• 167月

    Microsoftのキャンペーンで当選した「Wireless Mobile Mouse 4000」が届きました。

    ちょうどICONIA TAB W500をゲットしたばかりですし、ちょうど良いタイミングですね。
    欲を言えばBluetoothのマウスのほうが良かったですけどね。

    このマウスは一応、通常のワイヤレスマウスですが、Mobileを謳うだけあって、超小型のナノトランシーバーになっています。
    LogicoolのUnifyingも小さいですけど、それに負けていないですね。
    電池寿命はLogicoolほどではないようですが、単3電池1本なので、その分、コンパクトで軽量なマウスになってます。

    実際にWindows 8 Releas Previewを入れたICONIA TAB W500にレシーバーを挿してみると、やっぱりちょっと飛び出しが気になります。
    ケースの余裕があまりないので、蓋が閉まりづらくなっちゃいますねぇ。
    まぁこれはむしろICONIA TAB W500のほうの問題で、下側にしかUSB端子がないというのがネックになってるんだと思いますが。

    それにしてもWindows 8はやっぱりマウスでは使いづらいですねぇ。
    このマウスも実際にはMacBook Airで使うことのほうが多いかもしれません。
    プレゼンの時などはやっぱりマウスがあったほうが便利ではあるので、使い分けだとは思いますけど。

    ちなみにその超小型なレシーバーですが、紛失しないようにマウスの底面に収納することができるようになっています。
    取り出しづらくならないように適度なバネが仕込んであって、横のボタンを押すことで適度に飛び出し、かといって飛んでいくようなこともないので、安心して収納・取り出しができるのは良い感じです。
    名前の通り、Mobile Mouseとして愛用したいと思います。

    Filed under: PC
    2012/07/16 12:00 pm | Microsoft Wireless Mobile Mouse 4000 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.