• 139月

    iPhone 3Gの時代から使ってきたケースがさすがに寿命らしく、崩壊してきました。
    少し前に表面の人工皮革っぽいところが剥がれたんですが、今度は構造そのものを縫い合わせてあるところが駄目になってきて、さすがにそろそろ限界みたい。
    そもそもiPhone 4で3Gのケースを使うこと自体、無理がありますものね。

    ただ、そこまでして使ってきたのには理由もあって、フラップで画面側を保護したいというのと、ネックストラップが必須という条件を満たすケースが少ないからなんですよね。
    これはたしか以前も書いたかと思いますけど。
    その条件がなければ、eggshellあたりが軽快で良いのですが…。

    ただ、さすがに壊れてしまうと、せっかくのネックストラップも意味がなくて、中身が転がり出てしまいかねません。
    ということで、無理に調べてみると、二つほど候補が見つかりました。
    ひとつはKRUZの縦フリップタイプのもの。
    ちょっとデザインが奇抜な感じはしますが、一応条件は満たしているようです。
    ストラップが細いタイプ前提ですが、オリジナルのストラップが付いてますし、これはこれで良いかも。

    もうひとつは安定解という感じで、「RT-P3LC1/B」というもの。
    こっちは今使ってるケースにほぼそっくりで、違うのはフリップの固定がベルクロテープではなく、ボタンになってることくらいかな。
    ただ、評判はいまいちっぽいのと、あまりに同じで新鮮さに欠けることかな。

    とはいえ、もう時間的余裕もなさそうですし、出張から戻ったら、このどちらかを注文しちゃおうかなぁと思っています。
    念のため、出張中に店舗で見る時間があれば、いろんなケースも見てきたいところなんですけどね。

    Filed under: Smartphone
    2011/09/13 9:00 pm | iPhoneのケースが壊れてきた はコメントを受け付けていません

Comments are closed.