• 2411月

    iMacが届く前に見つけておいたWIndows XPのアップグレード版ですが、
    古いWindowsのディスクが見あたらず、インストールを保留してました。

    ですが、古いディスクを探し回って、やっと見つけてきたので、まずは
    Boot Campでのインストールにチャレンジです。

    Boot Campのヘルプによると、SP2が当てられた通常版のXPしかダメ
    という風に書いてありますが、まずは試してみます。
    すると、途中で以前のWIndowsのCD-ROMを入れるように指示が出ました。
    しかし、iMacからCDを取り出す手段が…ありません。

    もちろん、キーボードの取り出しボタンは無効ですし、本体には強制排出の
    ボタンすらありません。
    うーん、緊急時のためにも強制排出の手段くらいは用意しておいて
    ほしかったかも。
    たったそれだけのことでインストールできないなんて、もったいないです
    ものね。

    ちなみに、USB接続などの別のCDドライブを用意して、そこに古いWindowsの
    CD-ROMを入れれば、一応、インストールが継続できるらしいです。
    うちにも以前はUSB接続のドライブがありましたけど、今はないですねぇ。

    ということで、あっさり諦めて、Vistaでも快適に動作することを先日確認した
    「Parallels Desktop」を使うことに切り替えました。
    やっぱりMacとシームレスに使えるほうが便利ですしね。

    B000IOF63E Parallels Desktop for Mac
    プロトン 2006-11-11

    by G-Tools

    こちらのほうはHDD容量を20GBに増やし、メモリ割り当てを512MBにした
    以外は、何の変更もなく、そして、何のトラブルもなくインストール完了。
    あまりに簡単すぎて、味気ないくらいでした。

    そして、Windowsでは必須のウィルス対策は「Avast!」のHOME Editionを
    使うことにしました。
    一応、ユーザー登録が必要ですが、非商用ならフリーなのはうれしい
    ところです。

    あとは拙作のMBLaunchを入れた程度で、細かい設定はこれからです。
    なんたって、SP1すら当たってない状態からでしたから、Windows Updateの
    嵐でしたからねぇ。(^^;

    動作のほうはVista同様、非常に快適です。
    画面を最大化してしまったら、実機で動いてるのと勘違いしてしまう
    くらいです。

    その証拠に、HDBENCHでのベンチマークの結果を載せてみましょう。
    なお、検証には、「Ver3.40 beta6」を使いました。

    下がiMacのParallels Desktop上のXPでの結果で、カッコ内がeMachinesの
    J6424(実機)での結果です。

    Processor Celeron 2165.16MHz (2200.85MHz)

    ALL 45717 (39339)

    Integer 154315 (102460)
    Float 102252 (120114)
    MemoryR 83908 (110456)
    MemoryW 82833 (64946)
    MemoryRW 161161 (120168)
    DirectDraw 27 (29)
    Rectangle 38135 (29532)
    Text 17379 (2301)
    Ellipse 19276 (7580)
    BitBlt 49 (78)
    Read 59778 (41190)
    Write 11398 (30759)
    RRead 16953 (3346)
    RWrite 10072 (13794)

    えー、設定とか諸々の影響もあるとは思いますが、なんと実機で、しかも
    まだまだ現役のAthlon 64 3200+を超えるベンチマーク結果をたたき出して
    くれちゃってます。

    そうでなくても、iMacが届いてからというもの、1280×1024の画面は
    「狭いなぁ」と感じ始めてるというのに…。
    iMacの性能の凄さとParallel Desktopの完成度の高さに驚いた結果
    なのでした。

    Filed under: Start Mac
    2006/11/24 7:48 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • 羊パパ Says:

    35番の羊パパです。
    Parallels、インストールされたようですね。
    BootCampのパフォーマンスには劣りますが、現在のParallels Ver.1970は本当に完成度が高くなってます。
    記事にも書きましたが、これでも1CPUで稼働してるのかと疑いたくなるほど、スムーズで使いやすいですよね。
    今年の年末から年明けにUSB2.0・2CPU稼働への対応をアナウンスしてますので、今後は更に使い勝手が上がると思います。

    ちなみにBootCampでWindows XP SP2を使うと、笑っちゃうくらい速くて変な気分になります(笑)。

  • MacBS Says:

    羊パパさん、コメントありがとうございます。

    Parallels、あれでもまだ1CPUなんですね。
    Core 2 Duoの速さとエミュレーション技術の高さのおかげですね。

    USB2.0対応というのは、やっぱりうれしいかも。
    接続しそうなUSB2.0の機器といっても、今のところはスキャナくらいですが。

    BootCampについては、Vistaが発売になって、Mac OS XもLeopardに
    なったあたりに考えようかと思っています。
    ただ、一度、Parallelsのシームレスな環境に慣れちゃうと、やっぱりこれが
    捨てきれなくなりそうな予感です。