりとぶ厚めな付属の説明書をちゃんと読んで使うことをオススメします。

    φ1細穴クリーナーについてはアンテナ端子や真空管、トーンアーム周りなどのDINプラグなどで使用が薦められています。
    たしかにちょっと年季が入ったトーンアームケーブルではかなり効果がありそうですね。
    私の場合はやっぱり先日のスピーカー内の端子で使ってみることにしました。

    小さめで綿棒は入らないですけど、この細穴クリーナーは楽々入っていきます。
    写真には写してないですがこの反対のオス側の周囲も同様に清掃して、スッキリです。
    汚れ具合は前回、ECI-50と付属の細い綿棒で清掃済みでしたから、それほど汚れは残っていませんでしたけどね。
    あとはバナナプラグもついでにクリーニングして完了です。

    見た目からするともっと安くても良いような気分になるところはありますが、その効果は下手にケーブルを買い替えたりするより余程効果が大きいケースも多いと思います。
    私はECI-50と併用していますが、オプソルではスリーボンド電子機器クリーナーとの併用が推奨されています。
    接点復活したい場合とクリーニングのみで、うまく使い分けるのが良いかもしれません。

    Filed under: Audio
    2017/08/17 12:00 pm | No Comments
  • 168月

    α7用にメモリカードを追加しておこうと、Sandisk Extreme Pro 32GBを入手しました。

    てっきり64GBを注文したつもりでしたが、考えてみればExtreme Proですからそんなにお安いわけがないですね。
    UHS-Iなら別に良いかなとも思いますけど、なるべくなら速いカードのほうが良いのは間違いないですけど、反面、このカードは偽物が多いらしいのが…。

    このカードもかなりグレーゾーンかなぁと思いつつ入手しました。
    一応、ケースの感じやSDHCになってる(偽物はSDXC表記だったりするらしい)ところからすると大丈夫なのかな?

    それでもまだ疑いは完全には晴れないので、付属していたRescuePRO Deluxeの1年間のサブスクリプションライセンスを試してみました。
    このシリアルが無事に正常処理されてMacにアプリもインストールできましたし、さすがにこれなら本物だと考えて良さそうです。
    本来ならまともなルートで購入したほうが良いのでしょうけど、お値段が全然違いますし…。

    ちなみにα7だとRAW+JPEGでもこれで1000枚弱撮れるようですから容量は十分です。
    Transcendの64GBのは本来のPCM-D100に戻しておきました。
    容量が必要な時はこれも持ち出せば良いでしょう。
    α7がWi-Fi機能搭載なのもあって、FlashAirはもう買い足さなくて良いかなぁと思ってるところです。
    偽物がほぼ作成不可能だろうという点からすると、FlashAir W-04を選ぶのも賢明かもしれませんけどね。

    Filed under: DigitalPhoto
    2017/08/16 12:00 pm | No Comments
  • 158月

    先日、「Accuphase Special Sound Selection 2」をゲットしたばかりですが、機材の調整に重宝しているのでいつか3も欲しいなぁと眺めていました。
    するとかなり安めになってるものを見つけたので入札してみると何故かあっさり落札できてしまいました。
    そんなわけで「Accuphase Special Sound Selection 3」が手元に…。

    今回は新品未開封で、2はSACDハイブリッド盤でしたが、今回の3はCDとSACDシングルレイヤーの2枚組となっています。

    2枚組といっても内容は同じなんですが、どうやらマスタリングは個別にされているそうで、たしかに聴いてみてもCDのほうは16bitの中で力強く、SACDのほうはより情報量豊かに穏やかなマスタリングがなされているように感じます。

    今回はキングレコードからの抜粋といった形で、あくまで私が感じるところではありますが、曲目としては2のほうがチューニングしやすい抜粋のされ方かなと感じます。
    今回のもののほうが普通に聴いて楽しみつつ確認するような位置づけかと。
    それでもリベルタンゴなどはなかなかオーディオマニア好みの演出が入った楽曲で、ついアルバムが欲しくなったほどです。
    残念なことに市販のほうはCDのみでSACDで出ていないようなのが残念ですけど…。

