• 205月

    先日ゲットしたNikon S2ですが、本体はびっくりの完動ものに
    なったわけですが、いかんせんレンズはやはりキズ玉です。

    そこで、一応、レンズもちょっと調べてみました。
    中古でも、F1.4あたりだと、結構なお値段のようですねぇ。


    《中古》Nikon NIKKOR-S.C (S) 5cm F1.4 (黒)

    35mmもありますが、ファインダーが対応してないので、そうすると
    外付けが必要になります。
    まぁ、外付けなら、フードのケラレも気にしなくて済みますけれど。


    《中古》Nikon _S 3.5cm F1.8

    コシナからも出ていたようですが、今はどれも生産終了で、
    探すなら中古ということになりそうです。


    《中古》Voigtlander SCスコパー 35mm F2.5

    唯一、現行なのは宮崎光学のMS-MODEのデュアルシステムです。
    http://mitte.nir.jp/~mitte0576/msop/index.htm

    このレンズはヘリコイドだけ交換すれば、ライカLとニコンSの両方に
    対応する優れものです。
    お値段が高いのは仕方ないところですけどね。

    あと、ニコンSにはcontaxのレンズも一応付けられます。
    レンズの繰り出し量が違うので、無限遠は出るものの、近接すると
    どんどんずれてくるそうです。
    ただ、35mm以下なら被写界深度で吸収できそうなので、使える
    みたいです。

    ここは、ロシアンなレンズにすれば、ちょっとは手が届きそうかも。


    《中古》ロシア製 ジュピター12 35mm F2.8

    ただし、ビューファインダーのほうがレンズを買えちゃうほどの
    お値段になりますけどね。(^^;


    Voigtlander 35mmビューファインダーM シルバー

    まぁ、しばらくは今のキズ玉を愉しむしか、なさそうです。

    Filed under: Photo
    2007/05/20 2:27 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん,こんにちわ

    「宮崎光学」ですか,不勉強なもので初めて知った会社のため,早速、同社のホームページにアクセスしました。レンズ部分の製造,筐体部分の製造はどこで行っているのかわかりませんが,組み立ては宮崎光学で行っているのでしょうね。それにしても,レンズ合計200本が新発売後1年以上経つのに,全部はまだ,はけないのですね。まあ,LマウントやニコンSマウントレンズを使いたい人は,元々,ブランド志向でしょうし,それに同社は宣伝をほとんど行っていないようですので,売れないのも仕方がないと思います。それと,ほとんど無名の会社では,レンズ1本の価格が2万円以下でないと難しい感じがします(あの,安原光学でも50mmF2.8レンズが1000本はけるのに,1年はかかりましたし。ただし,価格は18,000円程度でしたから,まあまあでしたが)。

    さて,「ビューファインダー」ですが,私はフジのAPSコンパクトカメラ「エピオンRVX」(マサイマラ)に付属の「外付ファインダー」を少し改造して使っています。これ,多分,現在でも,フジのサービスセンターにて2500円位で入手できると思います。ファインダー内に線が引かれており,全視野が28mm,H枠が35mm,C枠が50mmレンズに相当するものとして使え,これ1つで,一応,28mm,35mm,50mmレンズが使用できます。明るいし,歪みも感じられなくて,非常にできのよいファインダーだと思っています。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    宮崎光学さんのレンズについては、写真工業に良く記事が
    出ています。
    元々は色んな名機のレンズをLマウントなどに移植してくれる
    会社として有名です。

    レンズ性能は、なかなか良いようですが、お値段が
    高いですよねぇ。
    Lマウントはともかく、さらにSマウントと併用したい方は
    かなり限られることでしょう。

    ビューファインダー、フジのアクセサリーにあったのですね!
    これはなかなか良いアイデアをありがとうございます!
    35mmレンズゲットの折には、ぜひ調達したいと思います。