• 129月

    以前、山梨のほうまでドライブした際に、青梅の中心街がなかなか
    フォトジェニックな感じだったので、行ってみることにしました。

    主体は銀塩で撮って歩いたんですが、今回は珍しくNikon D70も
    持って行ったので、ちょっとだけ紹介がてら。

    お店の雰囲気がとにかく「レトロ」なんですよね。
    もちろん、わざとそういう演出をしている部分もありますが、
    そうでない「天然」のものも結構ありました。

    そんなショーウィンドーで、こんなカメラを発見。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 31 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 320 / 0.0
    露出時間/絞り 1/30 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    ちょっとガラスが光って見づらいのですが、文具やさんらしき、
    そのお店に、何故か手札版らしきスプリングカメラが。

    レンズはウォーレンザックのvelostigmatで、シャッターはBETAXの
    ようです。
    私の知識ではメーカーと機種名を判別できなかったのですが、
    どなたか、お分かりの方、いらっしゃいますか?

    いずれにしても、かなりのレトロさを初っぱなから感じさせてくれました。
    他にも、通りのあちこちに古い映画の看板が立っています。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 59 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.0
    露出時間/絞り 1/200 秒 / F 7.1
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    この看板自体も、良い具合に枯れてきていて、さらにレトロな
    感じを強調してくれてます。

    かと思うと、こんなものも。

    実画像サイズ 432 x 640 ( 44 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.0
    露出時間/絞り 1/200 秒 / F 7.1
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    青梅赤塚不二夫会館というのがあって、その前に燦然と輝く
    パパさんがいるのでした。(笑)

    そして、帰りにちらっとカメラ店に寄ると、お客さんが店員さんに
    「カメラのフィルムを巻き戻してほしい」とお願いしていました。
    カメラはフジの「FUJICA AUTO 7」でした。

    でも、その店員さん、若いから仕方がないのでしょうが、
    「古いカメラなので、巻き戻し方がわかりません」と答えてるでは
    ないですか!

    私も「確か自動巻き戻しだった気がするけどなぁ」と、会話を覗いて
    いたら、そのおばさんお客さん、私に「これ、巻き戻して!」と
    頼んできました。(爆)

    この機種は私も持ってるし、リワインドのボタンを押し込みながら
    スライドさせるだけで、簡単に巻き戻し完了。
    今頃はきっと無事に現像が出来てることでしょう。(笑)

    いやぁ、あの調子だったら、Nikon F4とか持ち込んだら、絶対
    巻き戻しできないでしょうね。(^^;
    ブローニーやポジなんかも、そのお店にはちょっと出したくないなぁと
    感じちゃいました。

    ってことで、今回の銀塩の撮影分はまだ未現像。
    モノクロとカラー両方で、結構撮ったので、出来上がりが楽しみです。
    ただ、中判、持って行くのを忘れたんですけどね。(^^;

    Filed under: Photo
    2007/09/12 8:50 pm | 青梅で撮影などなど はコメントを受け付けていません

Comments are closed.