• 269月

    うちでも愛用しているOlasonicからUSBスピーカー「TW-S5」が発表されました。

    うちにある「TW-S7」の弟機の位置づけのようで、たまご型の姿はそのままにさらにコンパクトなサイズになっています。
    大きさは実物を見ないとハッキリとイメージできませんが、寸法では87x87x119mmとのこと。
    TW-S7は108x108x141mmですから、一回り小さいという感じでしょうか。
    ユニットは50mmコーン型フルレンジになっていて、これもTW-S7の60mmから一回り小さくなっています。
    なお、背面のパッシブラジエーターは健在で、こちらも少し小さく(60mm→45mm)になっているようです。

    もう一つの大きな特徴はカラーバリエーションでしょう。
    色は7色が用意されていて、これまでのブリリアントホワイト、ノーブルブラックに加え、コーラルピンク/イタリアンレッド/アクアブルー/ネイビーブルー/カナリアイエローが増えました。
    いっそのこと、透明とか、たまご色なんてのもあったら…と思いますが、その辺りはTW-S7の時と同様、限定モデルあたりで出てくるかもしれませんね。

    あと、サイズが小さくなったこともあってか、キャリングポーチも付属するんだとか。
    ポーチの中でたまごがコロコロしちゃいそうな気もしますし、760g(TW-S7は950g)は持ち歩くかなぁ。
    また、TW-S7はまるっきり卵型で置く場合にはシリコン製のインシュレーターに据える必要がありましたが、今回のTW-S5は一体型で、ケーブルがスタンド部分から生えています。
    アンプ部をスタンド部分に格納してスピーカーの容積が減るのを防いだようですが、角度調整はできず、セッティングの自由度は多少下がるかも。
    ただし、ちょっとしたことで本体が転げてしまう事故は防げそうですし、一長一短といったところでしょう。
    なお、DAC部は16bit/48kHzまでとのことで、ハイレゾ音源対応はしてないようです。

    ところで少し話が逸れますが、TW-S7はMacで使っていると、スリープ解除時にかなり大きなポップノイズが出ていたんですよね。
    それが先日のLionのアップデート(10.7.5)にしてからなのか、ポップノイズが格段に減ったようです。
    OS側の修正の影響なのかは不明ですが、あのポップノイズが減れば、Macにも文句なしにオススメできます。
    以前お借りしたTW-D7IPなどでは軽減されていたようなので、TW-S5でもハードウェア的にも改良が加えられていると良いなぁと思います。

    Filed under: PC
    2012/09/26 7:00 pm | Olasonic TW-S5 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.