    あとは以前も書いたように入手性が良くなくて、どうしてもプレミア価格(そもそも非売品)になってしまいがちなのが難点でしょうか。
    試聴会などでプレゼントされたり、店舗でAccuphase製品を購入した時にオマケで貰えたりするようですが、これなら普通に買いたい方も結構多いのではないかと。
    ちなみに今回は2枚組ですし、CDのほうは父親に譲ろうかなと思ってるところです。
    あとは1が入手できてませんが、さすがのAccuphaseマニアでもそろそろ良いかなぁ。
    そう言いつつも一応ウォッチはしておきますけどね。

    Filed under: Audio
    2017/08/15 12:00 pm | No Comments
  • 148月

    ヤシコンプラナーをゲットしてその装着先となるカメラですが、最終的には無難(?)にSONYの35mmフルサイズミラーレス「α7」に決めました。

    このシリーズでは初代で手ぶれ補正がないのがやや難点ですが、D600でだいぶ慣れましたし同じくらいの高感度耐性もあるだろうと判断してα7にしました。
    メイン機を移行するつもりならD600超えの価格も厭わないところですけど、FEレンズはなかなかのお値段ですしね。

    とりあえず純正のレンズは無しで、このパターンはNEX-5の時と同じです。
    マウントアダプタは手持ちのがMマウントとコニカARマウントのが見つかりましたが、ヤシコンは見当たらなかったので安いわりに良いと話題になってるらしい「K&F Concept」のにしました。
    たしかになかなか作りが良くて、以前買ったものよりだいぶしっかり作られている気がします。

    35mmフルサイズで約2430万画素というのは今となっては平凡なスペックですが、EVFも見やすいし背面液晶もそこそこキレイなのでMFも十分できます。
    もちろんピーキング表示やズーム機能(C3に割り当てました)も併用して、ですけども。
    ちなみC3キーは傾斜が付いてなくてちょっと押しづらいですが、そこはα7IIではどうやら改良されてるようです。

    ファームウェアは届いた時点で3.20と最新になっていましたので、リモートアプリを更新した程度です。
    そもそも買ってからWi-Fi機能があることを知ったくらいですが…。
    高感度での色再現は以前持っていたα37に似た雰囲気があって、ISO6400は常用が厳しい印象です。
    ISO AUTOにして、最高感度はISO3200に設定しておきました。

    Planarの描写もなかなかですが、意外にMマウントアダプタにフォクトレンダーのMLリング経由で付けたCanon 50mm F1.8の描写が良くて驚きました。
    Mマウントだとあんまり寄れないですけど、最近はヘリコイドが付いたマウントアダプタも多いし、K&F Conceptからはエキザクタも出たようですから、徐々にマウントアダプタは揃えていこうかなと。
    肝心の純正レンズのほうはまだ迷っていて、順当にいくとOSSの付いている標準ズームかなとも思いますが、LA-EA4でミノルタ時代のレンズを使うのもα700の後継機として良いのかなと考えたりしています。

    しばらくは手持ちのレンズとマウントだけでも結構遊べそうですし、慣らし運転しながらじっくり狙っていこうかなと思っています。
    むしろ課題はそっちよりも被写体のほうでして、越してきてまだ時間が経ってないこともあり、近所の撮影スポットがイマイチ見つけきれていません。
    ただ、愛犬や家族などもなるべく撮っておいてあげたいなと思いますので、以前ほど気負わず気楽に楽しめたら良いなと思ってるところです。

    Filed under: DigitalPhoto
    2017/08/14 12:00 pm | No Comments
  • 138月

    このところフォノカートリッジを調べていて、そうでなくても狭いオーディオの世界でカートリッジはさらに小さな分野なのだなと感じるところが多くありました。
    そこで現在活躍しているブランドがどこを起源としていて、どういったところにOEMしてたり協力関係にあるのか、分かる範囲でちょっとまとめてみることにしました。
    直接面識があるわけでもないので間違い、勘違いがあるかもしれませんが、その点はご了承・ご指摘いただければ幸いです。

    古くからのカートリッジブランドというとオルトフォン、SHURE、日本ではオーディオテクニカ、DENONなどがありますが、さすがにその源流までは追いきれません。
    一方、多くの高級メーカー、言い換えればガレージメーカーっぽいところはGraceを起点にしているところが多いと聞きます。
    有名なところではIKEDAの池田勇氏はGraceやFRに所属されていたはずです。

