• 246月

    Photoshop CS2の新機能
    「32bit HDR」を試してみたくて、
    ブラケット撮影の実験をしてみました。

    HDRとは、High Dynamic Rangeの略で、
    露光量の異なる複数の画像を用意すると、
    普通なら暗過ぎたり明るすぎて、つぶれてしまう
    部分も、しっかりと再現することができる機能です。

    上の写真は、ガラス製のリンゴの置物での等倍ピクセル比較です。
    (サムネイルをクリックすると、等倍表示されます。)
    上半分がAuto(0EV)で撮影したもの、下半分が±1.7EVで3枚撮影した
    画像で32bit HDR処理したものです。

    一見、上のほうがキレイに見えますが、細部が「のっぺり」しちゃってて、
    微妙な陰影が消え失せてしまってるのがお分かりいただけるかと。

    この作例はあまり良いシチュエーションとは言えませんが、逆光のシーンでは
    結構使えるのではないかと。
    ただ、ブラケットで撮る必要がありますから、動きのある被写体は
    ちょっと無理でしょうけどね。

    ともあれ、なかなか面白い機能だと思います。
    仕事がらみでも何か活用できるかもしれないなぁ。

    B0009U5M36 Adobe InDesign CS2.0 日本語版 Macintosh版

    by G-Tools

    Filed under: Photo
    2005/06/24 10:18 pm | 32bit HDR はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.