• 031月

    RawShooter essentials 2005」という、PC用のフリーのRAW現像
    ソフトを見つけたので、早速、試してみました。

    製品版の「RawShooter Premium 2006」の簡易版らしく、
    ユーザー登録すれば、無料で使うことができます。

    なにはともあれ、実際に現像した画像をみてもらったほうが
    良いですね。
    まずは、RawShooterで現像した画像が、こちらです。
    (クリックすると、少し大きくなります。)

    同じ画像をPhotoshopで現像したのが、下の絵です。

    RawShooterのほうは、ホワイトバランスをソフトに自動調整させて、
    ハイライト部分のコントラストをやや下げた程度で、あとはあまり
    いじってません。

    それでも、ずいぶんと雰囲気が違ってると思いません?
    明らかにRawShooterのほうが、やさしい画になってるように感じます。
    ある意味、銀塩っぽい仕上がりですよね。

    被写体との相性もあるでしょうが、このケースではRawShooterの
    ほうが魅力的かもしれません。

    操作には少しクセがあって、保存の仕方がわかりづらかったりしますが、
    慣れてしまえば、大量の現像作業もワークフローでこなせて、なかなか
    便利かも。

    一旦、メールアドレスを登録してダウンロード。さらにユーザー登録が
    必要というのは、ちょっと手間ですけど、なかなか出来の良いソフトですし、
    対応するRAW形式もEOSシリーズ(5D,1D II Nを除く)やD2X,D70,
    E-300やistDSなどなど、かなり幅広いので、該当機種をお持ちの方は
    試してみるのも良いかもしれません。

    (1/3 23:15追記)
    下のサイトで、日本語化パッチも配布されてます。これを適用すれば、
    さらに使いやすくなりますので、使用される方はぜひお試しあれ。
    http://soft.photoracer.net/

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/01/03 11:07 pm | RawShooter essentials 2005 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.