• 041月

    先日ゲットした、ゼンマイ巻きのハーフサイズカメラ「FUJICA DRIVE」
    ですが、試し撮りのネガが出来上がってきました。

    が、しかし!撮影結果は、かなり悲惨なものでした。

    まず、光線漏れがかなり見受けられました。
    これは私がフィルム室の蓋のモルトが「まだ大丈夫」と判断したものの、
    実際は上部分がヘタっていたことによるものだったようです。
    早速、貼り直したので、次回は大丈夫になるはずです。

    そして、もっと決定的なのは、AE機構が正常に動作していない点です。
    もちろん、露出計の針が振れて、それが連動レバーに伝えられている
    ことは、分解してちゃんとチェック済だったんですけどねぇ。

    絞りも一応は変化しているようなんですが、絞り足りない感じですし、
    シャッタースピードにいたっては、そう言われれば変化してない気も…。(^^;

    診るとすれば、おそらくレンズシャッター周りなのでしょうが、これ以上
    分解するのも大変そうだし、幸い、この機種にはマニュアルモードが
    装備されてますから、単体露出計片手に、次回は撮ってみようかと。

    ちなみに、そんな中、訳のわからぬAEで偶然、適正(?)露出になった
    コマを拾って、貼ってみます。

    実画像サイズ 488 x 640 ( 81 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    実画像サイズ 482 x 640 ( 75 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    実画像サイズ 640 x 483 ( 110 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    こうやって露出さえ合ってくれれば、コンパクトで、しかもハーフサイズ
    とは思えないような描写をしてくれるので、捨てがたいんですよねぇ。(笑)

    いつものように、多少はまともな作例だけ、下のページに置いて
    おきましたので、よろしければご覧くださいませ。
    http://homepage1.nifty.com/macbs/photo_fdrive.htm

    Filed under: Photo
    2007/01/04 8:11 pm | FUJICA DRIVE、撮影失敗 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.