• 206月

    Canonの絞り優先AE機、「AV-1」の試し撮りネガの現像が出来てきました。
    先日のRICOH XR500といっしょに出来てきたんですけど、私のPCでは
    1日に24枚スキャンするのが、せいいっぱいって感じです。
    2400dpiの16bitで読んでるせいもあるんでしょうけどね。

    それはともかく、まずは何枚か貼ってみます。

    実画像サイズ 640 x 433 ( 96 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    実画像サイズ 433 x 640 ( 81 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    上の2枚は、レンズに28mm F3.5を付けて街撮りしてみました。
    カメラが比較的、小さめですし、こういうスナップにも向いていますね。
    ただ、やっぱり一眼レフで撮ってるのは珍しいらしく、「何、撮ってるんだろ?」
    という顔で見られたことが数度ありました。(^^;

    つづいて、135mmレンズを付けて1枚。

    実画像サイズ 640 x 433 ( 74 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ほぼ最短撮影距離で、絞りも開放F3.5なので、被写界深度がずいぶん
    浅くなってます。
    まぁ、この写真の場合は、あえてそれを狙って撮ったわけですけれど。
    後ろのボケは素直ですが、前ボケはややくすんだ、というか、ブレたような
    ボケ味です。

    なんだかカメラのテストなんだか、レンズのテストなのか、わからなくなりそうですが、
    カメラのほうは、AE-1 Programと比べると、柔らかい描写に感じました。
    同時期のオリンパスOM10に似た印象がありましたね。

    なんとなく、Canonはこの時期、シャッター速度優先AEに傾倒してたので、
    絞り優先AEの、この機種は嫌々、仕方なく出したようなところがあって、
    なんだか恵まれない、かわいそうなカメラです。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/06/20 11:42 pm | AV-1、現像上がり はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.