• 107月

    MicrosoftがタブレットPC「Surface Go」を海外発表したようで。

    日本はまだもうちょっと先の予約開始みたいですが、北米などでは7/10予約開始、8/2出荷開始だとか。
    最小構成だと399ドルというのは完全にiPadを意識した形でしょう。
    OSはSurface LaptopみたいなWindows 10 Sかと思いきや、しっかりWindows 10 Home/Proで展開されるようです。
    ただ、まだしっかりとした情報が出てきていないので、廉価なモデルはSモードになっている可能性はありそうですから、今後の情報に注意する必要はあるかもしれません。
    仮にSモードでもHomeに切り替えて使うことはできるんですけどね。

    さすがに399ドルのモデルはメモリが4GB、ストレージが64GBと多くはありませんが、それでもiPadよりは多めの設定ですし、549ドルならメモリも8GB、ストレージも128GBと普通のパソコンとして十分使えそうです。
    ストレージについては256GBのモデルも用意されるみたいですね。
    CPUもやや控えめのPentium Gold 4415Yですが、これでもCore i3よりは劣るでしょうけれども、ちょっと前の世代のSurface Proなら超えてくるかも…。

    Surface Proとの大きな違いとなるのはディスプレイの解像度でしょう。
    Surface Goは1800×1200pixelの10inchらしいので、Surface Proの12.3inch 2736x1824pixelと比較すればだいぶ普通のスペックです。
    ただその分だけGPUの負担も少ないですし、10インチならこのくらいでも十分かと。
    むしろ770g前後のSurface Proと比べて約521gと軽量なのはタブレットのニーズでは有利なくらいでしょう。
    USBもついにUSB-Cになりましたし、microSDではなくフルサイズのSDカードリーダーもあって使い勝手はかえって良さそうな部分も。
    Officeに関してもOffice 365が付いているようですが、ライセンス形態などはまだ詳しくは分かりません。

    Surface Pro同様、タイプカバーも用意され、こちらも99ドルからと安めの設定、ペンやマウスにも対応でこれはかなりヒットしそうです。
    逆に他のPCメーカーはますます苦境に追いやられてしまうような感もあるのですが、MicrosoftももうOSだけで食っていける状態ではないのかもしれないですねぇ。
    同様にiPadやAndroid端末も作戦変更を迫られるくらいのインパクトはありそうな気はします。

    Filed under: PC
    2018/07/10 3:00 pm | Microsoft Surface Go はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.