• 124月

    先日もカビ除去をやったPENTAXのレンズ「Super-Takumar 1:1.8/55」
    ですが、本屋さんで「ジャンクカメラの分解と組み立てに挑戦!」という
    本に、まさしくこのレンズの分解方法が載っていたので、まだやり残してあった
    前玉の清掃をやってみました。

    4774125628 ジャンクカメラの分解と組み立てに挑戦!
    水滸堂ジャンクカメラ研究室
    技術評論社 2005-10-28

    by G-Tools

    本体の方も本では「PENTAX SV」が扱ってありましたので、その記事や
    Webサイトの情報を参考にして、こんな感じにバラして、プリズムや
    ファインダーの掃除をしてみました。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 67 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/50 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    掃除も終わって、ぴっかぴかになったPENTAX SPくんです。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 59 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/60 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    他にもOM-1やRICOH XR500など、色んな機種の分解方法が
    載っているので、まさに私のようなカメラ好きにうってつけです。(笑)

    さて、あとは露出計の電源用の電池ホルダーが届いたら、ハンダ付けして
    修理完了ですね。
    この機種は当初の状態が一番悪かったので、今までの機種の中でも
    一番手間がかかりました。(^^;

    それだけに愛着もわきそうな感じです。
    特にレンズは描写が良さそうなのがファインダーを覗いてるだけでも
    分かりますからね♪

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/04/12 9:16 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    お早うございます。もたもたしているうちにこんな時間になってしまいました!

    SPはちょっと見、新古品で通用しそうですよ。55mmのF1.8は明るさを欲張らず
    によく写るレンズだったと記憶しています。接写リング併用で撮影する場合は、
    50mmF1.4よりも優れていたと思います。

    CanonはFTですか?
    銀塩カメラの個人博物館が出来そうですね(^^)

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    SP、レフ板で撮ったので、ちょっと良さそうに見えますかね。(笑)
    実際は結構痛んではいますよ。

    F1.8といっても、今のレンズからすれば明るいですよね。
    ボケがやわらかくてキレイだなって、ファインダーを見ていて思います。
    FUJICAにも付けて撮ったので、もうじき確認できるかと。

    Canonはお察しの通り、FTです。
    個人博物館にしては、えらく安物が多いですが、
    でも気分次第で「今日はこれを持って散歩に行こうかな」と
    できるだけでも楽しいです。