• 069月

    先日、本屋さんで田中長徳さんの著書「名機礼讃」の1と2を
    見つけたので、ゲットしてきました。

    4817900040 銘機礼讃―愛すべき写真機たちの肖像
    田中 長徳
    日本カメラ社 1992-10

    by G-Tools

    4817900067 銘機礼讃〈2〉語りだすディテール
    田中 長徳
    日本カメラ社 1996-10

    by G-Tools

    長徳さんが愛用されているカメラについて、その「銘機」ぶりを
    紹介するエッセイですが、時折、ウィーン時代の話などを
    織り交ぜながら、堅苦しくない語り口で書かれているので、
    楽しく読めます。

    ちなみに、買ってから知ったのですが、なんと2から11年ぶりに
    銘機礼讃の3巻目が出るんだそうで。

    これには私の好きなWERRAの記事も載るそうなので、今から
    楽しみです。
    私もWERRAの交換レンズが欲しいんだけど、あれはかなりレア
    ですよねぇ。

    私がもし「銘機」を挙げるとしたら、どんな機種だろうなぁ。
    とりあえず所有機種で5つ挙げるなら、こんな感じかな。

    MINOLTA XD
    OLYMPUS OM-2N
    PENTAX LX
    BESELER TOPCON SUPER D
    Leotax K

    基準としては、ふと触りたくなる、フィルムを入れてあげたくなる
    カメラって感じですね。
    あと、ファインダーを覗くだけでワクワクするカメラ、仕上がりが
    期待以上に仕上がるカメラってところでしょうか。

    そういう意味で、上の5台は決してメジャーではない機種も多いですが、
    どれも素晴らしい「銘機」だと感じます。

    Filed under: Photo
    2007/09/06 2:10 pm | 名機礼讃 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.