• 2111月

    クマデジタルさんより。

    最近のコンパクトデジカメでは、デジタル処理で歪曲を補正してる
    ものが結構あるというお話。
    確かにそのほうが楽ですけど、ズーム各域で補正しなければならず、
    意外と大変だとは思いますけどね。

    ちなみに収差といえば「ザイデルの5収差」が有名ですが、歪曲も
    そのひとつで、残りの4つは「ボケ」にも影響する要素です。

    あと、レンズで気になるのは色収差関連ですね。
    最近、パープルフリンジが盛大に出るカメラが減ったのは、
    これもデジタル処理されてる可能性があるのかな?

    倍率色収差に関しては意外と対応が難しいのか(?)、まだまだ
    かなり残ってるカメラが多いです。

    デジタル一眼レフの場合、レンズが交換可能なので、こういう
    「技」が使えないんですけど、ソフトウェア側で対応しているものは
    結構あります。

    DxO Optics Pro」は、その最右翼ですね。

    【送料無料】ソフトウェア・トゥー DxO Optics Pro4 STANDARD J

    レンズごとの補正係数を持っていて、EXIF情報からそれを取得して
    自動補正してくれたりします。

    Nikonの「Capture NX」も、純正レンズでは多少やってくれますが、
    DxOほどではないですね。

    まぁ、PhotoshopやRAW現像ソフトでもヴィネットコントロールや色収差補正、
    歪曲補正が手動で可能なものは増えてきました。

    個人的には色収差は別として、ザイデルの5収差はレンズの味でも
    あると思うので、あまり過度に補正しなくても良いのかなぁと思います。

    高倍率ズームのコンパクトでは、そんなことも言ってられないくらい、
    ひどい収差が残ってるのかもしれませんけれど。(^^;

    Filed under: Photo
    2007/11/21 5:17 pm | デジタルで収差補正 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.