• 2512月

    Apple謹製のWindows用Webブラウザ「Safari for Windows」が、まだまだ
    Public Betaながらも、ADCで「Seed 306A10」にバージョンアップして配布
    されています。

    改良点はかなり細かく色々あって、イメージが他のアプリにドラッグ&ドロップできる
    ようになっていたり、新しいWindowを開いたときにアドレスバーではなく、開かれた
    ページにフォーカスが置かれるようになったりといった感じです。

    かなり動作も安定してきていますし、日本語サイトや日本語フォントへの対応も
    強化されている印象ですから、ローカライズが進んだら、正式公開になるのかも
    しれませんね。

    iTunesと違って、強力なコンテンツがあるわけではないですから、どこまで普及するかは
    未知数ですけど、Windowsでのブラウザの選択肢が増えるのは良いことだと思います。

    Filed under: PC
    2007/12/25 2:02 pm | Safari for Windows Public Beta Seed 306A10 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.