    SUPEXもGraceとは兄弟関係で、SUPEXはLINNの初期のカートリッジを生産していたりしたとされています。
    そんなSUPEXからの流れというと、光悦、ShelterやMUTECHなどがそうですね。
    マイソニックラボの松平吉男氏もSUPEXをはじめ、アントレーやオーディオクラフトなどに在籍されていました。
    ちなみにTechDASのカートリッジはどうやらマイソニックラボの製造によるものみたいです。

    ZYXはオルトフォンのMC20などを設計された中塚氏で、並木宝石にも所属されていました。
    並木宝石もカンチレバーやスタイラスなどでいろんなメーカーに関連していることと思います。
    流れとしてやや珍しいのはハイフォニックで、こちらはDENONからの独立です。
    オーディオテクニカからの派閥というのはあまり耳にしませんが、機構部分はOEMしたりされているようですね。

    OEMでは元々有名だったというところも多く、エクセルサウンドやPhasemationなどがそれに当たります。
    そんな中でよく分からないのは私も先日入手したLYRAで、流れが不明ながら、現在はLINNのカートリッジを製造しています。
    ちなみにOEMだからといっても音傾向まで同じというわけではなく、依頼元の音傾向に沿って作るケースがほとんどでしょう。

    他にもベンツマイクロはスイスのブランドですが、今はどうだか不明ですが製造は日本だった?という説があったり、オルトフォンもかなりのものが日本製造だったりと、カートリッジの分野での日本の強さが非常に目立ちます。
    MCカートリッジの場合、あまり大規模な機材が必要なわけでもなく、かと言ってきめ細かい作業が大切だからなのでしょうか。
    それでもどこも後継者が少ないのは他のモノづくりと同様だと思われますが…。

    他にもダイナベクターやサテンなどはどういう流れだろう?とか、漏れたブランドもあると思いますが、こうやって眺めてみるとなかなか面白いものです。
    個人的にはClearaudioのヘッドシェルがオルソニックにソックリなのはナゼ?とか、まだまだ気になるところはあるので、たまに情報収集してみたいなと思っています。

    Filed under: Audio
    2017/08/13 12:00 pm | No Comments
  • 128月

    さだまさしさんが2年ぶりのオリジナルアルバム「恵百福 たくさんのしあわせ」を9/6にリリース予定だそうで。

    去年も出してた印象があったんですが、オリジナルじゃなくて永六輔さん絡みのものでしたね。
    グレープ時代から通算44枚目のオリジナルアルバムだとか。
    もちろんそれ以外にもトーク集とか色々出しているものは入れずにですから、44枚ってのはスゴいですね。
    ちなみにうちに何枚あるかな?とざっくり勘定してみたら31枚は持ってそうです。
    その中から5枚挙げるとしたら、この辺りかな。

    夢供養
    印象派
    風のおもかげ
    すろうらいふすとーりー
    第二楽章

    夢供養や印象派はちょうど聴き始めた(さすがにややリアルタイムではない)当時のアルバムで思い入れがありますし、「すろうらいふすとーりー」はマイナーだと思いますが再び聴くようになったきっかけでした。

    コンサートも誰よりもたくさんやっていらっしゃいますが、5月には喉の調子を壊して公演もいくつか順延されてました。
    だいぶ無理して録音・リリースされるようですが、たしかにアルバム発売は楽しみではあります。
    収録曲は以下の通りとのこと。

    01. 約束の町
    02. つばめよつばめ
    03. ガラパゴス携帯電話の歌
    04. GENAH!
    05. 詩島唄
    06. たくさんのしあわせ
    07. 秋蘭香
    08. 避難所の少年
    09. いにしへ
    10. 潮騒

    そういえば「風に立つライオン基金」についてもニュースになっていましたね。
    公益財団法人の認定を受けたんだとか。
    実を言うと「風に立つライオン」はさほど好きな曲ではなかったんですが、「風の軌跡」のバージョンはなかなか良いなぁと思いました。
    小説も映画も観てませんけど…。
    今回もシリアスな曲から変なコミカルなものまでいろんな曲が収録されてるようですし、お気に入りの曲ができることでしょう。
    SACDとかハイレゾ配信もできたらやってほしいですが、古いアルバムはリマスターで配信されてるものもありますので、懐かしいなぁと思われる方は購入されてみるのも良いかも。
    私は古いのはレコードで聴きますけどね。

    Filed under: Music
    2017/08/12 12:00 pm | No Comments