• 2111月

    先日、ハードオフのジャンクかごで見つけたフジのコンパクトカメラ
    「FUJICA AUTO-7」の現像が出来たので、早速スキャンしてみました。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 89 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    正直、動作音が心許ないし、なんとなく安っぽさがあふれてるので
    あまり期待してなかったのですが、ピシャリと決まると、なかなかの
    描写をしてくれて、びっくりします。

    逆光には弱いようですが、順光ならば、ややオーバー目の露出で
    ネガでは色乗りが良くなって、シャープな描写をしてくれます。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 83 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    さっきも書いたように、全般にオーバー目の露出なはずなのですが、
    順光の空はくっきりと深い青で、記憶色を再現してくれます。
    個人的には、JX100で、これだけ深い発色をしたカメラは初めてかも。
    まぁ、単純に周辺減光が激しすぎるだけかもしれませんけど。(笑)

    実画像サイズ 640 x 433 ( 79 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    暗いシーンでも、もちろん問題なく、やや優しいタッチに変わって
    そつなくこなしてくれる感じです。

    まぁ、その代わり、ここでは挙げてませんけど、逆光では派手に
    ハレーションやゴーストが入ることが多いんですけどね。
    まぁ、そのくらいは多めに見てあげたいと思います。

    他の作例は、下のページにありますので、よろしければそちらもどうぞ。
    http://homepage1.nifty.com/macbs/photo_auto7.htm

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/11/21 8:49 pm | FUJICA AUTO-7、現像上がり はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.