• 081月

    これまではMac上で作業を進めることが多く、階下や家族からの連絡はiMessageでサクッとやり取りできていました。
    しかしWindowsとなるとそうもいかず、Fall Creators Updateのスマートフォン連携も大したことなくて不便だなぁと。
    そこで導入したのがPushbulletというアプリです。

    WindowsだけでなくiPhoneアプリもありますが、Macは有料のサードパーティ製アプリを使うか、Chromeの拡張機能を使う形です。
    紗羅は普段、Chromeを使っているのでそっちを入れましたが、たしかGoogle Chromeってアプリをやめるんじゃなかったかなぁ。
    一応、サードパーティ製アプリも購入しましたけど、使い勝手がイマイチですし、以前あったらしい純正も復活してほしいかも。

    iPhoneのほうはなかなか完成度も高く、通知もしっかり来るのでまさにiMessageみたいな感覚で使えます。
    さらに友人だけでなく、自分が登録してあるアプリや端末にもメッセージやファイルを送ったりできるのも共有フォルダなどを介する必要がなくて便利です。
    セキュリティ面はやや不安なので、先日のLogicool FlowやiCloud Drive、AirMacの共有ドライブなどを併用する形にしてますが、分散しておけばバックアップ代わりにもなってくれますからね。

    ちなみにiCloud DriveはAppleが提供してくれているものをWindowsに入れれば問題なく使えます。
    その勢いでiMessageにも対応させてくれると嬉しいのですけどねぇ。
    それまではこのPushbulletで回避しながら、やり取りしようと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: PC
    2018/01/08 12:00 pm | Pushbullet はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.