• 2510月

    興和から複数のマウントに対応した望遠レンズ「PROMINAR 500mm F5.6 FL」が発売されるんだそうで。
    ご存じの方も多いと思いますが、興和はキューピーコーワなどでも有名な会社です。

    フィルム時代はカメラやレンズを作っていて、プロミナーといえば銘レンズとして名を馳せたんですよね。
    そのブランドがカメラ界に復活したのは、なかなかうれしいことかも。
    ちなみにプロミナーというブランド自体はスポッティングスコープなどでずっと活躍していたので「復活」というのは正確じゃないかもしれませんけどね。

    肝心のレンズのほうはマウントアダプタでCanon EF、Nikon F、Pentax K、それにマイクロフォーサーズに対応するんだとか。
    MFで使うことになるんだと思いますが、別売りのアダプタで350mm F4にできたり、850mm F9.6にできたりと、得意分野の望遠域を活かした面白いレンズになってるようですね。

    個人的には往年のカロワイドを再現するような広角レンズにも期待かな。
    NEXやマイクロフォーサーズ用に出たら、結構人気が出そうな気がしますしね。

    Filed under: Photo
    2010/10/25 7:00 pm | プロミナー、復活 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.