• 129月

    とかく音質で厳しい評価を受けるiPhoneですが、個人的には素直でそこそこいけてると思っています。
    とはいえ、ピュアオーディオとして捉えれば当然不満がないわけではありません。
    せめてMacBook Airくらいになればありがたいのですけどね。
    というわけで、iPhone用のヘッドホンアンプを調べてみました。

    定番はオーディオテクニカの「AT-PHA31i」でしょう。
    サイズも小さいし、リモコン感覚で使えるのは良さそうですが、なにぶんメジャー過ぎます。
    普通はメジャーなのが良いわけですけど、それじゃ面白くないですからね。

    ただ、そうなると候補はかなり少ないんですよねぇ。
    FOSTEXのはデジタルだけど高くて大きいから、使いやすいのはi.fuzenの「HP-1」かな。
    自作されてる方もいらっしゃるけど、バッテリー駆動のアンプキットで作るのは確かに面白いかも。

    そして、もうひとつの選択肢として考えたのが、Bluetoothのレシーバーです。
    Bluetoothでの送信は圧縮がかかってはいますけど、iPhoneのアンプ部分はバイパスできるわけですからね。
    ソニーのMW600あたりならお値段も安めだし、イヤホンも交換可能で、実はなかなか良い「ヘッドホンアンプ」の選択肢なのかもしれません。

    Filed under: Smartphone
    2011/09/12 12:00 pm | iPhone用のヘッドホンアンプ はコメントを受け付けていません

Comments are closed.