• 1811月

    先日、格安でゲットしてきたCONTAX用のレンズ「Tessar T* 45mm F2.8」で
    早速、試し撮りをしてきました。

    フィルムは最近はすっかり品薄になったコニミノのCENTURIA SUPER 200です。
    カメラのほうは、テッサーのサイズを考えて、RXではなく、137MDに
    しました。

    実画像サイズ 640 x 433 ( 80 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    最短撮影距離は0.6mと、あまり短くはありませんが、描写自体は
    近距離の撮影でも、なかなか良い表現をしてくれます。

    正直、コントラストばかりが強いレンズかと思っていたのですが、
    そんなこともなく、しっかりした基本性能の上でのクセ程度だと
    感じました。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 82 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ライカショップの前でのスナップでは、ツァイスらしいドイツ的な
    雰囲気が出てくれてます。
    まぁ、多分に気のせいもあるようには思いますけどね。(笑)

    実画像サイズ 640 x 433 ( 66 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    F2.8と、それほど明るくはないレンズですが、暗い場所でも程良い
    コントラストで、良い雰囲気にまとめてくれます。
    ある意味、撮影者の腕をカバーしてくれるレンズかもしれません。

    他の作例も下のページの後半に置いてありますので、良かったら
    ご覧ください。
    http://homepage1.nifty.com/macbs/photo_137md.htm

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/11/18 3:44 pm | Tessar、現像上がり はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.