• 025月

    iPad mini発売を察知して第6世代のiPadを手放したのですが、どうも仕事でまた必要になりそうなので改めて調べてみました。
    現行のラインナップは容量は別にしても以下のように多く、正直分かりづらいですねぇ。

    iPad Pro 11inch
    iPad Pro 12.9inch
    iPad Air 10.5inch
    iPad 9.7inch(6th Generation)
    iPad mini 7.9inch

    大まかな違いはiPad ProがFace ID、それ以外はTouch IDで、Apple PencilもProだけ第2世代、他は第1世代です。
    またiPad ProはUSB-Cになっていますが、それ以外はLightningコネクタです。
    そう考えるとiPad Proとそれ以外の2台を揃えておけば、まぁ大体のテストはできそうです。

    ARKitに対応する必要も将来的に出てきそうで、そこはiPad Proのみかと思いきや、新しいiPad miniやiPad Airは対応しているんですね。
    中古を選ぼうとすると第5世代のiPadはなんとか対応してますが、mini4やAir2は非対応なので、こっちは素直にiPad miniにするのが良いのかも。
    いやまぁ6th Generationでも良いんですが、買い戻すのも面白くないし、仕事以外では全く出番がなかったですからねぇ。
    ちなみにiPhoneは6まで未対応で、7以降が対応となっているようです。

    問題はお値段で、iPad Proは10万近い価格になってしまいますし、Apple PencilやSmart Keyboardもとなるとノートパソコンが買えそうなお値段になってしまいます。
    整備済製品も上記の条件に該当するのは第6世代iPadくらいで、iPad Proはないみたいです。
    安くあげるのであれば10.5inchの頃のiPad Proというのも手ですが、ちょっと今さら感が否めないのはたしかですねぇ。
    iPad Pro1台だけで良いのであれば11inchにするのが良いのかなぁとは思いますけど、仕事のみなら10.5inchでも十分かもしれませんね。
    また、11inchにはヘッドホン端子がないというのもちょっと引っかかる点ですし、そもそもUSB-Cも現状では不便なだけかも。

    あとは購入先ですけれど、現行モデルなら確実なのはやはりApple Storeでしょう。
    楽天Rebatesを使えば1%ポイントバックもありますが、ほんのオマケ程度ですね。
    ヨドバシで買っても結局1%還元ですし、あそこは化粧箱にそのまま伝票貼って送ってくるケースがありますからねぇ…。

    基本的には開発機材ですから、動作確認ができることが重要ですし、うまく1台にまとめられないかなぁと考えている段階です。
    幸い、iPhoneのほうは機種変更した過去のモデルが手元にたくさんありますし、今月中に検討したいと思います。

    Filed under: Smartphone
    2019/05/02 12:00 pm | iPadを改めて選定 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.