6 Responses

WP_Lime_Slice
  • Kumadigital Says:

    ちょ、ストロボ多すぎ(笑

  • MacBS Says:

    Kumadigitalさん、コメントありがとうございます。

    「先月、2台しかカメラを買ってない」と紗羅に言ったら、
    「すごいね!少ない!」と言われました。
    刷り込みは大事ですね。(笑)

  • 匿名 Says:

    今晩は。

    ご紹介のような外部電源にNi-Cd電池を入れると、チャージが速いです。と言ってもデジカメの連写には対応できませんよね。
    ガイドナンバーの大きいストロボを軽く発光するように使えれば、数回
    分のシャッターには対応出来るかも。

  • MacBS Says:

    shigechanさん(ですよね?)、コメントありがとうございます。

    秒数コマみたいなものには対応できないでしょうが、
    そこまでいかなくてもチャージが短いのは
    シャッターチャンスを逃さなくて良いでしょうね。

    発光量を減らすのは有効かと思いますが、
    しばらく切ってないと、チャージが減ってたりしますよね。

    できれば、カメラ本体から電源供給できたら
    便利なのでしょうが、それはそれで本体のバッテリー寿命の
    問題があるかもしれませんね。

  • shigechan Says:

    どもども。
    名無しの権兵衛でしたか(^_^;)失礼しました。

    ちょっと説明不足だったかも知れません。ガイドナンバーは下げずに発光
    時間を短く(放電量を少なく)すると連発出来ると思います。
    拙宅の外部電源パックは単2×6本用で、とにかくNi-Cdだと速いです。
    チャージを始めた瞬間には3A以上流れました。単3型のNi-Cdだとチャージ
    時間が少し長くなり、電池が暖まってきました:ガイドナンバー40での
    話です。

    披露宴の写真などでストロボバウンスをガンガンやるときは、外部
    電源が必須でした。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    そうですね。あまり強い光をあてても、影が強くなる
    だけですものね。
    それにしても3A以上とは、電池も大変です。

    うちのストロボは、どれも単3電池4本のものばかり。
    ないよりは良いですが、どれも似たり寄ったりです。