• 1312月

    先日もチラッと書きましたが、iPhone用のプレーヤーソフト「OPlayer Lite」が面白そうだったので試してみました。
    OPlayer Lite - olimsoft

    有料版もありますが、違いは広告があるかないかだけで、機能的な差はないと思います。
    ただ、動画を見る場合は広告が重なって表示されるので、まずはLiteで動作確認という感じかもしれませんけど。

    音声はMP3からFLACまで、動画もAVIからWMVなど、かなりのものを変換なしに再生できます。
    ただ、このソフトのキーポイントはそこだけではなく、ファイルそのものをiPhoneに入れておかなくても再生可能という点です。
    FTPサーバやSambaによるファイル共有にアクセスして、そこから音声や動画をiPhoneのアプリ内にダウンロードしたり、そのままストリーミング再生することができちゃいます。

    実際に再生してみると、FLACも全く問題なしですし、MP4やAVIも全く問題なく再生できました。
    音質や画質も純正アプリに負けていません。
    ただ、ストリーミング再生ではネットワークの速度などによるのか、多少もたつくことがあります。
    設定でキャッシュサイズを変更したりもできるので、そこそこ通信スピードが確保できれば、軽減可能だと思いますが。

    最初にも書いたように無料版は広告が出ますが、音声だけなら特に邪魔になるほどではありません。
    また、iPad版のHDも同じくLiteと有料版 OPlayer HD - olimsoftがあるので、まずはどちらも無料版で動作確認してみるのが良いかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Smartphone
    2011/12/13 9:00 am | OPlayer Lite はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.