• 2711月

    いまだに「FireWireのほうが好きだなぁ」という印象なのはMacユーザーの
    性なのかもしれませんが、そんな中、新しい規格「USB3.0」が意外(失礼)にも
    早めの普及を見せているようで。

    ひとつにはHDD本来のスピードがUSB2.0だと出ないというのもあるんでしょうね。
    すでに大容量の外付けHDDにUSB3.0対応のものが出ています。

    B002RL96L4 BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク 最大転送速度 133.1MB/s 1.5TB HD-H1.5TU3
    バッファロー 2009-11-04

    by G-Tools

    理論的には最大5Gbpsだそうですから、NASなどとは比較にならないくらい
    高速ですよね。
    USB3.0のUSBメモリとか、RAID機器なんてのも、近いうちに登場するかも。

    まだUSB3.0に対応したパソコン自体はほとんど登場してないはずですが、
    インターフェースカードは思ったより安いのもあって、自作ユーザーを皮切りに
    普及が進んでるんでしょうね。
    MacがUSB3.0を選ぶかどうか、という問題もありますが。

    そして、もうひとつ普及がはっきりしないBlu-rayのほうもUSB3.0対応の機器が
    もうすぐ出るようです。

    B002YK4VBS BUFFALO 最大12倍書込み USB3.0対応 外付けブルーレイドライブ BR-X1216U3
    バッファロー 2009-12-11

    by G-Tools

    USB3.0が生かせるくらい高速に書き込みできれば、バックアップ用途に
    重宝しそうです。
    なにしろ、最近のデジカメで撮った写真や動画はHDDをどんどん浪費しますからねぇ。

    うちはiMacなので、しばらくはUSB2.0ですが、USB2.0でも互換はあるので、
    追加する機器は、できればUSB3.0対応のものにしておこうかな。

    Filed under: PC
    2009/11/27 4:32 pm | USB3.0が普及!? はコメントを受け付けていません

Comments are closed.