• 169月

    カメラ収集の、かなり初期あたりに入手しておきながら、なかなか
    撮り終えていなかったオリンパスのレンジファインダー機「Auto Eye」の
    試し撮り分が、やっと出来上がりました。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 65 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ずいぶん古い機種ですが、セレン光電池の露出計もまだまだ現役で
    しっかりとした露出になってます。

    実画像サイズ 640 x 433 ( 59 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    レンジファインダーもちゃんと距離連動していて、ピントがくると、なかなか
    シャープな描写をしてくれます。
    シャッター音が小さいから、ジョブもだいぶ平気みたい。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 72 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ただ、私自身が最短撮影距離が短い撮影スタイルのほうが好きなので
    レンジファインダーだと、なかなか撮るコツが掴めないんですよね。
    街撮りなら、まぁそこそこ、慣れてはきたんですけれど。

    とはいえ、このほかにも人物写真なんかも結構撮ったんですが、古いカメラとは
    思えないほどの表現力を持ったレンズでした。
    あまり目立って評価されないモデルですが、底力はなかなかだと感じました。

    Filed under: Photo
    2006/09/16 10:43 pm | OLYMPUS Auto Eye、現像上がり はコメントを受け付けていません

Comments are closed.