• 026月

    本屋さんで「交換レンズ 2009」という、毎年出ているレンズ本の最新刊を
    見つけました。

    4056054886 交換レンズ 2009 (Gakken Camera Mook)
    西平 英生
    学習研究社 2009-05

    by G-Tools

    雑誌のほうではCAPAを読むことは少ないのですが、こういうムックは
    CAPAのシリーズが、なぜか好きなんですよね。

    基本的に現行レンズの紹介ですが、何年か経つと、これが中古レンズの
    重要な情報源になるんですよね。

    しかし、まだまだフルサイズ対応のレンズは少ないですね。
    サードパーティだと、以前よりも減ってるような印象さえ受けます。

    要求性能がどうしても高くなるので、コスト面から敬遠されるのでしょうね。
    また、手持ちのレンズがある方も多く、買い換えが抑制されているせいも
    あるのかもしれません。

    そういう点は、いっそのこと、過去のしがらみがないフォーサーズのほうが
    安心して使えるレンズの数は多いかも。
    まぁ、こちらもマイクロフォーサーズになると、色々大変そうですけれど。

    レンズのスペックもしっかりチェックしたいところですが、それ以上に
    レンズの光学的なことも学ぶべきかもなぁ。

    4486012712 レンズ設計―収差係数から自動設計まで
    高橋 友刀
    東海大学出版会 1994-04

    by G-Tools

    大学時代に光学系の講義も受講してた記憶があるんですが、なんだか
    面白くなくて、いい加減に受けていたのが、ちょっとだけ悔やまれます。
    もう一回、勉強しようっと。

    Filed under: Photo
    2009/06/02 8:01 pm | 交換レンズ 2009 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.