• 0712月

    上海問屋からホワイトバランスを取るのに便利なカメラ用ホワイトバランスカード「DN-10156」が発売されています。

    どちらかと言えばホワイトバランスカードという呼び方よりもグレーカード、もしくは標準反射板のほうが一般的な名称かと思いますが、精度をうんぬん言われるのを避けるのにホワイトバランスカードという呼び方にしたのかな?
    また、一般的な18%グレーだけではなく、ホワイトとブラックの3色セットになっているそうです。
    商品サイトにはこれを使った「撮影イメージ」が貼ってありますが、どうも調整後の色合いがおかしいように見えるんですけど、セールスには逆効果にならないのか、と他人事ながら心配してみたり…。

    カード部分は85×54mmと、クレジットカードのサイズですね。
    これが全長52cmのネックストラップに通してあって、首から下げても財布に収納しても良いのは便利そうです。
    お値段はメーカー物のグレーカードでも数百円で売ってますからそんなに割安感はないですけど、色さえそこそこ正確なら持ち歩きやすさ重視で使ってみる価値はあるかも。
    持ち歩きだけでなく、撮影ブースでの物撮りなどでも何枚かグレーカードを被写体の側に置いてRAWで押さえておくとあとでホワイトバランスを取る時に便利なのでブースといっしょに導入するのも(送料的にも)オススメかと思います。

    Filed under: Photo
    2013/12/07 12:00 pm | 上海問屋のホワイトバランスカード はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.