• 047月

    2005年の4月にカメラを撤退しても継続されてきた
    コンタックスサロンとコンタックスクラブですが、来年の3月で
    とうとう終了してしまうそうで。
    http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2007/07/04/6581.html

    以前発表された補修サービス期限には変更ないそうですが、
    ある意味、これで京セラの「CONTAX」は完全な終焉を迎える
    わけですね。

    逆に考えると、その後は京セラとのライセンス契約も切れて
    別のどこか(といっても考えられるのは一社しかないけど)から
    CONTAX(もしくは小文字)のカメラが出るかもしれませんね。

    良くヤシコンマウントのデジタル一眼レフを希望する声も
    聞きますが、さすがにそれはないでしょう。

    一眼レフシステムで利益率が高いのはレンズなわけで、それを
    過去の資産で流用されては、メーカーとしては儲け損なう
    可能性が高いですからね。

    個人的には補修期間のことはあまり気にしてないので、
    「CONTAX AX」が欲しかったりします。


    CONTAX AX (製造番号2万以降)《中古カメラ》

    このカメラはある意味、画期的な構造ですし、物欲を刺激される
    カメラです。

    ちなみに、先日ゲットした「CONTAX T」も、持っていて楽しい
    カメラです。


    CONTAX T ストロボ付《中古カメラ》

    本来は結構なプレミアが付いてるようですね。
    私のはカビありなので、安かったですが、無事に動作してくれていて
    うれしい限りです。

    Filed under: Photo
    2007/07/04 10:12 pm | コンタックスクラブ終了へ はコメントを受け付けていません

Comments are closed.